人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 14日 ( 3 )


2015年 07月 14日

観心本尊抄文段 上十二  日本国中の諸宗諸流、我が主師親を知らず。他人の主師親を以て我が主師親と為し、還(かえ)って我が主師親を下(くだ)す。豈(あに)不孝の者に非ずや。


問う、本尊の名義(みょうぎ)は如何。

答う、(およ)そ本尊の名は、()に通じ、内に通じ、(ごん)に通じ、実に通じ、迹に通じ、本に通ず。故に内外・権実・迹本の諸宗、(みな)主師親を以て用いて本尊と為す。

故に宗祖云く「一切衆生の尊敬(そんぎょう)すべき者(みつ)あり所謂(しゅ)()(しん)これなり」と。

故に其の家々に主師親を根本と為し之を尊敬す、故に本尊というなり。故に本尊の名は内外(ないげ)(ごん)(じつ)迹本(しゃくほん)の諸宗に通ずと(いえど)も、而も其の体に於て天地(てんち)雲泥(うんでい)なり。

所謂(いわゆる)儒家(じゅけ)には(さん)(こう)()(てい)(もっ)て本尊と()す。倶舎(くしゃ)(じょう)(じつ)(りつ)宗並びに禅宗は三蔵劣応(れっとう)(じん)の小釈迦を本尊と為す。法相(ほっそう)・三論の二宗は通教の勝応(しょうおう)(じん)の大釈迦仏を本尊と()す。浄土宗阿弥陀(あみだ)仏、華厳(けごん)宗は台上の盧舎那(びしゃな)(ほう)(しん)、真言宗は大日如来を用いて本尊と為す。若し天台(てんだい)大師は止観(しかん)の四種三昧(さんまい)の中には弥陀(みだ)を以て本尊と為し、別時の一念三千の時は南岳(なんがく)所伝の十一面観音(かんのん)を以て本尊と為し、(まさ)しく法華三昧の中には(ただ)法華経一部を以て本尊と為す。若し伝教大師は迹門戒壇の本尊は()(きょう)開会(かいえ)の迹門の教主釈尊なり。根本中堂の本尊は薬師如来なり。(ただ)し多くの相伝あり云云。

若し日本国中の諸門流は、或は螺髪(らほつ)(おう)(じん)立像の釈迦、戎は(てん)(かん)()受用(じゅゆう)(ほう)(しん)、或は応仏自受用報身を用いて本尊と為す。此くの如く宗々流々の本尊は其の体(こと)なりと(いえど)も、其の名義(みょうぎ)に於ては格別なるべからず。(ただ)是れ根本と為してこれを(そん)(ぎょう)す。故に本尊と名づくるなり。

当流(また)(しか)なり。文底深秘の大法・本地難思の境智冥合・久遠(くおん)元初(がんじょ)の自受用報身・本有(ほんぬ)無作(むさ)の事の一念三千の南無妙法蓮華経を根本と為して之を尊敬す。故に本尊と名づくるなり。是れ(すなわ)十方(じっぽう)三世の諸仏の御本尊、末法下種の主師親なるが故なり。

本尊問答抄に云く「問うて云く末代(あく)()の凡夫は何物を以て本尊と定むべきや、答えて云く法華経の題目を以て本尊とすべし乃至上に()ぐる所の本尊は釈迦・多宝・十方の諸仏の御本尊・法華経の行者(ぎょうじゃ)の正意なり乃至()(げん)に云わく」等云云。

此等の文意、主師親を根本と()して之を尊敬する故に本尊と名づくる意なり。

此れに人法あり。(いわ)、人は即ち久遠元初の自受用報身、法は即ち事の一念三千の大曼荼羅(まんだら)なり。人に即して是れ法、事の一念三千の大曼荼羅を主師親と為す。法に即して是れ人、久遠元初の自受用身・(れん)()聖人を主師親と為す。人法の名(こと)なれども、その体(つね)に一なり。此れ(すなわ)ち末法我等が下種の主師親の三徳なり。

(しか)るに日本国中の諸宗諸流、我が主師親を知らず。(なお)在世(じゅく)(だつ)の三徳に(しゅう)す。他人の主師親を以て我が主師親と為し、(かえ)って我が主師親を(くだ)す。(あに)不孝の者に非ずや。哀むべし、悲しむべし云云。

