人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 08日 ( 3 )


2015年 07月 08日

開目抄愚記 上三二


第二十一段 略して法華経行者なるを釈す


一 
(すで)に二十余年文。

 この下は(しゃく)、また二と()す。初めに略釈(りゃくしゃく)、次に「但し世間の疑()」の下三十六は広く疑を()げて以て釈す。初めの略釈、また四と為す。初めに略示、次に「法華経の第四」の下は文を引いて旨を釈し、三に「されば日蓮」の下は功を(あらわ)して疑を立て、広釈(こうしゃく)の本と為し、四に「而るに法華経」の下は身に当てて釈成す云云。初めの略示とは、略して大難を忍ぶを以てこれ法華経の行者(ぎょうじゃ)なることを示すが故なり。

一 大事の難・四度

  一義に云く、第一に康元(文応)年中の夜討ちの難、御年三十九歳の比なり。(つぶさ)下山抄二十六・三十六、法尼抄十三・四十二の如し。第二に(こう)(ちょう)元年の伊東の難、御年四十歳、(つぶさ)一谷抄三十五二・十六、四恩抄四十四の如し。第三に文永元年の東条(とうじょう)の難、御年四十三歳、南条抄二十二・十五の如し云云。第四に文永八年の佐州の難、御年五十なり。(たつの)(くち)の御難は佐州の難に属するなりと。

  一義に云く、夜討の難は没して佐州・竜口を開いて二難と()す云云。この義、諸文の意に(たが)うなり。故に諸義の如きは最も(しか)るべきなり。

一 二度は・しば()らく・()

  夜討、東条はこれ王難に非ず。故に(しばら)くこれを置くなり。

一 王難すでに二度

  これ諸文の如く両度の流罪なり。

  問う、両度の流罪は(まさ)しく鎌倉の下知(げじ)()る、これ国主の下知に(あら)ず、何ぞ王難というや。

  答う、一義に云く、これ深重の難なる故なり。一義に云く、(ちょく)を受け罪に処する故なりと。一義に云く、親王・将軍の故なり云。

  今(いわ)く、並びに宗祖の意に非ず。若し宗祖の意は、(ただ)義勢を以て「王難」というなり。(いわ)く、時頼等を正しく国主と名づく。故に佐渡御勘気抄十四五に云く「此の鎌倉の御一門の御繁盛は義盛と隠岐(おきの)法皇ましまさずんば(いかで)か日本の主となり給うべき」と云云。兵衛(ひょうえ)(さかん)御返事三十九二十七に云く「(こう)殿(どの)は日本国の主にてをはするが」と云云。(すで)にこれ日本国の主なり。故に義も又国王に同じ、故に或る処にも亦国王と名づくるなり。頼基(よりもと)陳状(ちんじょう)十九・八に云く「国王の勘気は両度」と云云。王舎城抄三十四・四十五に「これは国王(すで)()けぬ」等云云。此等の文意は、時頼等は日本国の主なるが故に、義も(また)国王に同じきなり。故に「王難」というなり。所以(ゆえ)次上の文に云く「父母・兄弟・師匠に国主の王難」と云云。これを思い見るべし。

一 今度(このたび)は既に()身命(しんみょう)に及ぶ

  一義に云く、是れ(たつの)(くち)を指すと。一義に云く、佐州を指すと云云。並びに是れ辺なり。「今度」の言は、広く竜口及び佐州を収むべきなり。諸文の意も(しか)なり。

  妙法尼抄十三・四十三に云く「国主より御勘気(ごかんき)二度なり、二度めは(そと)には遠流(おんる)と聞こへしかども内には(くび)を切るべしとて、鎌倉竜の口と申す処に九月十二日の(うし)の時に(くび)の座に引きすへられて候いき(乃至)其の夜の(くび)はのがれぬ、又佐渡の国にて・きらんとす」と文。

  報恩抄下二十二に云く「文永八年辛未(かのとひつじ)九月十二日の夜はのびて()()の国までゆく、今日切る明日切るといひしほどに四箇年と云うに()りぬ」(略抄)と。

一 ()の上弟子といひ檀那(だんな)といひ等

  若し妙法尼抄十三・四十八の意は、(けん)(ちょう)已後(いご)御一代の間の弟子・檀那の大難なり。若し今文の意は、別して九月十二日已後に約するか云云。精師云く「九月十二日の時は有合(ありあわ)せたる人人(みな)難に()い、(あるい)(ろう)、或は流罪等なり。(ただ)註画讃(ちゅうがさん)に日朗・日真、俗四人の者は未だ明拠を見ず。次に日朗への御書の事、録外(ろくげ)一・二十三、註画讃(ちゅうがさん)に出でたり。此の書()し真書ならば、日朗在俗の時なり。(すで)に彼の文に云く『あわれ殿は法華経一部を(しき)(しん)の二法にあそばしたるか』と云云。既に殿という、(まさ)しく是れ在俗なり。若し日朗出家已後ならば、(おそ)らく是れ彼の書は(まさ)に是れ偽書(ぎしょ)なるべし。出家を殿と云う事、諸抄の中に(すべ)て之れ無きが故なり」(取意)。

