人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 05月 29日 ( 1 )


2015年 05月 29日

開目抄愚記 上一六

第十五段 本迹相対して判ず

一 二には教主釈尊

 この下は大段の第二、本迹相対なり。(まさ)に知るべし、この中の本迹は即ち()(こん)・本迹に約するなり。ゆえに爾前迹門は通じてこれ迹なり。(せん)七・三に云く「第六の已今は、已は即ち是れ迹なり。即ち迹門及び諸の迹の教を指すなり。今は即ち是れ本なり。即ち本門を指すなり。本門已前は皆名づけて已と為す。涌出(ゆしゅつ)已後(いご)(まさ)に名づけて今と為す」と文。

 この本迹相対の文、分ちて三と為す。初めに能説の教主、次に「世尊・始め寂滅(じゃくめつ)」の下は所説相違、三に「日蓮案じて云く」二十五の下は難信の相を示す。啓蒙中の一義に云く、(ここ)に二重の問答あり。「二には教主」の下は問、「教主釈尊此等」の下は答なり。また「日蓮案じて云く」の下は問、「かう法華経は信じがたき」の下は答なりと云云。この義疎遠(そえん)なり。また健抄(ご」んしょう)の二字消釈(しょうしゃく)迂回(うえ)せり云云。

一 住劫・第九の減

 弘決(ぐけつ)第九、統紀三十一・五、註の所引の如し。通じて釈尊出世の時に両説あり。一には住劫第九の減、二には住劫第一の減、文私の二・八の如し云云。

一 師子(しし)(きょう)(おう)文。

 大論第三・二十九、註の所引の如し。

一 (じょう)(ぼん)(のう)には嫡子(ちゃくし)文。

 (ぞう)(いん)に云く「正室を(ちゃく)()う。嫡より出ずるを嫡子と曰い、(しょう)より出ずるを庶子(しょし)と曰う」と文。

一 (しっ)()太子乃至菩薩

 これは梵漢(ぼんかん)の二名を兼ね挙ぐるなり。西域(さいいき)第七、註の所引云云。

一 御年十九の御出家等

 問う、出家成道は異説紛紜(ふんぬん)たり。所謂(いわゆる)、十九にして出家、二十四にして成道、(あるい)は二十五にして出家三十にして成道、(あるい)は二十九にして出家、三十五にして成道、或は十九にして出家、三十にして成道なり。(しか)るに何ぞ古来より多く十九、三十の説を用うるや。

 答う、これは経説の多分に従う故なり。(じゅ)(りん)十八・四に云く「諸経に多く十九にして出家するを以て(まさ)に正と()すべし」と云云。また十九紙に云く「今多きに従いて定と為す。十九にして出家、三十にして成道の此の文、(まさ)(がえ)んずべし」と云云。

一 世尊・始め寂滅(じゃくめつ)

  この下は次に所説の相違、また分ちて三と為す。初めには正しく明かし、二には「華厳(けごん)・乃至」の下は今師の能判、三に「()うて・()へりみれば」の下は諸宗の迷乱なり。初めの正しく明かすにまた二あり。初めには已迹(いしゃく)始成、次に「されば弥勒(みろく)」の下は今本(こんぽん)久遠(くおん)なり。初めの已迹始成にまた二あり。初めに爾前、次に「此等は言うに」の下は迹門。初めの爾前にまた二あり。初めに華厳、次に「阿含・(ほう)(とう)」の下は三味。初めの華厳にまた二あり。初めに経の円融を(たん)じ、次に「此等程」の下は正しく始成を明かす。

一 実報(じっぽう)()(おう)の儀式を示現(じげん)して

  実報華王世界は甫註(ふちゅう)九・三十二に云云。「示現」とは、真の報土の儀式を示現するは即ちこれ(よう)(げん)の義なり。寂光に報土を示現と謂うには非ず云云。

  「十玄」とは、

 第一は同時(どうじ)具足(ぐそく)相応(そうおう)門 海の(いっ)(てき)百川(ひゃくせん)の味を()するが如し。

 第二は広狭(こうきょう)自在無礙(じざいむげ)門 (きょう)(しゃく)の鏡に千里の影を具するが如し。

 第三は(いっ)多相(たそう)(よう)不同(ふどう)門 一室の千灯は光々として(あい)(わた)る。

 第四は諸法(しょほう)相即(そうそく)自在(じざい)門 金と色との二つ相離れざるが如し。

 第五は秘密穏顕倶(ひみつおんけんく)(じょう)門 片月の空に澄み(かい)(めい)の相並ぶ。(注;晦明。暗いと明るい。昼と夜の意)

 第六は微細相(みさいそう)(よう)安立(あんりゅう)門 瑠璃(るり)(かめ)に多くの芥子(けし)を盛るが如し。

 第七は因陀(いんだ)羅網(らもう)境界(きょうかい)門 (ふた)つの鏡は互に照し伝えて輝き相写す。 

 第八は託事(たくじ)顕法生(けんぽうしょう)()門 立像堅臂(じゅぴ)(そく)(もく)、皆道なり。

 第九は十世隔法(じっせきゃくほう)異成(いじょう)門 一(せき)の夢に百年を(こう)(しょう)す。(注:)翔。飛びまわること)

 第十は(しゅ)(はん)(えん)明具(みょうぐ)(とく)門 北辰の居す所、衆星もこれに(こまぬ)く。(注:北辰。北極星のこと)

 「六相」とは、

 第一は総相 一に一切を含む。(たと)えば一舎の如し。

 第二は別相 多徳は一に(あら)ず。譬えば(たるき)等の如し。

 第三は同相 別して総に()()す。椽等の舎に依るが如し。

 第四は異相 多義にして各異る故に、椽等の一一不同なるが如し。

 第五は成相 この諸義に()って縁起成ずるが故に、椽等のその舎を(じょう)ずるが如し。

 第六は()相 諸義、自法に住して移らず。椽等の各自体に住して本より作らざるが如し等云云。

 また啓蒙(けいもう)五・六十四、法蔵伝の下を見合すべきなり。



              つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-05-29 23:11 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)