人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2015年 04月 04日 ( 4 )


2015年 04月 04日

熱原の三烈士を、鬼に身を投げて仏法を求めた雪山童子の如しと称えた【聖人等御返事】

【聖人等御返事(変毒為薬御書)】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279)十月十七日 五十八歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:弘安二年十月十五日、冨士郷・熱原の農民、神四郎、弥五郎、弥六郎の兄弟が、平頼綱(平金吾)より法華経信仰をやめなければ殺すと弾圧され、それでも法華経信仰を捨なかった三人は断首される。この事態を受け現地で農民信徒を励ましていた伯耆房日興上人は、直ちに急使を立て身延の大聖人へ報告、手紙は翌々日の十月十七日午後六時頃到着する。大聖人は直ちに本書をしたため同日午後八時頃には日興上人に送っている。大聖人は本書で熱原の三烈士が処刑されるまで「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」と唱えていたことは「偏に只事に非ず」と驚嘆されるとともに「経文の半偈を聞く為に鬼に身を投げ出した釈迦前世の雪山童子の如し」と讃えられている。
 実際に日蓮門下で、法華経を信仰するがゆえに処刑の場に立たされたのは「竜の口法難」の日蓮大聖人以外では、熱原の三烈士だけである。
佐渡流罪の時、日朗上人含む五人の弟子・信徒が投獄されているが、処刑までは至っていない。
 尚、本書の宛名は聖人等御返事になっている。実際は日興上人へ宛てられた手紙であるが、大聖人は日興上人への他の手紙では、伯耆房殿若しくは伯耆殿となっている。また日興上人の弟子で、ともに熱原の農民を励ましていた日秀、日弁に対しては、同じ弘安二年十月十二日の「伯耆房御返事」で、日秀、日弁等へ下すと記している。その意味で本書の宛名「聖人等御返事」は、釈迦前世の雪山童子の如しと称えておられる「熱原の三烈士」を弔っての称号と強く推察される。
ちなみに、本書で「妙の字虚しからずんば定めて須臾に賞罰有らんか」と予言されてるとおり、熱原法難の十四年後、執権北条貞時の軍に急襲され、平頼綱は自害し一族は滅ぼされた。
■ご真筆: 現存していない。古写本:日興筆(北山本門寺所蔵)
[聖人等御返事 本文]   [英語版]

今月十五日酉時御文同じき十七日酉時到来す。

 彼等御勘気を蒙るの時、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と唱え奉ると云云。偏に只事に非ず。定めて平金吾の身に十羅刹入り易りて、法華経の行者を試みたもうか。

 例せば雪山童子、尸毘王(しびおう)等の如し。将た又悪鬼其の身に入る者か。釈迦・多宝・十方の諸仏・梵帝等、五五百歳の法華経の行者を守護す可きの御誓は是なり。

 大論に云く、能く毒を変じて薬と為す。天台云く毒を変じて薬と為す云云。妙の字虚しからずんば定めて須臾(しゅゆ)に賞罰有らんか。
伯耆房等、深く此の旨を存じて問注を遂ぐ可し。平金吾に申す可き様は、文永の御勘気の時聖人の仰せ忘れ給うか、其の殃(わざわい)未だ畢(おわ)らず重ねて十羅刹の罰を招き取るか、最後に申し付けよ。恐恐謹言。
十月十七日戌時               日 蓮 花押判

聖人等御返事

この事のぶるならば此方にはとがなしとみな人申すべし、又大進房が落馬あらわるべし、あらわれば人人ことにおづべし、天の御計らいなり、各にはおづる事なかれ、つよりもてゆかば定めて子細いできぬとおぼふるなり、今度の使にはあわぢ房を遣すべし。




by johsei1129 | 2015-04-04 23:15 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 04日

