人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 05月 23日 ( 2 )


2015年 05月 23日

開目抄愚記 上十四

一 華厳(けごん)経には、前(先)後の経なければ等

  問う、後経(すで)にあり、何ぞ前後の経なからんや。

  答う、一義に云く、言は総、意は別なりと云云。一義に云く、加えて四菩薩の説、前後になき故なりと。一義に云く、法華の如く前後を望んで三説の超過(ちょうか)を論ずるの義これなきなりと云云。一義に云く、(すで)に初成道の故に前後なきことを知るべしと云云。第四の義、文に(のぞ)むればこれ分明(ふんみょう)なりと(いえど)も、大旨(たいし)に准ずれば(すなわ)(なお)これ不可(ふか)なり。

  今(いわ)く、文の大旨に云く、華厳(けごん)経の時は前後相違なし。何に由ってか大疑出来(しゅったい)すべきと云云。故に知んぬ、これ前後相違の前後にして華厳の前後には(あら)ざることを。意に云く、()し前経あらば華厳は後経なるべし。(すで)に前経なき故に華厳も後経に非ざるなり。これ法華に望む故にこの言あるなりと云云。

一 大集経乃至二乗を弾呵(だんか)せんがために等

  これ宗祖の発明にして、諸家の学者の知る所に非ざるなり。当体義抄に「菩薩(ぼさつ)処処(しょしょ)得入(とくにゅう)と釈すれども二乗を(きら)うの時一往(いちおう)得入(とくにゅう)の名を与うるなり」といえるも即ちこの例なり。

一 十方(じっぽう)浄土(じょうど)をとき等

  二乗弾呵(だんか)には即ち二意を含むなり。謂く、一には土に約す。謂く、十方に浄土(じょうど)を説いて凡夫・菩薩をして欣募(ごんぼ)せしめ、二乗の人を(わずら)わす。即ちこれ弾呵(だんか)なり。二には仏に約す。(いわ)く、十方(じっぽう)に仏を明かし、小乗の十方(ゆい)()一仏(いちぶつ)(おもい)を破る。またこれ弾呵なり。啓蒙(けいもう)の中に一意と()すは(かえ)って(おだ)やかならざるか。健抄(ごんしょう)の二義は少しく(みだり)にするに()たり云云。

一 (あるい)は十方に仏現じ等

  この下は六箇の「或」の字あり。初めの二は即ちこれ華厳(けごん)。第三は上にこれを出さざるも、経文に准ずるに即ち華厳・般若(はんにゃ)に当るなり。文八・三十九に云く「華厳も(また)十方の仏の同じく華厳を説くことを()く。大品も亦千仏の同じく般若を説くと云う」等云云。第四は即ちこれ大集経なり。第五は般若の舌相(ぜっそう)なり。第六は弥陀(みだ)経なり。

一 諸仏の舌をいだす・よしをとかせ給う

  これ弥陀経の(しょう)(じょう)会座(えざ)の大衆の見聞(けんもん)に非ざることを(あらわ)すなり。学者(まさ)に知るべし。

  問う、選択(せんちゃく)伝弘五・三十に云く「問う、()誠証(じょうしょう)とは此の衆をして他仏の証を聞いて信心を発起(ほっき)せしめんが為に、本国に於て誠実の語を説く。証誠するに足らず。答う、群疑論二に云く、不虚誑(ふこおう)舌相(ぜっそう)を現じて誠諦の真言を発し、衆生をして相を()、言を()き、疑を除き、信を生ぜしむと已上。此の会衆(えしゅ)(すで)に舌相を見、言説を聞くを許す、故に証誠の義を(じょう)ずるなり」と已上伝弘。この義如何。

 答う、弥陀経四紙一巻の中に(すべ)て相を()、言を聴くの事なし。何ぞ懐感の推度(すいたく)を用いんや。今、文を引いてこれを示さん。弥陀(みだ)経に云く「舎利弗、我(きょう)、阿弥陀仏の不可思議の功徳を讃歎(さんたん)するが如く、東方にも亦阿閦鞞(あしゅくび)仏・(しゅ)()相仏等の恒河沙(ごうがしゃ)数の諸仏有って、(おのおの)其の国に於て(こう)(ちょう)舌相を出し、(あまね)く三千大千世界を(おお)って誠実の言を説く。(なんだ)()衆生、(まさ)に是の不可思議の功徳を称讃(しょうさん)し、一切諸仏の護念する所の経を信ずべし。南西北方の三の下も亦(しか)なり」云云。今経文を見るに、(ただ)釈尊の説のみにしてこの会の見聞に非ざること、(あたか)白日(はくじつ)の如し。故に聞持記に云く「(けだ)し諸仏各各(おのおの)国に於て釈迦を(しょう)(さん)すと(いえど)も、此の土の衆生に知る者有ること無し」と云云。

一 (これ)ひとえに諸小乗経等

  問う、正しく十方(じっぽう)(ゆい)()一仏(いちぶつ)を破す。応に(ほう)(どう)般若(はんにゃ)の時に在るべし。何ぞ華厳を()ぐるや。

  答う、通じて始終(しじゅう)を談ずるか。

一 前後の諸大乗経等

 「前」とは即ち四十余年の諸経、「後」とは即ち八年の法華経なり。法華経の前後と()うに(あら)ず、これ(すなわ)ち前後相違の前後なるのみ。()(しか)らずんば何ぞ後の涅槃(ねはん)経に(のぞ)んで「(まさ)に魔の仏と()るに非ずや」の想を生ぜんや。

