人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 04月 11日 ( 4 )


2015年 04月 11日

立正安国論愚記 二六

一 東方如来の([鴈])宇を改めて

鴈宇(がんう)」は堂塔の別称なり。これに二縁あり。一には西域(さいいき)・二十二に云く「昔比丘有り。(ぐん)(がん)の飛翔を見て、(たわむ)れて時を知れと云う。(たちま)ち一雁有り。投下して自ら()つ。疏して云く、此の雁は誡めを()る。(よろ)しく厚徳を(あらわ)すべしと。(ここ)に於て雁を(うず)めて塔を建つ」と文。二には要覧上二十二に云く「雁堂は善見律に云く、毘舎離(びしゃり)、大林に於て仏の為に堂を作る、形雁子(がんし)の如し。一切具足す」と文。堂舎四つに垂るること、雁の羽翼の自ら(おお)うが如し。故に「形雁子の如し」というか。註の中には「字訓に付いて之を釈す」と云云。また健抄の説は追って考う。

一 西土(さいど)教主(きょうしゅ)()(おう)()

「鵝王」は仏の異称なり。これ三十二相の中の網縵相(もうまんそう)に約するなり。会疏二十六・四十二に云く「菩薩は衆生を摂取(せっしゅ)す、是の業縁を(もっ)(もう)(まん)()白鵝(びゃくが)王の如くなるを得」と文。一昨日抄二十六、本尊抄八にも、以て異称と為すなり。字彙(じい)(がい)四十九に「()は家に(やしな)う所の者なり」と。海篇十一・二十三に云く「野にあるを(かり)と曰い、家にあるを鵝と曰う」と。新語七十六には「鵝はアヒル」と云云。

一 (あるい)は四百余([回])の如法経を(とど)めて

(にん)(おう)五十三代淳和(じゅんな)天王の御宇(ぎょう)、天長十(みずのと)(うし)年、慈覚大師四十歳の時、身は疲れ眼は(くら)し。叡山の(ほくかん)に於て草庵を結び(へい)(きょ)す。(のち)に天薬を感じ、身は(すこ)やかに眼は明らかなり。(ここ)に於て石墨(せきぼく)(そう)(ひつ)を以て妙法華を書し、子塔に蔵して一庵に置く。名を如法堂という。今の首楞(しゅりょう)厳院(ごんいん)なり。天下(これ)(のっと)り、法華を書するを如法経と号す。釈書三・十二。彼の時より文応(ぶんのう)に至ること四百二十三、四年なり。故に「四百余歳」というなり。

(ほう)(ねん)が法華の如法経を止むること、法然の伝二・二十二に出ず。後白河法皇の十三年の御遠忌には則ち浄土の三部を書く。大和入道見仏が供養も亦(しか)なり。啓蒙(けいもう)に引く所の如し。

神明が法華の如法経を守りたまう事、釈書第十の浄蔵伝の如し。竜神が法華の如法経を尊ぶこと、盛衰記(せいすいき)四十四・六の如し。(しか)るに(げん)(くう)(みだり)にこれを改む、(あに)謗法(ほうぼう)に非ずや。故に有る人の法華読誦(どくじゅ)を後悔して狂乱吐血(とけつ)して死せる事、(しゃ)(せき)第一巻の如し。また法然の伝四にも、法華千部の内の七百部を成就せる人、後に一向称名せる事あり。

一 是破(これは)(そう)に非ず

この下に「是れ亡国の因縁に非ず()」の七字、異本に見ること()り。

(いわ)く、(あるい)は現本は(しか)るべきか。(すで)に上には三宝誹謗(ひぼう)の相のみを明かすなり。若し総じてこれを論ぜば異本も(とが)なきなり。

                           つづく
立正安国論愚記 目次



by johsei1129 | 2015-04-11 20:22 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 11日

立正安国論愚記 二五

一 擁護(おうご)すること()くの如く等

  この下に「持法比丘」の四字あり。南北(とも)(しか)なり。語式は不可なり。

一 刀杖を持すと(いえど)(まさ)(いのち)(だん)ずべからず

問う、(せん)()有徳(うとく)は謗者の命を断ず。今何ぞ「応に命を断ずべからず」というや。

答う、辰抄に云く「国王等の折伏には謗者の命を断じ、比丘の折伏には応に命を断ずべからざるが故なり」と云云。今、比丘に約することは所含(しょがん)の意を点示するか。()し現文に(じゅん)ぜば、また在家に約するなり。(しか)れば釈尊の前後を以て相違の難を()すべきなり。下の文の如し云云。