立正安国論愚記 二十

一、汝(こと)の起りを聞かんとならば(くわ)しく()(おもむき)を談ぜん。
 点の如し。
一、([先])後を立てて(ごん)(じつ)(べん)ず等
 此の文は一部の眼目なり。意に云く、前四十余年は権経なり。故に「四十余年には(いま)だ真実を(あらわ)さず」という。後八年の法華は真実なり。故に「世尊は法(ひさ)しゅうして(のち)(かなら)(まさ)に真実を説きたまうべし」というなり。
 問う、前後を立てて権実を弁ずる所以(ゆえん)如何(いかん)
 答う、これ先判(せんぱん)の権経を捨てて後判(ごはん)の実経を取らんが為なり。故に「正直(しょうじき)に方便を捨てて、但無上道を説く」というなり云云。
一、(しか)るに曇鸞(どんらん)
 浄土の三師は(すで)に仏説に(そむ)き、先判の権経に依って後判の実経を捨つ。故に破して「(いま)だ仏教の淵底(えんてい)(さぐ)らざる」というなり。
一、其の流れを()むと雖も其の(みなもと)を知らず
 朝抄に云く「天台の流を酌むと雖も、天台判教の淵底(えんてい)を知らず」等云云。
 今謂く、(すで)に三師を挙げて「其の流」という、何ぞ「天台の流」といわんや。恐らくは鉤鎖断絶(だんぜつ)に似たるか。
 啓蒙に云く「三師の意は先権(せんごん)()いて()(じつ)を捨つと雖も、(しか)も法華を以て聖・難・雑に(せっ)せず。(しか)るに(ほう)(ねん)は三師の流を酌むと雖も、三師の法華を論ぜざるの源を知らず」等云云。
 今謂く、この論の意も(また)法然所依(しょえ)の三師を破るなり。故に上の文には「謬釈(みょうしゃく)」といい、今は「未だ仏教の淵底を探らざる」等というなり。故に知んぬ、未だ必ずしも国家論の意に同じからざるを。(いわん)(また)然公(ねんこう)(すで)に三師の法華を論ぜざるの源を知れるをや。故に選択(せんちゃく)集上三に安楽集を引いて云く「今()の集の意は(ただ)顕大(およ)び以権大を存す。故に歴劫(りゃっこう)迂廻(うえ)の行に当る」等云云。この文に分明(ふんみょう)なり。何ぞこれを知らずといわんや。
 今謂く、然公は三師の流を酌むと雖も、その源の(にご)れるを知らず。所以(ゆえ)に三師の釈に准思(じゅんし)して「捨」等の四字を加うるなり。故に知んぬ、(にご)りに濁りを添え、()に非を重ぬることを。
 浄円房抄に云く「浄土の三師に於て難・聖・雑の中に法華を入るる意粗之(ほぼこれ)有り。(しか)りと雖も法然の如き放言の事は之無し」(取意)と云云。今のこの文の意なり。
 註に云く「(しゃく)(どう)既に其の源を濁す。然公(ねんこう)、何ぞ流清きことを得ん」と云云。この一言、至れり(つく)くせるなり。
一、止観(しかん)第二に史記(しき)を引いて云く、(しゅう)(すえ)に等。第二 四十六。
 問う、周はこれ三十七主なり。若しそれ平王は第十三に当る。(なお)(ちゅう)に及ばず。何ぞ「周の末」というや。

答う、周の代(すで)(おとろ)う、故に「周の末」というなり。謂く、第九()(おう)の時に至るまでは周の代盛んなり。第十(れい)(おう)の時に至って十二諸侯の国々に(あい)(わか)れたり。これより周の代衰うるなり。故に妙楽云く「(ただ)是れ()(まつ)の末なり。最後と謂うには(あら)ず」と云云。(ごん)抄の義は不可なり。

