人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 19日 ( 3 )


2015年 07月 19日

観心本尊抄文段 上一六


一 ()れ一心に(じっ)法界(ぽうかい)()す等文

今此の所引に付文(ふもん)元意(がんい)あり。()し附文の辺は(ただ)是れ一念三千の出処(しゅっしょ)を示すなり。故に下の文に「出処(すで)之を聞く」等と云うなり。今付文に約して(しばら)く科目を立つ。故に一念三千の出処を示すと云うなり。

()し元意に准ぜば、(まさ)に観心本尊の依文と云うべきなり。(いわ)く、()文を開して即ち観心本尊の義を(じょう)ずる故なり。

若し此の辺に()いて以てその文を分かてば、此の文を二と()す。初めは釈、次に「乃至」の下は結。

初めの釈、(また)二と為す。初めに本尊、次に「此の三千」の下は観心。

初めの本尊の文に「()れ一心」と云うは、即ちこれ久遠(くおん)元初(がんじょ)自受用(じじゅゆう)(しん)の一念の心法なり。故に「一心」と云う。即ち是れ中央の南無妙法蓮華経なり。

「十法界を具す」等とは、即ち是れ左右の十界()()百界(ひゃっかい)千如(せんにょ)・三千世間なり。故に此の本尊の為体(ていたらく)は即ち是れ久遠元初の自受用身・(れん)()大聖人の(しん)()の十界三千の相貌(そうみょう)なり。

故に宗祖云く「此の曼荼羅(まんだら)()く能く信ぜさせ給うべし乃至日蓮がたまし()ひをすみ()()なが()して・かきて候ぞ乃至仏の御意(みこころ)は法華経なり日蓮が・たまし()ひは南無妙法蓮華経なり」云云。

次に観心の文に「此の三千・一念の心に()り」等と云うは、此の一念三千の本尊は全く余処(よそ)(ほか)に在ること無し。(ただ)我等衆生の信心の中に(おわしま)すが故に「此の三千・一念の心に在り」と云うなり。若し信心なくんば一念三千の本尊を具せず。故に「若し心無くんば()みなん」と云うなり。妙楽(みょうらく)云く「(しゅ)(じゃく)の一念には三千を具せず」とは是れなり。()し文上の(じゅく)(だつ)に取着して文底下種の信心無くんば、何ぞ此の本尊を具足(ぐそく)すべけんや。

(たと)えば水なき池には月の移らざるが如し。若し刹那(せつな)も信心あらば、即ち一念三千の本尊を具す。故に「()()も心有れば即ち三千を具す」と云うなり。譬えば水ある池には月便(すなわ)ち移るが如し。宗祖の所謂(いわゆる)「此の御本尊も(ただ)信心の二字にをさ()まれり」とは是れなり。学者(まさ)に知るべし、()し理に()って論ずれば法界に(あら)ざる無し。今、()()いて論ずれば信不信に依り、()不具(ふぐ)(すなわ)ち異るなり。当体義抄大旨(たいし)之を思い合すべし。

次に「乃至」の下は結、文に亦二あり。初めに本尊を結す。(いわ)く、自受(じじゅ)(ゆう)(しん)の一念の心法即ち是れ一念三千の本尊なり。故に「不可(ふか)思議(しぎ)(きょう)」と称するなり。不可思議境とは、即ち是れ妙境の異名(いみょう)なり。妙境とは即ち妙法蓮華経の本尊と云う事なり。

次に観心を結すとは、文に「(こころ)(ここ)()り」と云うは、若し一念の信心有らば即ち一念三千の本尊を具す。大師の深意(まさ)しく(ここ)に在り。故に「(こころ)(ここ)に在り」と云うなり。

問う、此の義、前代未聞(みもん)消釈(しょうしゃく)なり。誰か之を信ずべけんや。

答う、不相伝の(やから)は聞き得て驚くべし。御相伝の家には(あお)いで此の旨を信ずるのみ。

血脈抄の中の開教顕観の口伝(くでん)に云く「(かん)(ぎょう)()(かん)の一念三千を(かい)して名字(みょうじ)事行の一念三千を(あらわ)す、大師の深意(じんい)・釈尊の慈悲(じひ)・上行所伝の秘曲(ひごく)(これ)なり」云云。