  佐渡御勘気抄十四・二に云く「()()にして二十余日・其の間鎌倉に(あるい)は火をつくる事・七八度・或は人をころす事ひまなし、讒言(ざんげん)の者共の云く日蓮が弟子共の火をつくるなりと、さもあるらんとて日蓮が弟子等を鎌倉に置くべからずとて二百六十余人しる()さる、皆遠島へ(つか)わすべし、ろう()にある弟子共をば(くび)をはねらるべし」等云云。この中に「籠にある弟子」とは九月十二日の籠者なるべし。彼の火を付け、人を殺すは念仏宗等の所行なり。(おそろ)しき(たくみ)にあらずや。

  又、十一に云く「武蔵前司殿(乃至)先ず国中のもの日蓮房につくならば或は国を()ひ、或はろう()に入れよと私の下知(げじ)を下す、(また)下文(くだしぶみ)下る。かくの如く三度()の間の事申さざるに心をもて(はか)りぬべし、(あるい)は其の前を()をれりと云うて・ろう()に入れ或は其の御房に物をまい()らせけりと云うて国をおひ()或は妻子をとる」等云云。此等の文を以て今の意を知るべし云云。

                  つづく


開目抄愚記 上 目次




by johsei1129 | 2015-07-08 22:52 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 08日

日蓮は首題の五字を汝にさづく、法華経受持の者を守護せん、と説いた【法華経兵法事】

【四条金吾殿御返事(法華経兵法事)】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279年)十月二十三日 五十八歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は、四条金吾が主君である江馬入道の御勘気が解け、さらに以前より領地を加増されたことを恨んだ者から大聖人が度々心配されていたとおり襲われる事態が起きたが、無事対処できたことを直ちに大聖人に報告され、そのことへの返書となっております。
大聖人は「日蓮は首題の五字(妙法蓮華経)を汝にさづく、法華経受持のものを守護せん事疑あるべからず」と記すとともに法華経法師功徳品を引いて、法華経を受持する者は諸天が必ず守護するので「ふかく信心をとり給へ、あへて臆病にては叶うべからず候」と諭されております。
■ご真筆: 現存していない。

[四条金吾殿御返事(法華経兵法事)本文]

 先度強敵ととりあひについて御文給いき委く見まいらせ候、さても・さても・敵人にねらはれさせ給いしか。前前の用心といひ又けなげといひ、又法華経の信心つよき故に難なく存命せさせ給い目出たし目出たし。

 夫れ運きはまりぬれば兵法もいらず、果報つきぬれば所従もしたがはず、所詮運ものこり果報もひかゆる故なり。ことに法華経の行者をば諸天・善神・守護すべきよし、属累品にして誓状をたて給い、一切の守護神・諸天の中にも我等が眼に見へて守護し給うは、日月天なり、争か信をとらざるべき。ことに・ことに日天の前に摩利支天まします、日天・法華経の行者を守護し給はんに、所従の摩利支天尊すて給うべしや。

序品の時・名月天子・普光天子・宝光天子・四大天王・与其眷属・万天子倶と列座し給ふ。まりし天は三万天子の内なるべし、もし内になくば地獄にこそおはしまさんずれ。

 今度の大事は此の天のまほりに非ずや、彼の天は剣形を貴辺にあたへ此へ下りぬ。此の日蓮は首題の五字を汝にさづく、法華経受持のものを守護せん事疑あるべからず。まりし天も法華経を持ちて一切衆生をたすけ給う。「臨兵闘者皆陣列在前」の文も法華経より出でたり、「若説俗間経書治世語言 資生業等 皆順正法」とは是なり。

 これに・つけても・いよいよ強盛に大信力をいだし給へ、我が運命つきて諸天守護なしとうらむる事あるべからず。
 将門は・つはものの名をとり兵法の大事をきはめたり、されども王命にはまけぬ、はんくわひ(樊噲)・ちやうりやう(張良)もよしなし・ただ心こそ大切なれ、いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬれたる・ほくちに・火をうちかくるが・ごとくなるべし、はげみをなして強盛に信力をいだし給うべし。

 すぎし存命不思議とおもはせ給へ、なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし。「諸余怨敵・皆悉摧滅」の金言むなしかるべからず、兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり、ふかく信心をとり給へ。あへて臆病にては叶うべからず候、恐恐謹言。

十月二十三日 日 蓮 花押
四条金吾殿御返事

【妙法蓮華経 法師功徳品第十九】
復次常精進 若善男子 善女人 如来滅後 受持是経
若読 若誦 若解説 若書写 得千二百意功徳
以是清浄意根 乃至聞一偈一句 通達無量無辺之義
解是義已 能演説一句一偈 至於一月四月 乃至一歳
諸所説法 随其義趣 皆与実相 不相違背
若説俗間経書 治世語言 資生業等 皆順正法