一、弘決(ぐけつ)の第二に(乃至)左伝(さでん)を引いて云く
 第二末六十三、左伝第六・十一。
一、識者(しきしゃ)の曰く等
「識者」は即ちこれ周の太夫(たいふ)(しん)(ゆう)なり。兼讖差(けんしんたが)わざるなり。
一、蓬頭散帯(ほうとうさんたい)文。
 ネミダレガミにオビヒロげたり 二度読むべし云云。
一、奴苟(どこう)相辱(あいはずかし)むる
 二字(とも)(いや)しき者なり。賎しき者共が互いに()しく云い合うが自然に達する者なり等というなり。止観(しかん)随聞(ずいもん)第二の如し。健抄の点は(はなは)だ非なり。
一、此れを以て之を推す([推ふ])るに
 この下に三十八字、別本にこれあり。註にいうが如し。故に唐武の例は、念仏はこれ亡国破法の因縁(いんねん)なることを(あらわ)すなり。
一、(きょう)を捨てて善に帰し
「凶」は即ち法然(しょ)(りゅう)の念仏なり。「善」は即ち宗祖所弘の妙法なり。
一、源を(ふさ)ぎ根を(たつ)べし
 「根」「源」の二字は(また)選択(せんちゃく)を指す。即ち災難の源、亡国の根本の故なり。止四・二十八に云く「根(あらわ)るれば枝枯れ、源(かわ)けば(ながれ)()く」と云云。弘の四本の四十七。


                          つづく
立正安国論愚記 目次


by johsei1129 | 2015-04-04 18:54 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 04日

立正安国論愚記 十九

一、或は勢至(せいし)化身(けしん)と号し等
 註の中には月輪殿下の事を()げて、これを釈す。()し伝記の説の如きは、勝法房、上人の真影を(えが)、其の銘を()う時、(ほう)(ねん)首楞(しゅりょう)(ごん)(きょう)の勢至円通の文を書いて勝法房に与う。故に「勢至の化身」というなり。
一、善導の再誕(さいたん)と仰ぐ等
 彼の家の相伝に云く「善導の再誕とは即ち是れ弥陀(みだ)の化身の義なり」と。五条外記(げき)主計頭(かずえのかみ)(より)(ひさ)真人(まひと)が宝治二年八月二日の記に云く「仙洞(せんとう)に参り西の小御所の南向に召され数尅(すうこく)御文談あり。仰せに云く、後三条院御記に御夢想あり。弥陀如来の化身来って衆生を西土に引導すべしと云云。彼の年月を(かんが)うるに(まさ)に源空誕生の年月なるべし」等云云。浄土十勝論の中の如し。
 今(いわ)く、弥陀如来は正直捨権(しょうじきしゃごん)の説を誠証(じょうしょう)して舌を梵天に至らしむ。何ぞ(かえ)って実を捨てて権を取らんや。況や「(ただ)五逆誹謗(ひぼう)正法を除く」といえるをや。(みずか)ら正法を誹謗して何ぞ安養に()らんや。
一、星霜(せいそう)(あい)(つも)れり等
 「春秋・星霜」(とも)に年々(うつ)り行く義なり。啓蒙(けいもう)の如し云云。
一、毛を吹いて(きず)を求め
 これ漢書に出ず。一義に云く、(あやま)無き(ほう)(ねん)に過ちを求むるに(たと)うるなりと。一義に云く、これ蓮師に約す。謂く、他人を(そし)るは我が過ちを(あらわ)すなり云云。後の義、可なり。
一、()(じょう)(いかで)(のが)れん等
 啓蒙に類文等を引いて云く「(いま)だ過失の註を見ず」云云。
今案じて云く、(みょう)(らく)の不軽品の記三十二に云く「有る人の云く、菩薩此の(らい)()さざれば即ち是れ(つみ)有り」と。
 今(いわ)く、(つみ)あらば(すべから)く科条に(じゅん)すべし。梵網(ぼんもう)に文なし、小には(すなわ)ち制なし云云。この文即ち今文の意に同じきなり。
一、主人([咲])(とど)めて曰く
 註に云く「笑み止むるは(いか)り来るの(いい)なり」と云云。これ同気相応の意なり。朝抄の意に云く「笑みを含み客を止むるなり」と云云。これはこれ相翻(そうほん)の相なり。謂く、()()と笑って客の(まさ)に帰らんとするを止むるなり。大意最も(おだ)やかなり。朝抄の義に随うべきなり。
一、(から)きことを(たで)の葉に習い等
 三教指帰(さんきょうしき)に云く「(たと)えば辛きことを蓼の葉に習い、(くさ)きことを厠屎(しし)に忘るるが如し」と云云。文意に云く、(りょう)(むし)の習るること年久し、故に辛きことを知らず。蛣蜣(きつきょう)も亦習るること久しき故に臭きことを知らず。然公の門人(もんじん)(また)(しか)なり。邪法に習るること年久しき故に、邪を以て邪と思わざるなり。故に善を聞いて(かえ)って悪と思う等なりと。註の意、(おそ)らくはその義強きに()たるか。