問う、日我の抄に云く「()の釈の『一心』とは中央の題目なり。(じっ)法界(ぽうかい)』とは列座の十界の(しょう)(しゅう)なり。『此の三千・一念の心に在り』とは、一念(しん)()とは即ち是れ本門立行の(はじめ)の日蓮の一念なり。『若し心無くんば』とは非情(ひじょう)の草木、『()()も心あらば』とは有情(うじょう)界なり」云云。此の如何(いかん)

答う、彼の抄は観心の二字を以て地涌(じゆ)の境智に約す。故に「此の三千・一念の心に在り」の文を以て蓮師の一念に約するなり。故に「有心無心」の消釈(しょうしゃく)(はなは)だ以て(おだ)やかならざるなり。

          つづく

上巻 目次



by johsei1129 | 2015-07-19 21:25 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 19日

母の骨は子の骨なり<中略>母と子と倶に霊山浄土へ参り給うべし、と称えた【光日上人御返事】

【光日上人御返事】
■出筆時期:弘安四年(1281)八月八日 六十歳御作。
■出筆場所:身延山中 館にて。
■出筆の経緯:光日上人は大聖人と同じ安房国・天津(あまつ)に住んでいた女性信徒で光日房と称されていた。光日房は子息の弥四郎が最初に大聖人様に帰依、その弥四郎の勧めで入信し、生涯大聖人に帰依し続けた強信徒であった。
建治二年に、佐渡ご赦免から三度目の国家諌暁、身延入山までの本仏としての振る舞を詳細に記した 「光日房御書」をはじめ、少なくとも四通の御書を送られていることが確認されている。
本書では、亡くなった弥四郎の勧めで法華経を信じたのであるから、「子の肉は母の肉・母の骨は子の骨なり<中略>母と子と倶に霊山浄土へ参り給うべし」と励まされておられます。
■ご真筆:身延久遠寺に存在したが明治八年の大火で焼失。

[光日上人御返事 本文]

法華経二の巻に云く「其の人命終して阿鼻獄に入らん云云。阿鼻地獄と申すは天竺の言・唐土・日本には無間と申す、無間はひまなしとかけり。一百三十六の地獄の中に一百三十五はひま候、十二時の中にあつけれども又すずしき事もありたへがたけれども又ゆるくなる時もあり、此の無間地獄と申すは十二時に一時かた時も大苦ならざる事はなし故に無間地獄と申す。此の地獄は此の我等が居て候大地の底・二万由旬をすぎて最下の処なり、此れ世間の法にもかろき物は上に、重き物は下にあり、大地の上には水あり地よりも水かろし、水の上には火あり水よりも火かろし、火の上に風あり火よりも風かろし、風の上に空あり風よりも空かろし、人をも此の四大を以て造れり悪人は風と火と先ず去り、地と水と留まる故に人死して後重きは地獄へ堕つる相なり、善人は地と水と先ず去り風火留る重き物は去りぬ軽き物は留まる故に軽し人天へ生まるる相なり、地獄の相重きが中の重きは無間地獄の相なり、彼の無間地獄は縦横二万由旬なり八方は八万由旬なり、彼の地獄に堕つる人人は一人の身大にして八万由旬なり多人も又此くの如し、身のやはらかなる事綿の如し火のこわき事は大風の焼亡の如し鉄の火の如し、詮を取つて申さば我が身より火の出ずる事十三あり。

二の火あり足より出でて頂をとをる・又二の火あり頂より出でて足をとほる・又二の火あり背より入りて胸より出ず・又二の火あり胸より入りて背へ出ず・又二の火あり左の脇より入りて右の脇へ出ず・又二の火あり右の脇より入りて左の脇へ出ず・亦一の火あり首より下に向いて雲の山を巻くが如くして下る、此の地獄の罪人の身は枯れたる草を焼くが如し東西南北に走れども逃去(にげさる)所なし、他の苦は且らく之を置く大火の一苦なり此の大地獄の大苦を仏委しく説き給うならば我等衆生聞いて皆死べし故に仏委しくは説き給う事なしと見えて候。

今日本国の四十五億八万九千六百五十八人の人人は皆此の地獄へ堕ちさせ給うべし。されども一人として堕つべしとはおぼさず。例せば此の弘安四年五月以前には、日本の上下万人一人も蒙古の責めにあふべしともおぼさざりしを日本国に只日蓮一人計りかかる事・此の国に出来すべしとしる。

