人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2014年 12月 31日 ( 5 )


2014年 12月 31日

不軽菩薩の不専読誦を説き明かす 【末法相応抄上】五


問う、又云わく「蓮祖は不軽(ふきょう)の跡を(しょう)(けい)とは不軽の不読誦を顕わす、不軽菩薩に(また)読誦の経釈有り、何ぞ之を()(ぞう)するや。不軽品に云わく、先仏(せんぶつ)(みもと)に於いて此の経を受持し読誦し人の為に説く、故に()阿耨(あのく)菩提(ぼだい)を得たり云云。文の十に云わく、読誦経典は即ち了因性、皆行菩薩道は即ち縁因性、不敢(ふかん)軽慢(きょうまん)()()(じん)(きょう)は即ち正因性、文。不軽の三仏性の中に不軽の読誦を()げて了因仏性を証す、汝(ただ)不専読誦の文を見て一部不読を()ること(はなは)()われ無きなり云云、此の難如何(いかん)

答う、一(えい)眼に在り、空華(くうげ)乱墜(らんつい)すと云云、日辰が博学(はくがく)、州の額を県に打つ、前代未聞の珍謬(ちんびゅう)後世不易(ふえき)恥辱(ちじょく)なり。

謂わく、五失有る故に、

一には時節混乱の(とが)()わく「読誦経典即了因性」とは威音(いおん)(のう)仏の像法の時なり。故に文句に不専読誦の下に於いて此の釈を作すなり。()し所引の経文「我於先仏所受持読誦」とは雲自在王の時なり。故に補註(ふちゅう)十-十四に云わく「()し我宿世に於いて受持読誦せずば疾く菩提を得ること(あた)わずとは此れは雲自在王の時を指す」云云。威音王と雲自在王と実に多劫を(へだ)つるなり、(まさ)に経文を見るべし、(なん)ぞ多劫後の事を引いて多劫前の事に()するや。

二には次位混乱の失、()わく、威音王仏の像法の不軽は観行初品の位なり。文十-十六に云わく「不専読誦経典とは初随喜の人の位なり」云云。(また)雲自在王の(みもと)の不軽は是れ初住の位なり、故に経(常不軽品)に云わく「(また)二千億の仏に値い同じく雲自在燈王と号す、此の諸仏の法中に於いて受持読誦して(もろもろ)の四衆の為に此の経典を説く、故に是の(じょう)(げん)清浄(しょうじょう)耳鼻(にび)(ぜつ)(しん)()の諸根清浄を得たり」云云。補註十-十五に云わく「前に六根浄を得たるは是れ十信なり、又六根浄を得たるは恐らくは是れ初住ならん」云云。証真云わく「前に得るは相似(そうじ)、今得るは真位、故に常と云うなり」云云。何ぞ初住の事を以て初品の事に()するや。

三には能所混乱の失、謂わく、不軽は是れ能随喜の人なり、三仏性は是れ所随喜なり、故に文句に云わく「一切の人(みな)三仏性有ることを随喜す」云云、何ぞ所随喜の仏性を以て能随喜の人に()するや。

四には信謗混乱の失、謂わく、(しょ)に云わく「読誦経典即了因性とは是れ謗者四衆の読誦にして不軽の読誦に非ず」。故に玄文第五-七十四に云わく「是の時の四衆衆経を読誦するは即ち了因性」と云云。(なん)ぞ謗者の読誦を以て信者の不軽に擬するや。

五には所例混乱の失、謂わく、吾が祖の諸抄の所例は(ただ)威音王仏像法の不軽に限るなり、(しばら)く一文を引かん。

顕仏未来記二十七-三十に云わく「本門の本尊妙法蓮華経の五字を以て閻浮提(えんぶだい)に広宣流布せしめんか、例せば威音王仏の像法の時、不軽菩薩()(しん)(きょう)(にょ)(とう)の二十四字を以て彼の土に広宣流布して一国の(じょう)(もく)等の大難を招きしが如し。彼の二十四字と此の五字と其の(ことば)異なりと(いえど)も其の(こころ)之同じ。彼の像法の末と此の末法の初めと全く同じ」云云。明文(ここ)に在り、何ぞ(ほしいまま)に雲自在王の(みもと)の不軽の読誦を引いて吾が祖の正義を破らんと欲するや。

問う、尼崎(あまがさき)の相伝に云わく「読誦をするに()いて不専と曰うなり」云云、此の不審如何(いかん)

答う、此の義(はなは)だ非なり。妙楽云わく「(たん)は不雑を顕わし、不専は専に対す」云云。既に「(たん)(ぎょう)礼拝(らいはい)と云う、故に知んぬ、余行を廃するなり。不専と言うは「不敢(ふかん)軽慢(きょうまん)と云うが如く是れ決定なり、故に正経に「不肯(ふこう)読誦(どくじゅ)と云うなり。

   摂受をしりぞけ、折伏門をしめす  につづく

末法相応抄 目次
六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-12-31 22:57 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 31日