               つづく
立正安国論愚記 目次


by johsei1129 | 2015-04-04 18:52 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 04日

立正安国論愚記 十八


  第五 和漢の例を出すの下 九月二十四日

一、客(こと)に色を()して
 (すで)(ほう)(ねん)の名を出して(まさ)しく悪比丘(びく)という、故に客憤怒(ふんぬ)して色を増す、故に「殊に」というなり。
一、曇鸞(どんらん)法師。
 此の下は選択(せんちゃく)上七紙の文なり。伝弘決(でんぐけつ)の一云云。
一、()(しん)僧都(そうず)文。
 釈書四 十六、啓蒙(けいもう)十一・七十已下に(つぶさ)なり。()いて見よ。
 (つい)に一乗真実の理を知る時、(あに)法華に()って行ぜざらんや。終に五乗方便の説を知る時、(あに)念仏の行を捨てざらんや。(まさ)に一乗の行を(もっ)て極楽に生ずべし、即ち薬王品の所説の如し。何ぞ念仏の行に依って彼の国に生ずといわんや。
 又註中に「(よう)(かん)律師等の十四字は多く異本に無し」と云云。永観の事、釈書五・三。また註中に「三川(みかわ)入道寂照」というは釈書十六・十二に出ず。(ただ)し未だ往生(おうじょう)の事を見ず云云。

一、就中(なかんずく)法然([聖])人等。
 釈書五・十三、()いて見よ。
一、幼少にして天台山に昇り
 朝抄に「十三歳」と云云。()し釈書の始終(しじゅう)(じゅん)ずるにその義なきに(あら)ず。若し伝記の如くんば十五歳に登山と見えたり。若し釈書に「十五歳」というは出家の年なり。
一、智は日月(にちがつ)(ひと)しく
 論語第十に云く「叔孫武叔(しゅくそんぶしゅく)(ちゅう)()(そし)る。子貢(しこう)云く、仲尼をば毀るべからざるなり。他人の賢者は丘陵(きゅうりょう)なり、猶踰(なおこ)ゆべし。仲尼は日月の如し、得て踰ゆること無し。(みずか)()たんと欲すと(いえど)も、其れ何ぞ日月を(やぶ)らんや」と云云。無量義に云く「智慧の日月」等云云。
一、徳は先師に()えたり
 一義に云く、前に()ぐる和漢の先師に越えたりと。一義に云く、(ただ)これ(えい)(くう)・蔵俊・寛雅・慶雅等の先師に越えたりと。
一、(しか)りと(いえど)(なお)出離(しゅつり)(おもむき)に迷いて
 一切経を反覆(はんぷく)し、八宗の章疏(しょうじょ)を究むと雖も、皆これ難行にして末代相応の行に(あら)ず。愚推(ぐすい)僻解(びゃくげ)するが故に「猶迷う」等というなり。
一、(あまね)覿()、悉く(かんが)み等
 (いず)れか末代相応の行ならんと(しばしば)之を尋ぬる(ところ)(さいわい)に善導の観経の(しょ)及び往生要集を得て、(なお)深く思い遠く(おもんぱか)り、(つい)に諸経を(なげう)って(もっぱ)ら念仏を修するなり。
一、一夢(いちむ)の霊応を(こうむ)り等
 然公(ねんこう)疑慮(ぎりょ)(いま)だ散ぜず、夢に王の()げを待つなり。註及び啓蒙に伝記を引くが如く、半金色の善導を感ずるなり。
 今謂く、直に仏説を(かんが)うべし、何ぞ夢に王の告げを待たんや。「(えい)」は玉篇に云く「(ばん)()総名、辺地なり」云云。


                 つづく
立正安国論愚記 目次


by johsei1129 | 2015-04-04 18:51 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)