一 (たと)()(ぎゃく)()(ゆる)すとも謗法の()を許さず

(すで)に謗法の人を供養することを許さず、何ぞ謗法の人の供養を受けんや。

金吾抄十七・四十五に云く「(ただ)し法華経の御かたきをば大慈大悲の菩薩も供養すれば必ず無間(むけん)地獄に()つ、五逆の罪人も彼を(あだ)とすれば必ず人天に生を受く文。即ち今文の意に同じきなり。

教機時国抄二十六・三もまた今文に同じ。

乗明抄三十八・二十五に云く「劣る仏を供養する(なお)九十一劫に金色の身と()りぬ、勝れたる経を供養する施主・一生に仏位に入らざらんや、(ただ)真言・禅宗・念仏者等の謗法の供養を除き去るべし、(たと)えば修羅(しゅら)(そう)(じゅう)しながら帝釈(たいしゃく)帰敬(ききょう)するが如きのみ」文。これ謗法の供養を受けざるの明文なり。啓蒙(けいもう)三十六・三十五の如し。

御義口伝下十三に云く「謗法の供養を受けざるは貪欲(とんよく)の病を除くなり」云云。

二十六箇に云く「謗法の供養を()く可からざる事」云云。

一 (しか)るに謗法の(やから)正道(しょうどう)を忘るるの人

()くの如く点ずべし。この二句は、諸宗は元来謗者にして正道を忘れたるの人なることを明かすなり。その上、選択(せんちゃく)に依って(いよいよ)()(もう)を増す、故に「(あまつさ)え」というなり。(ただ)し註の中に「無上正真の道人」といえるは、(なお)人の字を以て所忘に属す、(おそ)らくは(おだ)やかならざるか。

一 (あお)ぐ所は(すなわ)ち其の家風
家風とは浄家の宗風なり。

一 (ゆう)(げん)(かたぎ)
印板の初め。随筆七・二十。

一 釈迦の手の指を切りて

善光寺の如来も(もと)善光(よしみつ)所持の難波(なにわ)の堀江の釈尊なり。而して中古より弥陀(みだ)と称するなり。此等もその例なり。また京の誓願寺(せいがんじ)も本は釈迦なり。而して阿難(あなん)迦葉(かしょう)を以て脇士(きょうじ)と為す。(のち)に釈迦を弥陀に()う。その時の狂歌に云く「釈迦不祥(ふしょう)、阿弥陀に家を取られぬる、アナン笑止(おかし)や何とカセウぞ」と読みて立てたりと云云。また相模(さがみ)国の大盛入道、良観房の教化に依って釈迦の指を切り、弥陀の印と成すなり。また地蔵の頭にて(たで)()る等の風情(ふぜい)もこの例なり。また十五日は弥陀の命日と云云。また諸神は弥陀の垂迹(すいじゃく)なりと云云。此等は皆釈迦を以て弥陀に代うるの例なり。

           つづく

立正安国論愚記 目次



by johsei1129 | 2015-04-11 20:20 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 11日

立正安国論愚記 二四


同段          十月五日

一 又云く、我れ往昔(むかし)(おも)うに閻浮提(えんぶだい)(おい)て大国の王と()れり等

会疏(えしょ)十十九・二十一。「大国の王と作れり」、これ小王に対するなり。

一 又云く、如来等

 会疏(えしょ)十五・三。次の「又云く、(さつ)に三有り」の文も同じく次下(つぎしも)の文なり。

一 具に下の苦を受く
「下の苦」は即ち軽苦なり。三の苦は即ち重苦なり。中の苦は知るべし。註の中の「文殊(もんじゅ)は剣を(さげ)る」とは弘四末四十三を()いて見よ

一 仁王(にんのう)経に云く
 吉祥(きちじょう)(しょ)・十四。「波斯(はし)(のく)(おう)」の名義は註の中の如し。

一 諸の国王に付属(ふぞく)して

付嘱に三義あり。一には弘宣(ぐせん)付嘱、二には伝持(でんじ)付嘱、三には守護付嘱なり。これ一代に通ずるなり。今は即ち第三の守護付嘱なり。撰時抄愚記の如し。

一、涅槃(ねはん)経に云く、(いま)(乃至)以て等

会疏(えしょ)・三十一。「又云く、仏の(のたまわ)く」等の文は同巻五十三。
一、諸王・大臣・宰相(さいしょう)・及び四部の衆に付属す等

註に云く「諸王とは親王を指す。(かみ)に国王を()げて今諸王を()だす」と云云。啓蒙(けいもう)に云く「諸王は即ち是れ諸の国王なり。仁王(にんのう)・涅槃の文、(すで)に別なり。何ぞ仁王の文を以て相対して之を論ぜんや」と云云。

