人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 05月 11日 ( 3 )


2015年 05月 11日

開目抄愚記 上六

  
  第三段 外道の三徳

一 二には(がっ)()の外道

  「外道」を(しゃく)するにまた三あり。初めに能説(のうせつ)の人を()げて所尊の相を示す。次に「()の三仙」の下は、所説の法を挙げて所学の相を示す。三に「所謂(いわゆる)()き外道」の下は、仏家の意を以て而も破会(はえ)を示す云云。これ総じて略なり云云。

 「月氏」の名義、略して三意あり。

 (ぶつ)(にち)(すで)に没し、賢聖の月()でて凡を導くが故に是一。

 国の形、半月に()たり。故に北広南狭というなり是二。

 ()の土は大国にして星中の月の如し是三。

 名義三・十紙、啓蒙(けいもう)四・三十二。

 「外道」の名義は朝抄(ちょうしょう)一・十三に二義あり。一には(ほか)の道、二には道を外にす。

 三種の外道とは、一には仏法外の外道、(いわ)く六師等これなり。二には附仏法の外道、謂く仏法に附して仏法を破するなり。三には学仏法の外道、仏教を学する人の悪見を起すなり。

一 摩醯首(まけいしゅ)()文。

  (ここ)には大自在という。色界の(いただき)()し、欲頂の大自在と同名異体なり。「()紐天(ちゅうてん)」此には(へん)(じょう)という。これ第三禅の天なり。「迦毘(かぴ)()」此には黄頭(こうとう)という。(おもて)は金色の如きなり。「漚楼(うる)僧佉(そうぎゃ)」此には眼足という。足に三眼あり。「(ろく)娑婆(しゃば)」此には苦行というなり。

一 八百年・已前(いぜん)已後(いご)文。

  仏の出世八百年已前、八百年已後なり。

一 四韋陀(いだ)文。

  一には讚誦(さんじゅ)、二には祭祀(さいし)、三には歌詠(かえい)、四には攘災(じょうさい)なり。「韋陀」は(ここ)には「分つ」というなり。

一 支流・九十五六等

  今、両説合せ()ぐるなり。下の文の「(ただ)九十五種」とは、台家(たいけ)の諸文に多く「九十五種」という故なり。(つぶさ)に文私五・十六の如し。

一 (あるい)は過去・二生・三生等

  これ利鈍ある故なり。二三乃至八万の異あるなり。

一 (いん)中有果(ちゅううか)

  これ次第の如し。三仙の見計なり。止観(しかん)十・九。

一 所謂(いわゆる)()き外道

  この下は三に破会(はえ)を示す中にまた二あり。初めに破、次に「外道の所詮(しょせん)」の下は会。初めの破の中に先ず法を破し、「善師」の下は人を破するなり。

一 (くつ)()(ちゅう)文。

  尺取り虫の事なり。

一 或は(とう)(かん)

  これは鴦掘(おうくつ)経第四に出でたり。或は牛馬を殺す等は文殊(もんじゅ)(もん)経上巻に出でたり。

一 外道の所詮等

 この下は次に会を明かす。また三あり。初めに初門と()すを明かし、次に大涅槃(だいねはん)(ぎょう)は法を会し、三に法華の文は人を会するなり。大涅槃経とは北本二十一・二、文七・九十五。


                  つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-05-11 23:30 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 11日

開目抄愚記 上五 源、五常を識れば即ちこれ五戒なり。故に「即ち是れ仏法」というなり

一 かくのごとく(たくみ)に立つ等

 三に仏家の意を以て破会(はえ)を示す。また二あり。初めに破、次に「孔子(こうし)」の下は会なり。初めの破にまた二あり。初めに法を破し、次に「此等の(けん)(せい)」の下は人を破す云云。

一 (げん)とは(こく)なり(ゆう)なり

 文意に云く、過未(かみ)一分も知らず、然れば「玄」というも(ただ)現在のみなり。一義に云く、彼の玄を嘲弄(ちょうろう)して過未を知らざれば黒闇(こくあん)の故に玄という云云。「現在(ばか)りしれるににたり」とは、これ仏家の如く淵底(えんてい)(つく)してこれを知らざる故に「にたり」というなり。

一 仁義(じんぎ)を制して等

  ()十・二十紙に「制とは即ち道なり。即ち制とは(りゅう)()なり」と。

一 (けん)(のう)もこれを()して等

 「(あるい)は臣となし」とは、漢の恵の()(こう)を召し、武丁の傅説(ふえつ)を求めしが如し。「或は師とたのみ([為し])」とは、(ぶん)(のう)の太公望を得、(とう)王の伊尹(いいん)を尋ねしが如し。註千字中十七・八九。「或は位をゆづり」とは舜禹(しゅんう)等の如し。註千字上六、啓蒙(けいもう)二十八 九十。