問う、(もう)抄に日()抄を引いて云く「今此の本尊は即ち是れ本有(ほんぬ)の尊像なり。故に本尊と云う」と云云。忠抄の意に云く「本門()()の三千の尊形(そんぎょう)なり。故に本尊と云う」と。日我の抄に云く「本とは本地(ほんち)なり。尊とは迹仏の思慮(しりょ)に及ばず、無始(むし)(しき)(しん)妙境(みょうきょう)(みょう)()の尊体なり。故に本尊と云うなり」と云云。此等の釈義(しゃくぎ)如何(いかん)

答う、正義(しょうぎ)(さき)の如し。(ぼう)は此等の意を含むべきなり云云。

                    つづく


上巻 目次



by johsei1129 | 2015-07-14 19:58 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 14日

開目抄愚記 上三六

第二十三段 (うたがい)()げて蓮祖は正しく法華経の行者なるを釈す

一 (ただ)し世間の疑等

 この下は広く疑を挙げて(まさ)しく法華経の行者なることを(しゃく)す、亦二と()す。初めに疑を挙げ、次に下巻十五の「疑って云く当世」の下は正しく法華経の行者なることを釈す。初めの疑を挙ぐるの文、(また)三と為す。初めに疑を立つる意を示し、次に「季札」の下は正しく疑いを立て、三に「日蓮案じて云く」の下は疑を立つる意を結するなり。

一 諸天等の守護神等

 正しく疑を立つる中には広く二乗(にじょう)・菩薩に約し、今疑を立つる意を示す中には、但「諸天等」に約するを以て(じゅん)()せしむるなり。別して「諸天等」に約する所以(ゆえん)は、(ここ)に二意有り。一には現顕なるが故に。二には誓言あるが故に。下の「されば」よりは准例(じゅんれい)して知るべし。

一 此の疑は此の書の肝心(かんじん)

 この疑は()く末法下種の(さん)(とく)(あらわ)す、故に「此の書の肝心(かんじん)一期(いちご)の大事」というなり。「疑は(さとり)(しん)」とはこの(いい)か。(まさ)に知るべし、蓮祖大聖人は(えん)()第一の法華経の行者なり。故に末法下種の三徳なり。経に法華経の行者を説いて云く「日月の光明の能く諸の幽冥(ゆうみょう)を除くが如く」と云云。章安(しょうあん)大師云く云云。

一 ()()上疑を強くして等

 風大なれば波大なり、声大なれば(ひびき)大なり。疑の()し強ければ則ち義もまた強く(あらわ)るるが故なり。

つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-07-14 19:43 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 14日

法華経は閻浮提人病之良薬とこそとかれて候へ、と説いた【高橋入道殿御返事】

【高橋入道殿御返事】
■出筆時期:建治元年(1275)七月十二日 五十四歳御作。
■出筆場所:鎌倉 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄を送られた高橋入道は、妻が日興上人の叔母である機縁で大聖人に帰依した富士郡の強信徒です。本抄は、その高橋入道が自身の病のことを大聖人に伝えたことへの返書となっております。消息分としては比較的長く、大聖人が身延山中で草庵を設けてから一年後に書かれたこともあり、佐渡ご赦免から平左衛門尉に三度目の国家諫暁をし、その後身延山中に入った経緯を詳細に記されております。特に平左衛門尉に対し「真言師にいのらする程ならば、一年半年に此のくにせめらるべしと申しきかせて候いき」と真言宗を強く指弾されたことを記しておられます。
また高橋入道の病状がについては阿闍世王の故事を引き、「法華経(薬王品)は閻浮提人病之良薬とこそとかれて候へ<略>但し御疑のわたり候はんをば力をよばず」と厳しく諭されております。
■ご真筆:静岡県本門寺、他二箇所所蔵。
f0301354_19354834.jpg

[真筆箇所(第十五紙):而も去年の二月に御勘気をゆりて三月の十三日に佐渡の国を立ち、同月の二十六日にかまくらに入る。同四月の八日、平左衛門尉にあひたりし時、やうやうの事ども・とひし中に、蒙古国は・いつよすべきと申せしかば、今年よすべし、それにとて日蓮はなして日本国にたすくべき者一人もなし。たすからんとをもひしたうならば日本国の念仏者と禅と律僧等が頚を切つてゆいのはまにかくべし。それも今はすぎぬ、]