(いわ)く、本経は(しか)なりと(いえど)も、今は所引の意に()る、故に親王というか。これ則ち国王・親王・大臣・宰相(さいしょう)・四部の衆の次第に残欠(ざんけつ)なきか。

一 善男子、正法を護持(ごじ)せん者は

会疏十・十一。経に云く「正法と()うは即ち是れ如来の()(みつ)蔵なり」と云云。故に「正法」とは、意は実に文底の秘法を指すなり。

今文の「正法を護持せん者」とは、正しく在家(ざいけ)の護法を明かすなり。故に章疏(しょうしょ)・三十三に云く「善男子、正法を護持せん者とは、広く答うるに二と為す。一には在家、二には出家なり。在家の護法は()の元心の所為を取る。()()て理を存し(まさ)しく大教を弘む、故に正法を護持せんと言う。小節に(かかわ)らず、故に威儀(いぎ)を修せずと言う」と文。

開目抄下四十八にこの(しょ)の文を引いて「出家在家の護法」というは「出家」の二字(おそ)らくは(じょう)せり。これはこれ科目なり。何ぞ釈文と為さんや。啓蒙九・七十の如し。恐らくはこれ後人の写謬(しゃびゅう)なるべし云云。

一、又云く、若し五戒を受持せん者有らば等

会疏(えしょ)第三・五十六。「又云く、善男子」等の文は同五十五の文なり。

一、余の四十年等

朝抄に云く「無量億歳の最後の四十年なり。(すで)に仏法未だ滅せずと云う故なり」と云云。また啓蒙の中に料簡(りょうけん)あり。

一、多く破戒(はかい)比丘(びく)有り

これ謗法闡提(ほうぼうせんだい)の人を指して「破戒の比丘」というなり。既に「()(しばら)くも持つ者は(これ)を持戒と名づく」と説く。(あに)若し暫くも謗ずる者は、これを破戒と名づくるに(あら)ずや。

一 ()の説を()すを聞きて等

「是の説」とは涅槃(ねはん)経を指すなり。故に撰時抄上二十四に云く「(かく)(とく)比丘(びく)は無量の破戒の者に涅槃経をさづく」等云云。本経の意は()(りつ)(だん)(じょう)の辺なり。

一 王・()の時に於て等

これ北本第三・二十四の文なり。若し南本の中には「王、時に(きず)(こうむ)り身を()げて(しゅうへん)す」の八字を以て北本の二十字に替えたり云云。これ(しゃ)(うん)巧略(こうりゃく)なり。

一 第一の弟子と()る等

  問う、師は第二の弟子と()り、王は第一の弟子と為る、その(いわれ)如何(いかん)

 一義に云く、有徳(うとく)は法を(まも)って戦闘して(きず)()。身を軽んじ法を重んず、故に第一の弟子と為る。覚徳は戒を持って法を説く。(しか)るに(なお)王の威に頼る、故に第二の弟子と為る云云。

一義に云く、これ(おそ)らくは経文の意に非ずと。

会疏(えしょ)・五十六にこの文を釈して云く「王は前生是れ第一なり。比丘は後生是れ第二なり。又四依(しえ)に約せば、王は是れ初依(しょえ)第一なり。比丘は是れ第二依」等云云。両意ありと(いえど)も、(とも)に甲乙の義に(あら)ず。何ぞ勝劣の義を作らんや。

一 是の故に法を(まも)らん()()(そく)

別して在家の護法を明かす、故に「(とう)(じょう)(しゅう)()して」というなり。

問う、出家の人に於ては刀杖等を許さざるや。
答う、これ時に()るべし。()し謗者充満の時に当っては(たと)い出家と(いえど)も、何ぞ仏法守護の為に刀杖を執持(しゅうじ)せざらんや。故に「等」というなり。誰か知らん、比丘(びく)(ひと)しゅうせずということを。(しか)りと雖も、本経に(つぶさ)に四衆を(いだ)すを謂うには非ず、(ただ)この「等」の一字に意を(とど)むべし。

()が開山師の二十六()に云く「刀杖等に於ては仏法守護の為に之を許す。(ただ)出仕(しゅっし)の時節は帯す可からざるか、若し()れ大衆等に於ては之を許す可きか」と云云。