(和訳)
また次に常精進(菩薩)よ、もし善男子、善女人が如来の滅後、この経を受持し
一偈一句でも、若しは読み、誦じ、解説し、書写ずんば、千二百の意(こころ)の功徳を得る。
この清浄な意根をもって、(この経の)一偈一句を聞かんば、無量無辺の義を通達する。
この義を已に解し、一句一偈をも能く演説すること一月、四月、乃至一年に至らんに、
諸々説く所の法は、其の義趣に随して、皆、実相と相違背せず。
同様に、若し俗世(仏法以外)の間の経書、治世(政治に関する)の語言、資生(経済に関する)の業等を説いたとしても、皆正法(法華経)に順ずる。

by johsei1129 | 2015-07-08 22:25 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 08日

観心本尊抄文段 上八  但(ただ)本門の本尊を受持し、信心無二に南無妙法蓮華経と唱え奉る、是れを文底(もんてい)事行の一念三千の観心と名づくるなり。


  三には「観心」の二字を(しゃく)す。また二段と()す。

初めに正しく我等衆生の観心なることを明かし、次には我等衆生の観心の相貌(そうみょう)を明かす。

問う、文底下種の本門・事の一念三千の法門を観心と名づくる義は、前来所引の文義に分明(ふんみょう)なり。(しか)るにこの文底下種の法門は、正しくこれ誰人(だれびと)の観心ならんや。

答う、是れ末法今時の我等衆生の観心なり。(しばら)く一文を引き、その相を示さん。

所謂(いわゆる)下の文に云く「此の時地涌(じゆ)の菩薩始めて世に出現し(ただ)妙法蓮華経の五字を以て幼稚(ようち)に服せしむ」等云云。又云く「五字の(うち)に此の珠を(つつ)み末代幼稚の(くび)()けさしめ給う」等のこの中に「服せしむ」「懸けさしめ」というは即ちこれ観心なり。「末代幼稚」は(あに)末法今時の我等衆生に非ずや。

問う、日辰抄に「観心」の二字を以て能化(のうけ)所化(しょけ)に通ずと。この義如何(いかん)

答う、()(ひろ)之を論ぜば、(あるい)(しか)るべきか。当文の「観心」の二字は(すなわ)(しか)らず、(ただ)所化に約するなり。既に「()五百歳に始む」の字、正しく能化に約する故に、「観心」の二字は所化に約するなり。(いわん)(さき)の三文に分明(ふんみょう)り。何ぞ能化に通ぜんや。故に諸師多く所化に約するなり。

問う、日我の抄に云く「当流の意は観とは智なり、智とは信なり、信とは信智の南無妙法蓮華経なり。心とは()(しん)なり、己とは末法出現の地涌なり。地涌の心法、妙法蓮華経なる処が観心なり。末世の衆生を救わんが(ため)に出現あれば本尊なり」等云云。(すで)に「観心」の二字を以て地涌の菩薩の境智の二法に約す。何ぞ我等衆生の観心というや。

答う、この義「観心本尊」の四字、恐らくは混乱せるに()たり。(およ)そ当流の意は、本門の本尊とは即ちこれ本地(ほんち)難思(なんし)の境智の妙法なり。故に地涌(じゆ)の境智を以て「本尊」の二字を(しゃく)すべし、何ぞ「観心」の二字を釈せんや。()し境智を以て観心の二字を釈せば、但是れ所化に約すべし、何ぞ地涌に約せんや。(いわん)や彼の義の如くんば、三大秘法の中の本門の本尊、今の観心の本尊、その意同じからず。学者見るべし。何ぞこの「観心」の二字を以て即ち()の「本尊」の二字に同ぜんや云云。若し観心即本尊に約せば入文の相に(たが)うなり。

問う、「観心」の二字、我等衆生の観心に約すること文理分明(ふんみょう)なり。正しく我等衆生の観心の相貌(そうみょう)如何(いかん)

答う、末法の我等衆生の観心は、(つう)()の観心の行相に同じからず。(いわ)く、(ただ)本門の本尊を受持し、信心無二に南無妙法蓮華経と唱え奉る、是れを文底(もんてい)事行の一念三千の観心と名づくるなり。

故に血脈抄に云く「文の底とは久遠(くおん)(じつ)(じょう)名字(みょうじ)の妙法を()(ぎょう)にわたさず(じき)(たつ)(しょう)(かん)・事行の一念三千の南無妙法蓮華経是なり」と云云。

又云く()(そく)短妄(たんもう)の凡夫の(ため)の観心は()(ぎょう)に渡らざる南無妙法蓮華経(これ)なり」と文。

                つづく


上巻 目次



by johsei1129 | 2015-07-08 22:10 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)