其の時日本国の四十五億八万九千六百五十八人の一切衆生・一人もなく他国に責められさせ給いて、其の大苦は譬へばほうろく(焙烙)と申す釜に水を入れてざつこ(雑魚)と申す小魚をあまた入れて枯れたるしば(柴)木をたかむが如くなるべしと申せば、あらおそろし・いまいまし・打ちはれ所を追へ流せ殺せ信ぜん人人をば田はたを・とれ財を奪へ所領をめせと申せしかども、此の五月よりは大蒙古の責めに値いてあきれ迷ふ程にさもやと思う人人もあるやらん、にがにがしうして・せめたくはなけれども有る事なればあたりたり・あたりたり、日蓮が申せし事はあたりたり・ばけ物のもの申す様にこそ候めれ。

去る承久の合戦に隠岐の法皇の御前にして京の二位殿なんどと申せし、何もしらぬ女房等の集りて王を勧め奉り、戦(いくさ)を起して義時に責められ・あはて給いしが如し、今今御覧ぜよ法華経誹謗の科と云ひ日蓮をいやしみし罰と申し経と仏と僧との三宝誹謗の大科によつて現生には此の国に修羅道を移し、後生には無間地獄へ行き給うべし。此れ又偏に弘法・慈覚・智証等の三大師の法華経誹謗の科と達磨・善導・律僧等の一乗誹謗の科と此れ等の人人を結構せさせ給う国主の科と、国を思ひ生処を忍びて兼て勘へ告げ示すを用いずして還つて怨をなす大科、先例を思へば呉王・夫差の伍子胥が諌を用いずして越王・勾践にほろぼされ、殷の紂王が比干(ひかん)が言をあなづりて周の武王に責められしが如し。

而るに光日尼御前はいかなる宿習にて法華経をば御信用ありけるぞ。又故弥四郎殿が信じて候しかば子の勧めか此の功徳空しからざれば、子と倶に霊山浄土へ参り合せ給わん事疑いなかるべし。烏竜(おりゅう)と云いし者は法華経を謗じて地獄に堕ちたりしかども其の子に遺竜と云いし者・法華経を書きて供養せしかば親・仏に成りぬ。又妙荘厳王は悪王なりしかども御子の浄蔵・浄眼に導かれて娑羅樹王仏と成らせ給う。

其の故は子の肉は母の肉・母の骨は子の骨なり。松栄(さかう)れば柏悦ぶ芝かるれば蘭なく、情無き草木すら友の喜び友の歎き一つなり、何に況や親と子との契り胎内に宿して九月を経て生み落し数年まで養ひき。彼にになはれ彼にとぶらはれんと思いしに彼をとぶらふうらめしさ、彼如何(いかん)があらんと思うこころぐるしさ・いかにせん・いかにせん、子を思う金鳥は火の中に入りにき、子を思いし貧女は恒河(ごうが)に沈みき、彼の金鳥は今の弥勒菩薩なり彼の河に沈みし女人は大梵天王と生まれ給えり、何に況や今の光日上人は子を思うあまりに法華経の行者と成り給ふ。母と子と倶に霊山浄土へ参り給うべし、其の時御対面いかにうれしかるべき・いかにうれしかるべき、恐恐。

八月八日                       日 蓮 花押
光日上人御返事

by johsei1129 | 2015-07-19 20:36 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 19日

開目抄愚記 下一  事の一念三千とは、即ち是れ本門の本尊なり

開目抄下愚記本

第二十八段 起後(きご)の宝塔の義を明かす

一 (しか)れども霊山(りょうぜん)日浅くして等

 此の下は本門、(また)二有り。初めに正しく明かし、次に「此の過去常」の下は脱益(だっちゃく)の三徳を明かす。初めの正しく明かすに亦二有り。初めに序分、次に「仏此の疑に答えて」の下は正しく説く。初めの序分に亦二有り。初めに遠序(おんじょ)、次に「其の上に」の下は(ごん)()。初めの遠序に亦二有り。初めに略して分身の儀式を示し、次に「華厳」の下は今昔(こんじゃく)対弁(たいべん)