[高橋入道殿御返事 本文]

我等が慈父、大覚世尊は人寿百歳の時、中天竺に出現しましまして一切衆生のために一代聖教をとき給う。仏在世の一切衆生は過去の宿習有つて仏に縁あつかりしかば、すでに得道成りぬ。我が滅後の衆生をば、いかんがせんとなげき給いしかば、八万聖教を文字となして、一代聖教の中に小乗経をば迦葉尊者にゆづり、大乗経並びに法華経涅槃等をば文殊師利菩薩にゆづり給う。

 但八万聖教の肝心、法華経の眼目たる妙法蓮華経の五字をば、迦葉・阿難にもゆづり給はず、又文殊・普賢・観音・弥勒・地蔵・竜樹等の大菩薩にもさづけ給はず、此等の大菩薩等の、のぞみ申せしかども仏ゆるし給はず。大地の底より上行菩薩と申せし老人を召しいだして、多宝仏・十方の諸仏の御前にして釈迦如来、七宝の塔中にして妙法蓮華経の五字を上行菩薩にゆづり給う。

其の故は、我が滅後の一切衆生は皆我が子なり、いづれも平等に不便にをもうなり。しかれども医師の習い病に随いて薬をさづくる事なれば、我が滅後・五百年が間は迦葉・阿難等に小乗経の薬をもつて一切衆生にあたへよ、次の五百年が間は文殊師利菩薩・弥勒菩薩・竜樹菩薩・天親菩薩に華厳経・大日経・般若経等の薬を一切衆生にさづけよ、我が滅後一千年すぎて像法の時には、薬王菩薩・観世音菩薩等・法華経の題目を除いて余の法門の薬を一切衆生にさづけよ、末法に入りなば迦葉・阿難等・文殊・弥勒菩薩等・薬王・観音等のゆづられしところの小乗経・大乗経・並びに法華経は文字はありとも衆生の病の薬とはなるべからず。

所謂病は重し薬はあさし。其の時上行菩薩出現して妙法蓮華経の五字を一閻浮提の一切衆生にさづくべし。其の時一切衆生、此の菩薩をかたきとせん。所謂さるのいぬをみたるがごとく、鬼神の人をあだむがごとく、過去の不軽菩薩の一切衆生にのりあだまれしのみならず、杖木瓦礫にせめられしがごとく、覚徳比丘が殺害に及ばれしがごとくなるべし。

其の時は迦葉阿難等も或は霊山にかくれ恒河に没し、弥勒・文殊等も或は都率の内院に入り、或は香山に入らせ給い、観世音菩薩は西方にかへり、普賢菩薩は東方にかへらせ給う。

諸経は行ずる人はありとも守護の人なければ利生あるべからず。諸仏の名号は唱うるものありとも、天神これをかごすべからず。但し小牛の母をはなれ金鳥のたかにあえるがごとくなるべし。其の時十方世界の大鬼神・一閻浮提に充満して四衆の身に入つて、或は父母をがいし、或は兄弟等を失はん。殊に国中の智者げなる持戒げなる僧尼の心に此の鬼神入つて、国主並びに臣下をたぼらかさん。此の時上行菩薩の御かびをかほりて法華経の題目・南無妙法蓮華経の五字計りを一切衆生にさづけば、彼の四衆等・並びに大僧等此の人をあだむ事、父母のかたき宿世のかたき、朝敵怨敵のごとくあだむべし、其の時大なる天変あるべし。所謂日月蝕し、大なる彗星天にわたり、大地震動して水上の輪のごとくなるべし。其の故は自界叛逆難と申して、国主・兄弟・並びに国中の大人をうちころし、後には他国侵逼難と申して鄰国より・せめられて、或はいけどりとなり或は自殺をし、国中の上下・万民・皆大苦に値うべし。

