人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 19日 ( 2 )


2015年 07月 19日

観心本尊抄文段 上一六


一 ()れ一心に(じっ)法界(ぽうかい)()す等文

今此の所引に付文(ふもん)元意(がんい)あり。()し附文の辺は(ただ)是れ一念三千の出処(しゅっしょ)を示すなり。故に下の文に「出処(すで)之を聞く」等と云うなり。今付文に約して(しばら)く科目を立つ。故に一念三千の出処を示すと云うなり。

()し元意に准ぜば、(まさ)に観心本尊の依文と云うべきなり。(いわ)く、()文を開して即ち観心本尊の義を(じょう)ずる故なり。

若し此の辺に()いて以てその文を分かてば、此の文を二と()す。初めは釈、次に「乃至」の下は結。

初めの釈、(また)二と為す。初めに本尊、次に「此の三千」の下は観心。

初めの本尊の文に「()れ一心」と云うは、即ちこれ久遠(くおん)元初(がんじょ)自受用(じじゅゆう)(しん)の一念の心法なり。故に「一心」と云う。即ち是れ中央の南無妙法蓮華経なり。

「十法界を具す」等とは、即ち是れ左右の十界()()百界(ひゃっかい)千如(せんにょ)・三千世間なり。故に此の本尊の為体(ていたらく)は即ち是れ久遠元初の自受用身・(れん)()大聖人の(しん)()の十界三千の相貌(そうみょう)なり。

故に宗祖云く「此の曼荼羅(まんだら)()く能く信ぜさせ給うべし乃至日蓮がたまし()ひをすみ()()なが()して・かきて候ぞ乃至仏の御意(みこころ)は法華経なり日蓮が・たまし()ひは南無妙法蓮華経なり」云云。

次に観心の文に「此の三千・一念の心に()り」等と云うは、此の一念三千の本尊は全く余処(よそ)(ほか)に在ること無し。(ただ)我等衆生の信心の中に(おわしま)すが故に「此の三千・一念の心に在り」と云うなり。若し信心なくんば一念三千の本尊を具せず。故に「若し心無くんば()みなん」と云うなり。妙楽(みょうらく)云く「(しゅ)(じゃく)の一念には三千を具せず」とは是れなり。()し文上の(じゅく)(だつ)に取着して文底下種の信心無くんば、何ぞ此の本尊を具足(ぐそく)すべけんや。

(たと)えば水なき池には月の移らざるが如し。若し刹那(せつな)も信心あらば、即ち一念三千の本尊を具す。故に「()()も心有れば即ち三千を具す」と云うなり。譬えば水ある池には月便(すなわ)ち移るが如し。宗祖の所謂(いわゆる)「此の御本尊も(ただ)信心の二字にをさ()まれり」とは是れなり。学者(まさ)に知るべし、()し理に()って論ずれば法界に(あら)ざる無し。今、()()いて論ずれば信不信に依り、()不具(ふぐ)(すなわ)ち異るなり。当体義抄大旨(たいし)之を思い合すべし。

次に「乃至」の下は結、文に亦二あり。初めに本尊を結す。(いわ)く、自受(じじゅ)(ゆう)(しん)の一念の心法即ち是れ一念三千の本尊なり。故に「不可(ふか)思議(しぎ)(きょう)」と称するなり。不可思議境とは、即ち是れ妙境の異名(いみょう)なり。妙境とは即ち妙法蓮華経の本尊と云う事なり。

次に観心を結すとは、文に「(こころ)(ここ)()り」と云うは、若し一念の信心有らば即ち一念三千の本尊を具す。大師の深意(まさ)しく(ここ)に在り。故に「(こころ)(ここ)に在り」と云うなり。

問う、此の義、前代未聞(みもん)消釈(しょうしゃく)なり。誰か之を信ずべけんや。

答う、不相伝の(やから)は聞き得て驚くべし。御相伝の家には(あお)いで此の旨を信ずるのみ。

血脈抄の中の開教顕観の口伝(くでん)に云く「(かん)(ぎょう)()(かん)の一念三千を(かい)して名字(みょうじ)事行の一念三千を(あらわ)す、大師の深意(じんい)・釈尊の慈悲(じひ)・上行所伝の秘曲(ひごく)(これ)なり」云云。

問う、日我の抄に云く「()の釈の『一心』とは中央の題目なり。(じっ)法界(ぽうかい)』とは列座の十界の(しょう)(しゅう)なり。『此の三千・一念の心に在り』とは、一念(しん)()とは即ち是れ本門立行の(はじめ)の日蓮の一念なり。『若し心無くんば』とは非情(ひじょう)の草木、『()()も心あらば』とは有情(うじょう)界なり」云云。此の如何(いかん)

答う、彼の抄は観心の二字を以て地涌(じゆ)の境智に約す。故に「此の三千・一念の心に在り」の文を以て蓮師の一念に約するなり。故に「有心無心」の消釈(しょうしゃく)(はなは)だ以て(おだ)やかならざるなり。

          つづく

上巻 目次



by johsei1129 | 2015-07-19 21:25 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 19日