「霊山日浅くして」とは、八年の中にも始めなるが故なり。(しこう)して後の本門を望む意を含むなり。

一 証前(しょうぜん)宝塔(ほうとう)の上に等

  問う、証前・起後(きご)の中に(ぼう)(しょう)有りや。

  答う、起後の本門は是れ正意(しょうい)なり。何となれば、(すで)三周(さんしゅう)を説き(おわ)って後、宝塔(ほうとう)(ここ)()(げん)す。故に知んぬ、正しく後の本門を起こさんが為なり。(いわん)(さつ)(うん)経に准ずるに、多宝は正しく寿量品を()うるをや。故に文八三十一に薩雲経を引いて云く「仏、法華の無央()()()を説きたまう時に、七宝の塔あって地より()(しゅつ)す。釈尊を(たん)じて言いたまわく、我(ことさら)(きた)って供養す。願わくは我が金床に坐し、更に我が(ため)薩雲(さつうん)分陀(ふんだ)()を説きたまえと。即ち是れ三周を説いて更に寿量を(しょう)ずるなり」と文。

  問う、迹本の証明に(ぼう)(しょう)有りや。

  答う、本門は正意なり。故に文六四十九に云く「迹門の近事(ごんじ)を説いては(いま)だ古証を用いず。()し本門の遠事(おんじ)を説くには、必ず(すべから)く先ず昔を証とすべし」と文。

  問う、在滅の中に傍正有りや。

  答う、別して滅後と為すなり。(つぶさ)取要抄()の如し云云。

  (いま)元意を示さば、其の熟脱の迹本二門を証するを通じて証前迹門と名づけ、文底下種の要法を引き起すを、正しく起後本門と名づくるなり。(ここ)に文底下種の本門を引き起こすは、(ここ)に文底下種の本門を証せんが(ため)なり云云。

一 十方(じっぽう)の諸仏・来集(らいじゅう)せる等

  問う、釈尊の(ほか)、別仏有りや。若し有りといわば、既に十方の諸仏は皆我が分身(ふんしん)といい、()し無しといわば、既に(げん)(もん)第七に()(げん)経及び神力(じんりき)品を引いて更に余仏あることを明かす。如何(いかん)

  答う、一義に云く、十方等というと(いえど)も、十方を(つく)すの義に(あら)ず。是れ経文に准ずる故に十方というと。(いわ)く、経に云く「我が分身の諸仏、十方世界に(ましま)又云十方(おのおの)(もろもろ)の菩薩に告げん」と。又云く「十方の諸仏(みな)(ことごと)く来集して」等云云。

  今謂く、本門の意に()って(かえ)って此の義を判ずるに、寿量の顕本(けんぽん)(すなわ)ち二意有り。()し文上の顕本(けんほん)は、久遠実成の本果の釈尊を以て本仏と()す。故に釈尊の外にも亦余仏有り。若し文底の顕本は、久遠元初の自受(じじゅ)(ゆう)(しん)を以て本仏と為す。故に(ただ)是れ自受用身の一仏なり。是れ容易の義に(あら)ざる故に今(しばら)く是れを略す。彼の玄文の三世料簡(りょうけん)の中の初めに略して立つる中は、是れ文底の顕本に()るなり。次に問答料簡の下は、文上の顕本の意なり。宗祖の日眼女抄興師(こうし)の五重円等、是れを思い合わすべし。

  問う、分身(ふんしん)来集(らいじゅう)証前(しょうぜん)起後(きご)有りや。

  答う、実に所問の如し。今元意を示さん。証前の来集は、迹門の(じゅく)(やく)・本門の脱益(だっちゃく)(じょう)ぜんが為なり。起後の来集は、久遠本因(ほんにん)(みょう)の受持、信心の内証を引き起こさんが為なり。(さき)に准じて知るべし。

一 宝塔(ほうとう)虚空(こくう)

 問う、何事を(ひょう)するや。

 答う、因果国の三妙を表するなり。謂く、宝塔虚空は本国土妙を表し、釈迦・多宝(たほう)・分身は本果の(さん)(じん)を表し、人天大会(たいえ)は本因の九界を表するなり。此の三妙即ち事の一念三千なり。事の一念三千とは、即ち是れ本門の本尊なり。故に新尼抄に云く「今()の御本尊は(乃至)宝塔品より事をこり」と云云。

            つづく
開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-07-19 12:48 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)