此れひとへに上行菩薩のかびをかをほりて法華経の題目をひろむる者を、或はのり或はうちはり或は流罪し或は命をたちなんどするゆへに、仏前にちかひをなせし梵天・帝釈・日月・四天等の法華経の座にて誓状を立てて法華経の行者をあだまん人をば、父母のかたきよりもなをつよくいましむべしと、ちかうゆへなりとみへて候に、今日蓮日本国に生れて一切経並びに法華経の明鏡をもて、日本国の一切衆生の面に引向たるに寸分もたがはぬ上、仏の記し給いし天変あり地夭あり。定んで此の国亡国となるべしとかねてしりしかば、これを国主に申すならば国土安穏なるべくも、たづねあきらむべし。亡国となるべきならば、よも用いじ。用いぬ程ならば日蓮は流罪・死罪となるべしとしりて候いしかども、仏いましめて云く此の事を知りながら身命ををしみて一切衆生にかたらずば、我が敵たるのみならず一切衆生の怨敵なり。必ず阿鼻大城に堕つべしと記し給へり。

此に日蓮進退わづらひて此の事を申すならば、我が身いかにもなるべし我が身はさてをきぬ、父母兄弟並びに千万人の中にも一人も随うものは国主万民にあだまるべし、彼等あだまるるならば仏法はいまだわきまへず人のせめはたへがたし。仏法を行ずるは安穏なるべしとこそをもうに、此の法を持つによつて大難出来するはしんぬ、此の法を邪法なりと誹謗して悪道に堕つべし。此れも不便なり又此れを申さずは仏誓に違する上、一切衆生の怨敵なり大阿鼻地獄疑いなし、いかんがせんとをもひしかども・をもひ切つて申し出しぬ、申し始めし上は又ひきさすべきにもあらざれば、いよいよつより申せしかば、仏の記文のごとく国主もあだみ万民もせめき、あだをなせしかば天もいかりて日月に大変あり、大せいせいも出現しぬ大地もふりかえしぬべくなりぬ。どしうちもはじまり他国よりもせめるなり。仏の記文すこしもたがわず、日蓮が法華経の行者なる事も疑はず。

但し去年かまくらより此のところへにげ入り候いし時、道にて候へば各各にも申すべく候いしかども申す事もなし。又先度の御返事も申し候はぬ事はべちの子細も候はず、なに事にか各各をば・へだてまいらせ候べき。あだをなす念仏者・禅宗・真言師等をも並びに国主等をもたすけんがためにこそ申せ、かれ等のあだをなすは・いよいよ不便にこそ候へ、まして一日も我がかたとて心よせなる人人はいかでかをろかなるべき、世間のをそろしさに妻子ある人人のとをざかるをば、ことに悦ぶ身なり。日蓮に付てたすけやりたるかたわなき上、わづかの所領をも召さるるならば子細もしらぬ妻子・所従等がいかになげかんずらんと心ぐるし。

而も去年の二月に御勘気をゆりて三月の十三日に佐渡の国を立ち、同月の二十六日にかまくらに入る。同四月の八日、平左衛門尉にあひたりし時、やうやうの事ども・とひし中に、蒙古国は・いつよすべきと申せしかば、今年よすべし、それにとて日蓮はなして日本国にたすくべき者一人もなし。たすからんとをもひしたうならば日本国の念仏者と禅と律僧等が頚を切つてゆいのはまにかくべし。それも今はすぎぬ、ただし皆人のをもひて候は、日蓮をば念仏師と禅と律をそしるとをもひて候、これは物のかずにてかずならず・真言宗と申す宗がうるわしき日本国の大なる呪咀の悪法なり、弘法大師と慈覚大師此の事にまどひて此の国を亡さんとするなり。設い二年三年にやぶるべき国なりとも真言師にいのらする程ならば、一年半年に此のくにせめらるべしと申しきかせて候いき。

たすけんがために申すを此程あだまるる事なれば、ゆりて候いし時さどの国より・いかなる山中海辺にもまぎれ入るべかりしかども、此の事をいま一度平左衛門に申しきかせて日本国にせめのこされん衆生をたすけんがためにのぼりて候いき。又申しきかせ候いし後は・かまくらに有るべきならねば足にまかせていでしほどに便宜にて候いしかば、設い各各は・いとはせ給うとも今一度はみたてまつらんと千度をもひしかども、心に心をたたかいてすぎ候いき。そのゆへはするがの国は守殿の御領ことにふじなんどは後家尼ごぜんの内の人人多し。故最明寺殿、極楽寺殿のかたきといきどをらせ給うなれば、ききつけられば各各の御なげきなるべしとおもひし心計りなり。いまにいたるまでも不便にをもひまいらせ候へば、御返事までも申さず候いき。この御房たちのゆきすりにも、あなかしこあなかしこ、ふじかじまのへんへ立ちよるべからずと申せども、いかが候らんとをぼつかなし。