一 周の()(おう)には()(ろう)きたりつかえ

 註に云く「五」の字は(おそ)らく(あやま)りならん。(まさ)に「二老」に作るべし。(いわ)く、(はく)()(たい)(こう)となり。孟子(もうし)の第七、文選(もんぜん)の第四の如し云云。

 問う、二老の文王に帰するは実に所引(しょいん)の文の如きも、伯夷(すで)に武王に(そむ)く。何ぞ「周の武王には二老来り(つか)う」というや。

 答う、恐らく「武王」を改めて「文王」に作るべし。若し(しか)らば応に周の文王に二老来り事うというべきなり。この例、(はなは)だ多し、(あや)しむべきに(あら)ざるなり。

一 後漢(ごかん)光武(こうぶ)

 文選五十初。

一 孔子が此の土に等

 この下は次に会を明かす中に三と()す。初めに初門と為すを明かし、次に「天台(てんだい)」の下は法を会し、三に「止観(しかん)」の下は人を会するなり云云。今、この「孔子」等の文は証前(しょうぜん)起後(きご)なり。

一 西方に仏図(ぶと)

 「仏図」は即ち仏陀(ぶつだ)なり。列子(れっし)上八十六仲尼(ちゅうじ)篇に「(きゅう)(ひろ)く学びて多く(しる)す。三王は()く智勇に任ず。()(てい)は善く仁義(じんぎ)に任ず。(さん)(こう)は善く時に()るに任ず。聖は(すなわ)ち丘も知らず。西方の人に聖なる者有り、治めざれども乱れず、言わざれども(おのずか)ら信あり、()せざれども自ら行われ、蕩々乎(とうとうこ)として民()く名づくること無し」云云と。(こう)()明集(みょうしゅう)第一にこの文を引いて云く「(ここ)()って以て言わば、孔子は深く仏の大聖なることを知れり」と云云。通鑑(つがん)集覧九に云く「列子に云く、西方に聖人有り、()の名を仏と曰う」等云云。

 故に知んぬ、仏を以て大聖人と名づくることを。名義集三・二十三。

一 (れい)(がく)等を教て

 止六・五十一に、礼楽等、(かい)定慧(じょうえ)(たす)くるの相を釈す。往いて見よ。

一 (みょう)(らく)大師云く

  ()六本八十六の文なり。

一 天台云く、(こん)光明(こうみょう)経に云く等

 止六・四十四の文なり。一切世間の善論は(もと)、仏教より()ず。故に「皆此の経に()る」というなり。世の五常の如きも(もと)、五戒より出ずるなり。故に源、五常を識れば即ちこれ五戒なり。故に「即ち(これ)仏法」というなり。これ法を会する文なり。

一 清浄法(しょうじょうほう)(ぎょう)

 儒者(じゅしゃ)は常にこの経を偽経というなり。

弘六・八十六にこの経を引き(おわ)って云く「諸の目録に(じゅん)ずるに皆此の経を推して以て疑偽と為す。文義(すで)に正なり。或は是れ失訳なり乃至今家の引ける所の像法決疑経、妙勝定等の意、(また)是くの如し。涅槃(ねはん)の後分の如きは(もと)偽目に()り。大唐に至って刋定(せんてい)して始めて正経に入れたり。(あに)時の人(いま)だ決せざるを以て便(すなわ)ち推して偽と()さんや。大師(まのあた)り証して(くらい)初依(しょえ)(いま)す。(まさ)(あやま)って用いたまうべからず」と文。甫註(ふちゅう)十四・十、儒仏(じゅぶつ)(わく)(もん)二十三、()いて見よ。

 (じゅ)(りん)第二十十一に云く「老子西舛(さいせん)経に云く、()が師は天竺(てんじく)化遊(けゆう)して()泥洹(ないおん)に入れり」等云云。(まさ)に知るべし、老子は既に「吾が師」と称し、孔子(こうし)は「西方の聖者」という。「我れ三聖を(つか)わして」の文、(あたか)()(けい)の如し。近代の黄雀(こうじゃく)大鵬(たいほう)の意を知らずして(みだり)雑言(ぞうごん)()く。悲しむべし、悲しむべし云云。

                   つづく


開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-05-11 22:31 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 11日