開目抄愚記 下一  事の一念三千とは、即ち是れ本門の本尊なり

開目抄下愚記本

第二十八段 起後(きご)の宝塔の義を明かす

一 (しか)れども霊山(りょうぜん)日浅くして等

 此の下は本門、(また)二有り。初めに正しく明かし、次に「此の過去常」の下は脱益(だっちゃく)の三徳を明かす。初めの正しく明かすに亦二有り。初めに序分、次に「仏此の疑に答えて」の下は正しく説く。初めの序分に亦二有り。初めに遠序(おんじょ)、次に「其の上に」の下は(ごん)()。初めの遠序に亦二有り。初めに略して分身の儀式を示し、次に「華厳」の下は今昔(こんじゃく)対弁(たいべん)

「霊山日浅くして」とは、八年の中にも始めなるが故なり。(しこう)して後の本門を望む意を含むなり。

一 証前(しょうぜん)宝塔(ほうとう)の上に等

  問う、証前・起後(きご)の中に(ぼう)(しょう)有りや。

  答う、起後の本門は是れ正意(しょうい)なり。何となれば、(すで)三周(さんしゅう)を説き(おわ)って後、宝塔(ほうとう)(ここ)()(げん)す。故に知んぬ、正しく後の本門を起こさんが為なり。(いわん)(さつ)(うん)経に准ずるに、多宝は正しく寿量品を()うるをや。故に文八三十一に薩雲経を引いて云く「仏、法華の無央()()()を説きたまう時に、七宝の塔あって地より()(しゅつ)す。釈尊を(たん)じて言いたまわく、我(ことさら)(きた)って供養す。願わくは我が金床に坐し、更に我が(ため)薩雲(さつうん)分陀(ふんだ)()を説きたまえと。即ち是れ三周を説いて更に寿量を(しょう)ずるなり」と文。

  問う、迹本の証明に(ぼう)(しょう)有りや。

  答う、本門は正意なり。故に文六四十九に云く「迹門の近事(ごんじ)を説いては(いま)だ古証を用いず。()し本門の遠事(おんじ)を説くには、必ず(すべから)く先ず昔を証とすべし」と文。

  問う、在滅の中に傍正有りや。

  答う、別して滅後と為すなり。(つぶさ)取要抄()の如し云云。

  (いま)元意を示さば、其の熟脱の迹本二門を証するを通じて証前迹門と名づけ、文底下種の要法を引き起すを、正しく起後本門と名づくるなり。(ここ)に文底下種の本門を引き起こすは、(ここ)に文底下種の本門を証せんが(ため)なり云云。

一 十方(じっぽう)の諸仏・来集(らいじゅう)せる等

  問う、釈尊の(ほか)、別仏有りや。若し有りといわば、既に十方の諸仏は皆我が分身(ふんしん)といい、()し無しといわば、既に(げん)(もん)第七に()(げん)経及び神力(じんりき)品を引いて更に余仏あることを明かす。如何(いかん)

  答う、一義に云く、十方等というと(いえど)も、十方を(つく)すの義に(あら)ず。是れ経文に准ずる故に十方というと。(いわ)く、経に云く「我が分身の諸仏、十方世界に(ましま)又云十方(おのおの)(もろもろ)の菩薩に告げん」と。又云く「十方の諸仏(みな)(ことごと)く来集して」等云云。

  今謂く、本門の意に()って(かえ)って此の義を判ずるに、寿量の顕本(けんぽん)(すなわ)ち二意有り。()し文上の顕本(けんほん)は、久遠実成の本果の釈尊を以て本仏と()す。故に釈尊の外にも亦余仏有り。若し文底の顕本は、久遠元初の自受(じじゅ)(ゆう)(しん)を以て本仏と為す。故に(ただ)是れ自受用身の一仏なり。是れ容易の義に(あら)ざる故に今(しばら)く是れを略す。彼の玄文の三世料簡(りょうけん)の中の初めに略して立つる中は、是れ文底の顕本に()るなり。次に問答料簡の下は、文上の顕本の意なり。宗祖の日眼女抄興師(こうし)の五重円等、是れを思い合わすべし。

  問う、分身(ふんしん)来集(らいじゅう)証前(しょうぜん)起後(きご)有りや。

  答う、実に所問の如し。今元意を示さん。証前の来集は、迹門の(じゅく)(やく)・本門の脱益(だっちゃく)(じょう)ぜんが為なり。起後の来集は、久遠本因(ほんにん)(みょう)の受持、信心の内証を引き起こさんが為なり。(さき)に准じて知るべし。

一 宝塔(ほうとう)虚空(こくう)

 問う、何事を(ひょう)するや。

 答う、因果国の三妙を表するなり。謂く、宝塔虚空は本国土妙を表し、釈迦・多宝(たほう)・分身は本果の(さん)(じん)を表し、人天大会(たいえ)は本因の九界を表するなり。此の三妙即ち事の一念三千なり。事の一念三千とは、即ち是れ本門の本尊なり。故に新尼抄に云く「今()の御本尊は(乃至)宝塔品より事をこり」と云云。

            つづく
開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-07-19 12:48 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)