ただし真言の事ぞ御不審にわたらせ給い候らん。いかにと法門は申すとも御心へあらん事かたし、但眼前の事をもつて知しめせ。隠岐の法皇は人王八十二代・神武よりは二千余年・天照太神入りかわらせ給いて人王とならせ給う。いかなる者かてきすべき上、欽明より隠岐の法皇にいたるまで漢土・百済・新羅・高麗よりわたり来る大法秘法を、叡山・東寺・園城・七寺並びに日本国にあがめをかれて候。此れは皆国を守護し国主をまほらんためなり。隠岐の法皇世をかまくらにとられたる事を口をしとをぼして叡山・東寺等の高僧等をかたらひて義時が命をめしとれと行ぜしな。、此の事一年二年ならず数年調伏せしに、権の大夫殿はゆめゆめしろしめさざりしかば一法も行じ給はず、又行ずとも叶うべしともをぼへずありしに、天子いくさにまけさせ給いて隠岐の国へつかはされさせ給う。日本国の王となる人は天照太神の御魂の入りかわらせ給う王なり。先生の十善戒の力といひ、いかでか国中の万民の中にはかたぶくべき。設いとがありとも、つみあるをやを失なき子のあだむにてこそ候いぬらめ。設い親に重罪ありとも子の身として失に行はんに天うけ給うべしや。しかるに隠岐の法皇のはぢにあはせ給いしは、いかなる大禍ぞ、此れひとへに法華経の怨敵たる日本国の真言師をかたらはせ給いしゆへなり。

一切の真言師は潅頂と申して釈迦仏等を八葉の蓮華にかきて、此れを足にふみて秘事とするなり。かかる不思議の者ども諸山・諸寺の別当とあおぎてもてなすゆへに、たみの手にわたりて現身にはぢにあひぬ。此の大悪法又かまくらに下つて御一門をすかし日本国をほろぼさんとするなり、此の事最大事なりしかば弟子等にもかたらず・只いつはり・をろかにて念仏と禅等計りをそしりてきかせしなり。今は又用いられぬ事なれば身命もおしまず弟子どもにも申すなり。かう申せば、いよいよ御不審あるべし。

日蓮いかにいみじく尊くとも慈覚・弘法にすぐるべきか、この疑すべてはるべからず、いかにとかすべき。
但し皆人はにくみ候にすこしも御信用のありし上、此れまでも御たづねの候は只今生計りの御事にはよも候はじ、定めて過去のゆへか、御所労の大事にならせ給いて候なる事、あさましく候。但しつるぎはかたきのため、薬は病のため、阿闍世王は父をころし仏の敵となれり、悪瘡身に出で後に仏に帰伏し法華経を持ちしかば悪瘡も平癒し寿をも四十年のべたりき。而も法華経は閻浮提人病之良薬とこそとかれて候へ。閻浮の内の人は病の身なり、法華経の薬あり。三事すでに相応しぬ、一身いかでかたすからざるべき。但し御疑のわたり候はんをば力をよばず、南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経。

覚乗房は、わき房に度度よませてきこしめせ・きこしめせ。

七月十二日                              日蓮 花押
進上 高橋六郎兵衛入道殿 御返事

【妙法蓮華経 薬王菩薩本事品第二十三】
宿王華。汝当以神通之力。守護是経。所以者何。
所以者何。此経則為。閻浮提人。病之良薬。
若人有病。得聞是経。病即消滅。不老不死。

[和訳]
宿王華(菩薩)よ、汝はまさに神通の力を以て、この経を守護すべし
所以は如何。この経は則ち、閻浮提(全世界)の人の病の、良薬なればなり。
若し人病ありて、この経を聞くことを得ば、病は即、消滅して、不老不死ならん。

by johsei1129 | 2015-07-14 19:01 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)