一 (しか)るを華厳・法相(ほっそう)

 この下は三に権実雑乱を破するなり。

             つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-05-23 15:20 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 23日

開目抄愚記 上十三

第十三段 多宝・分身の証明を示す

一 (しか)るを後八箇年(八年)の法華経等

この下は第三に難信の相を明かす、また二あり。初めに正しく明 かし、次に「人天(にんでん)」の下は、証明を引いて難信の信を生ずるを明かす。

一 あらませしが(か)。

  今(いわ)く、これ在の字なり。例せば「(もし)(ちち)在者(いましなば)」の「在」の字の如し。「か」の字は濁音、前後移転の「が」なり。常ならば「ありしが」とあるべき事なれども、今は仏の上を()ぶる故に「あらませしが」というなり。例せば常には「見」は「見たまう」というを、仏の上を宣ぶる時は「見そなわしたまう」なんどというが如し。故に今の文意は、されば未顕(みけん)真実の経文はありしが、天魔の現じてこの経を説かせたまうかと疑うなり云云。(ごん)抄の「有りたれども」の義、穏便(おんびん)ならず。啓蒙(けいもう)の「あるまじ」の義、可笑(かしょう)の至りなり。

一 人天大会(だいえ)

  この下は証明を引いて難信の信の生ずるを明かす、また二あり。初めに正しく今経を(いだ)し、次に「大覚(だいかく)」の下は権に対して(べん)ずるなり。

一 (こう)長舌(ちょうぜつ)(いだ)して

  薬王品得意抄二十三・十五の意に云く「不妄語(ふもうご)戒の功徳に()って此の広長舌相を得るなり」(取意)と云云。大論八・三に云く「若し人(した)()く鼻を覆うも虚妄なし。(いわん)(ほっ)(きい)に至るをや。況や梵世に至らんをや」と云云。また四に云く「仏、広長舌相を出す、不信者の為の故に」と文。此等の文意に准じて(まさ)に今文の意を知るべきなり。

一 今十方より来り等

  問う、今、還土(げんど)閉塔の文を引く、その意は如何(いかん)

  答う、この深意は釈尊の久後(くご)真実、多宝の(かい)()真実、分身(ふんじん)の広長舌相は即ちこれ究竟(くきょう)の真実なることを(あらわ)すなり。これ(すなわ)ち釈尊及び諸仏と(いえど)も、この説を破ること(あた)わざる故なり。

上野抄三十二・二十一に云く「法華経は釈迦仏・已今当の経経を皆()()へしうちやぶりて・此の経のみ真実なりととかせ給いて候いしかば・御弟子(みでし)等用ゆる事なし、()の時・多宝仏・証明をくわ()へ十方の諸仏・(した)梵天(ぼんてん)につけ給いき、さて多宝仏はと()らをたて十方の諸仏は本土に・かへらせ給いて後は・いかなる経経ありて法華経を釈迦仏やぶらせ給うとも・他人わゑ(和会)になりて・やぶりがたし」等云云。

  報恩抄に上七に云く「法師品に云く、此の法華経は最も()れ難信難解なりと云云。多宝仏は真実なりと証明し、十方の諸仏は広長舌を梵天に付け給いて後、各各(おのおの)国国へ(かえ)らせ給う。十方の諸仏は此の座にして御判形(ごはんぎょう)を加えさせ給う。各各また自国に還らせ給いて、我が弟子等に向い給いて、法華経に優れたる御経ありと説かせ給わば、其の所化の弟子等信用すべしや」(取意)と云云。

一 大覚世尊等

  この下は次に権に対して弁ず。中にまた三あり。先ず諸経の相を()げ、次に「此等を法華」の下は(まさ)しく異を弁じ、三に「(しか)るを華厳・法相」の下は(ぞう)(らん)を破す。

一 初成道(しょじょうどう)の時等

  これは華厳の十方(じっぽう)台葉の儀式を指すなり。華厳疏抄六・三十一。

一 般若(はんにゃ)経の御時等文。

  「舌を三千にをほ()ひ」とは大論第八・二紙已下、「千仏・十方に現じ」とは大論第六十四巻十九紙云云。

一 (こん)光明(こうみょう)経等

  光明記二・五十五。「阿弥陀(あみだ)経」とは図経の十紙云云。

一 大集経等

  第一巻の初めに云云。また二十一・十二。

  問う、所引の次第、如何(いかん)

  答う、深きより浅きに至るなり。

一 此等を法華経に等

  この下は(まさ)しく異を弁ずるにまた二あり。初めに略して判じ、次に「華厳(けごん)経には先後」の下は広く(しゃく)す。「(えい)(げん)」はかすんだる目なり。「眇目(みょうもく)」はすが目なり。「(じゃ)(げん)」はよこしまに見る目なり。

一 邪眼の者は・みたがへつべし

  意は、明眼の者は見たがえざる事を(あらわ)すなり。

             つづく
開目抄愚記 上 目次


by johsei1129 | 2015-05-23 15:18 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)