仏になりやすき事は別のやう候はず<略>命の絶ゆるに人の施にあふがごとし、と説いた【上野殿御返事】

【上野殿御返事(須達長者御書)】
■出筆時期:弘安三年(西暦1280年)十二月二十七 五十九歳 御作。
■出筆場所:身延山中 館にて。
■出筆の経緯:本抄は、重い年貢に苦しめられ乗る馬も、妻子が着る衣もないという窮状の中、年の瀬に銭一千文を大聖人に供養した上野殿(南条時光)へ与えた書です。大聖人はインドの須達(すだつ)長者が貧しさの故夫婦二人きりになり、五升の米が残されたとき、托鉢(たくはつ)で訪ねてきた迦葉(かしょう)・舎利弗(しゃりほつ)・阿難・羅睺羅(らごら)、釈迦仏の五人に分け与えたことで五天竺第一の長者となった例えを引いて「仏になりやすき事は別のやう候はず<中略>二つとない物を人に与え、命のたゆるに人のせにあふがごとし(それをなくしては自分の命が絶えるときに人に布施すること)」と説いて、時光の強い信仰心を称えておられます。
■ご真筆:現存していない。古写本:日興上人筆(富士大石寺 所蔵)

[上野殿御返事(須達長者御書) 本文]
鵞目一貫文送り給い了んぬ。御心ざしの候へば申し候ぞ、よくふかき御房とおぼしめす事なかれ。
仏にやすやすとなる事の候ぞ、をし(教)へまいらせ候はん。人のものををしふると申すは、車のおもけれども油をぬりてまわり、ふねを水にうかべてゆきやすきやうにをしへ候なり。仏になりやすき事は別のやう候はず、旱魃(かんばつ)にかわけるものに水をあたへ、寒冰にこごへたるものに火をあたふるがごとし。又二つなき物を人にあたへ、命のたゆるに人のせにあふがごとし。

 金色王(こんじき)と申せし王は其の国に十二年の大旱魃あつて万民飢え死ぬる事かずをしらず、河には死人をはしとし、陸にはがいこつをつかとせり。其の時、金色大王、大菩提心ををこしておほきに施をほどこし給いき。せすべき物みなつきて、蔵の内にただ米五升ばかりのこれり。大王の一日の御くご(供御)なりと臣下申せしかば、大王五升の米をとり出だして一切の飢えたるものに、或は一りう、二りう、或は三りう、四りうなんど、あまねくあたへさせ給いてのち、天に向わせ給いて、朕(われ)は一切衆生のけかちの苦にかはりて、うえじに候ぞと、こえをあげてよばはらせ給いしかば、天きこしめして甘呂(露)の雨を須臾(しゅゆ)に下し給いき、この雨を身にふれ、かをにかかりし人、皆食にあきみちて一国の万民、せちな(刹那)のほどに命よみかへりて候いけり。

 月氏国に須達長者と申せし者は七度貧になり、七度長者となりて候いしが、最後の貧の時は万民皆にげうせ、死にをはりて、ただめおと(夫婦)こ二人にて候いし時、五升の米あり五日のかつてとあて候いし時、迦葉・舎利弗・阿難・羅羅、釈迦仏の五人、次第に入らせ給いて五升の米をこひとらせ給いき。其の日より五天竺第一の長者となりて、祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)をばつくりて候ぞ。これをもつて、よろづを心へさせ給へ。

 貴辺は・すでに法華経の行者に似させ給へる事、さるの人に似、もちゐ(餅)の月に似たるがごとし。あつはらのものどもの、かくをしませ給へる事は・承平の将門(まさかど)・天喜の貞当(さだとう)のやうに此の国のものどもはおもひて候ぞ。これひとへに法華経に命をすつるがゆへなり。まつたく主君にそむく人とは天、御覧あらじ。其の上わづかの小郷に、をほくの公事(くうじ)せめあてられて、わが身は・のるべき馬なし、妻子はひきかくべき衣なし。

 かかる身なれども法華経の行者の山中の雪にせめられ食ともしかるらんと、おもひやらせ給いて、ぜに一貫をくらせ給へるは、貧女がめおとこ二人して一つの衣をきたりしを乞食にあたへ、りだ(利吒)が合子(ごうし)の中なりしひえ(稗)を辟支仏(びゃくしぶつ)にあたへたりしがごとし。たうとし、たうとし。くはしくは又又申すべく候、恐恐謹言。

弘安三年十二月二十七日      日 蓮  花 押
上野殿御返事


 

by johsei1129 | 2015-05-11 20:49 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)