末法正業の題目を説く 【末法相応抄】四 


 問う、又云わく、
転重軽受鈔十七-二十九に云わく「(いま)日蓮法華経一部読んで候、一句一偈(なお)授記(じゅき)(こうむ)れり、何に(いわん)や一部をやと(いよいよ)(たの)もしく候云云、此の文如何。

答う、此れは是れ身業(しんごう)読誦にして口業(くごう)読誦に非ざるなり。此の抄は文永八年辛未九月十二日(たつの)(ぐち)の後、相州(そうしゅう)()()に二十余日御滞留(たいりゅう)の間、佐州(さしゅう)(うつ)されんとする五日()(ぜん)十月五日の御書なり。此の時法華経一部(みな)御身に当てて之を読む故なり。

是の故に次ぎ上の文に云わく「不軽菩薩・覚徳比丘は身に当てて読み(まい)らせ候、末法に入って日本国当時は日蓮一人と見えて候」云云。前後の文相(もんそう)分明なり、正に是れ身業読誦なり、(なん)ぞ此の文を引いて口業の読誦を証せんや。

下山抄二十六-三十七に「法華経一部読み(まい)らせ」等の文の意も(また)(しか)なり云云。

問う、日辰が御書抄の意に謂わく「身業(すで)(しか)り、口業も亦然らん」云云、此の義如何。

答う、今反難(はんなん)して云わく、()し爾らば不軽菩薩は(ただ)身業に読誦して口業に読誦せざるは如何。

宗祖の云わく不軽(ふきょう)菩薩は身に当てて読み進らせ候」云云。(あに)身業の読誦に非ずや。(また)経(常不軽品)に云わく「不専読誦経典(たん)(ぎょう)礼拝」云云。(むし)ろ口業不読に非ずや、何ぞ必ずしも一例ならんや。

問う、彼の抄次ぎ上に観行即の例を引いて云わく「行ずる(ところ)言う所の如く、言う(ところ)行ずる所の如し」云云。(あに)身口一例に非ずや。

答う、此れは是れ(ずい)()転用(てんゆう)なり、今の所引(しょいん)の意は行者の所行(しょぎょう)は仏の所言の如く、仏の所言は行者の所行の如し云云。仏の所言は即ち是れ経文なり。故に次ぎの文に云わく「彼の経文の如く振舞う事(がた)く候」云云。

問う、真間(まま)の供養抄に云わく「法華経一部を仏の御六根に読み入れ進らせて生身(しょうしん)の教主釈尊に成し進らせ返って迎い進らせ給え」等云云、此の文如何。

答う、(しばら)く一縁の(ため)(なお)造仏を歎ず。故に知んぬ、開眼も亦()(よろ)しきに(したが)うか。

宗祖云わく「仏の御意は法華経なり、日蓮が魂は南無妙法蓮華経なり」云云。

問う、又日辰が記に云わく「法蓮慈父(じふ)十三年の為に法華経五部を転読す、()し読誦を以て(ぼう)(ざい)に属せば何ぞ之を責めずして(かえ)って(しょう)(たん)したもうや」云云、此の難如何。

答う、一経読誦を許さざる所以(ゆえん)は是れ正業を妨げ折伏を()ゆるが故なり、(なん)ぞ読誦を以て直ちに謗罪に属せんや、法蓮(いとま)の間に或は一品二品之を読み(つい)に五部と成る。本意に非ずと(いえど)も而も弘通(ぐつう)の初めなり、況や日本国中一同に称名(しょうみょう)念仏三部経等なり、而るに法蓮、妙経を読誦す、(あに)称歎せざらんや。

問う、又云わく「若し不雑(ふざつ)()(ぶん)の四字に依り一部読誦を禁制せば何ぞ(また)方便・寿量を読誦するや、是れ亦題目の外の故なり」云云、此の難如何。

答う、「不雑余文」の四字に()るに非ず、正しく「不許(ふこ)一経読誦」の六字に依るなり。

問う、又云わく「(なお)一経の読誦を許さずとは末法初心の正業に約す、若し助行に至っては之を許すべき旨分明(ふんみょう)なり」云云、此の義如何。

答う、若し(しか)らば其の分明の文如何。

四信抄の意の謂わく「若し正業に於ては専ら題目を持ちて余文を雑えず、若し助業に於いても(なお)一経の読誦を許さず、(いか)に況や五度をや」云云。

  不軽菩薩の不専読誦を説き明かす  につづく

末法相応抄 目次
六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-12-31 19:20 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 31日

法華経一部への執着を破す 【末法相応抄】三


 問う、又云わく「蓮祖自筆の
紺紙(こんし)金泥(こんでい)の法華経一部富士重須(おもす)に之在り、書写即読誦なり」云云、此の義如何(いかん)

答う、(ただ)重須に在るのみに非ず又大石にも之有り。所謂(いわゆる)宗祖自筆の一寸八分細字の御経一部一巻、又開山上人自筆の大字、細字の両部是れなり。此れ(また)前の如く自他行業の御暇の時々、或は二行三行五行七行之を書写し、(つい)に以て巻軸(かんじく)を成ず。是れ滅後に留めんが為なり。故に()化他に当る。(なん)ぞ必ずしも書写即読誦と云わんや。