(にち)()云く「二十六箇の法度(はっと)の中に刀杖の事之有り。時に依り人に依るなり。悪行不信の法師には(まった)く之を許すべからず。貫首(かんず)及び学匠等に横難(おうなん)出来(しゅったい)の時は、彼の法命に代り(しばら)く敵を防がん為なり」等云云。



        つづく


立正安国論愚記 目次



by johsei1129 | 2015-04-11 20:14 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 11日

立正安国論愚記 二三

第七 施を止めて命を断つの証の

一、経を(くだ)し僧を謗ずること一人(いちにん)には論じ難し等

  ()くの如く点ずべし。客の意に云く、経を下し僧を謗ずること、(ほう)(ねん)一人には論じ難し。主人もまた浄土の経を下し法然を謗ずればなりと云云。

古点(おだ)やかならず。
 一義には、この八字は皆主人に約す。(いわ)く、浄土の経を下し法然を謗ずること、主人一人の分別には概論し難しと云云。
 一義には、この八字は皆法然に約す。謂く、大乗経を下し衆僧を謗ずることは、法然一人としては論判し難しと云云。啓蒙(けいもう)にこれを(ちょう)するが如し。

今謂く、二義(とも)に未だ(うま)からず。

一、(しか)れども大乗経(乃至)以て等

此くの如く点ずべし。古点未だ(うま)からず。

一、()瑕瑾(かきん)を守って其の誹謗(ひぼう)()せども

また此くの如く点ずべし。この下の六句二十四字、古来の諸師は皆主人に約す。(とも)に穏やかならざるか。

(つつし)んで案じて云く、この二句八字は主人に約し、次に「迷って」の下の二句八字は(ほう)(ねん)に約し、三に「賢」の下の二句八字は法然と主人とに約するなり。故に今の問の意に云く、経を下し僧を謗ずること、法然一人には論じ難し。主人もまた(しか)ればなり。(しか)れども大乗経等を以て「捨」等の四字に()すること、選択(せんちゃく)の文に分明(ふんみょう)なり。主人はこの瑕瑾(かきん)を守ってその誹謗を成せども、法然迷っていうか、(さと)って語るか。爾れば法然と主人との間、賢愚(けんぐ)(べん)ぜず、是非を定め(がた)し等と云云 

一、(すべから)く仏法を立つべし

(にち)()云く「客稍承(ややしょう)(ふく)する間、立正を願うなり。(わざわい)を消し、難を(とど)むるとは安国を願うなり」と云云。

一、()()頑愚(がんぐ)にして等

これ問の中の「賢愚弁せず」に対するなり。

一、謗法(ほうぼう)の人を(いまし)めて等文。

三重の秘伝に云云。「正道の(ともがら)」と三箇(さんか)の秘法を弘むる人なり。これはこれ元意(がんい)なり。附文の辺、知るべし。

一、即ち涅槃(ねはん)経に云く。

会疏(えしょ)第十・九紙。「一闡提(いっせんだい)」に多義あり。註の中に(べん)ずるが如し。

一、()比丘(びく)及び比丘尼(びくに)(乃至)有って等文。

()れ一闡提とは外来の者に(あら)ず、皆これ()仏法(ぶっぽう)の四衆なり。この文は、(まさ)しく正法を誹謗して改悔(かいげ)なき者を以て闡提と名づくるなり。

一、若し四重(しじゅう)(おか)し等

この文は、正しく重を犯して(はじ)なく護惜(ごしゃく)の心なきを以て闡提と名づくるなり。今所引の意は、正しく護惜の心なきに在り。註の中に弁ずるが如し。

一、(あえ)発露(はつろ)せず

「発露」というは(ふぞう)に対する言なり。故に「発」は「開」なり、「露」は「顕」なり。(いわ)く、所造の罪を開顕する故に発露というなり。即ち懺悔(さんげ)の事なり。「護惜建立(こんりゅう)」等の文、(つぶさ)に註の中の如し。

一、(ただ)()くの如き一闡提の(やから)(のぞ)いて

この句頭に於て三宝(さんぽう)(ぼう)ずるの文あり。謂く「若し(また)説いて仏法僧無しと言わん」等の二十字これなり。註の如し。現本には(これ)無し云云。

(しか)れば則ち今所引の経文は、闡提を明かすに即ち三義あり。第一は謗法(ほうぼう)闡提(せんだい)、第二は犯重(はんじゅう)闡提、第三は撥無(はつむ)闡提なり。これ章安(しょうあん)の名目なり。今所引の意は、後の二種の闡提も(つい)には謗法闡提に当るなり云云。三十七初



              つづく
立正安国論愚記 目次



by johsei1129 | 2015-04-11 00:05 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)