問う、又云わく「(しょう)御影(みえい)の御前に法華一部有り、(だい)曼荼羅(まんだら)の宝前に(また)之を安置し住持毎日三時の勤行は即ち机上(きじょう)の八軸に向かう」等云云、此の事如何。

答う、世人は(ただ)眼に法華経を見て此の経の謂われを知らざる故なり。

秘法抄十五-三十三に云わく「法華経を諸仏出世の大事と説かれて候は、此の三大秘法を含めたる経にて渡らせ給えばなり」云云。(すなわ)ち此の意を以て之を安置(あんち)する者なり。

問う、又云わく「日代は是れ日興の補処(ふしょ)なり。正慶二年二月七日、師入滅の(のち)、御追善の(ため)日代法華一部を石に記して重須(おもす)開山堂の下に納め、之を石経と名づく。其の石の大いさ(たなごころ)の如く或は大小有り、日辰等之を見る、其の石の文、時に観音品(かんのんぼん)なり」云云、此の事如何。

答う、(ひん)(ずい)の現証に由るに(まさ)に是れ迷乱なるべきか。既に是れ補処なり、更に大罪無し。若し迷乱に非ずんば(なん)ぞ之を擯出せん、補処と云うと(いえど)も何ぞ必ずしも(あやま)り無からん、例せば慈覚等の如し云云。

  正業の題目を説く につづく

末法相応抄 目次
六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-12-31 19:15 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 31日

日本国一同に日蓮が弟子檀那と為りと説いた【諸人御返事】

【諸人御返事】
■出筆時期:弘安元年(西暦1278年)三月二十一日 五十七歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:鎌倉幕府が計画していた諸宗派との公場対決(公の場での法論)への日蓮大聖人の気構えを弟子、在家の信徒に宛てた書状となっている。
簡潔な文の中に、この法論で「日本国一同に日蓮が弟子檀那と為り」と記し、揺るぎない自信に満ちあふれている。しかし残念ながらついに公場対決が実現することはなかった。
■ご真筆: 千葉県松戸市 本土寺 全文所蔵。(重要文化財)
f0301354_1994551.jpg


[諸人御返事 本文]

 三月十九日の和風(つかい)並びに飛鳥(ふみ)、同じく二十一日戌(いぬ)の時到来す。
日蓮一生の間の祈請、並びに所願忽ちに成就せしむるか。将又五五百歳の仏記宛かも符契の如し。
所詮真言・禅宗等の謗法の諸人等を召し合せ、是非を決せしめば日本国一同に日蓮が弟子檀那と為り、我が弟子等の出家は主上・上皇の師と為らん、
在家は左右の臣下に列ならん。将又、一閻浮提(※:全世界)皆此の法門を仰がん。幸甚幸甚。

弘安元年三月二十一日戌時   日  蓮 花押

諸人御返事

by johsei1129 | 2014-12-31 18:58 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 31日

一部読誦の執着を破す 【末法相応抄】二


次ぎに外難を遮すとは、 問う、(にっ)(しん)が記に云わく「蓮祖身延九箇年の間読誦する所の法華経一部手に触るる分、黒白色を分かつ。十月中旬二日九年読誦の行功を拝見せしむ」云云、此の事如何(いかん)

答う、人の(ことば)(あやま)り多し、但文理に随わん。

天目(てんもく)日向(にこう)問答記(もんどうき)に云わく「大聖人一期(いちご)の行法は本迹なり、毎日の勤行は方便・寿量の両品なり、御臨終の時(また)(また)(しか)なり」云云。既に毎日の勤行は但是れ方便・寿量の両品なり、何んぞ九年一部読誦と云うや。

(また)身延山抄十八-初に云わく「昼は終日(ひねもす)一乗妙典の御法を論談し、夜は竟夜(よもすがら)要文誦持(じゅじ)の声のみす」(新定二三〇六)云云。既に終日竟夜の御所作、文に在って分明なり、何ぞ一部読誦と云うや。
 又佐渡抄十四-五に云わく「眼に止観・法華を
(さら)し口に南無妙法蓮華経と唱うるなり」云云。
 故に知んぬ、並びに説法習学の
巻舒(けんじょ)に由って(まさ)に触手の分有り、(なん)ぞ一概に読誦に由ると云わんや。(しか)(また)三時の勤行、終日(しゅうにち)(ちゅう)()一乗論談、要文誦持、習学口唱の(ほか)(さら)(おん)(いとま)有れば時々(よりより)或は一品一巻(まさ)に之れを読誦したもうべし。然りと(いえど)も宗祖は是れ四重の浅深、三重の秘法(みなもと)(きわ)め底を尽くし、一代の聖教八宗の章疏(しょうしょ)(むね)()(たなごころ)に握る、故に自他の行業自在無礙(むげ)なること、譬えば魚の水に()れ、鳥の虚空に(かけ)るが如し。故に時々(よりより)に之れを行ずと雖も何んの妨礙(ぼうげ)有らんや、而るに那んぞ蓮師を引いて(たやす)く末弟に()せんや。


                     法華経一部への執着を破す  につづく
  
末法相応抄 目次  六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-12-31 16:24 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)