人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2014年 11月 02日 ( 4 )


2014年 11月 02日

第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは 一【三重秘伝抄】

 

 第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは、


 今「文底秘沈」と言うは上に論ずる所の三千は(なお)是れ脱益(だっちゃく)にして(いま)だ是れ下種ならず、若し其れ下種の三千は(ただ)文底に在るが故なり。
 問ふ、(いず)れの文底に在りと()んや。答ふ、古抄の中に種々の義あり、
 有るが(いわ)く、如来如実知見等の文底なり、此の文(のう)知見(ちけん)を説くと(いえど)(しか)も文底に(しょ)知見(ちけん)あるが故なり。
 有るが謂く、()好良薬(こうろうやく)の文底なり、是れ即ち良薬の体、妙法の一念三千なるが故なり云云。
 有るが謂く、如来秘密神通(じんつう)之力(しりき)の文底なり、是れ則ち文面に本地相即の三身を説くと雖も文底に即ち法体(ほったい)の一念三千を含む故なり云云。
 有るが謂く、但是れ寿量品の題号の妙法なり、一念三千の珠を(つつ)むが故なり。
 有るが謂く、通じて寿量一品の文を指す、是れ則ち発迹(ほっしゃく)顕本(けんぽん)の上に一念三千を(あら)わす故なり。
 有るが謂く、(ねん)()(じつ)成仏已来(いらい)の文なり、是れ則ち秘法抄に此の文を引きて(まさ)しく一念三千を証す、御義口伝()には事の一念三千に約して此の文を釈する故なり云云。
 有る師の云わく、本因妙を説くに但三妙を明かす、所謂(いわゆる)我本行は是れ行妙なり、菩薩道は是れ位妙なり、所成寿命は是れ智妙なり、故に天台云わく「一句の文三妙を(しょう)(じょう)す」等と云云。然るに妙楽云わく「一句の下は本因の四義を結す」と云云。是れ即ち智には必ず境あるが故なり。故に知んぬ、文面は(ただ)智行位の三妙と雖も文底に境妙を秘沈したまえり、境妙は即ち是れ一念三千の故に(しか)云うなり。


日享上人註解

○古抄とは、朝抄健抄等の如き御書を注釈した古書である。開目抄上の啓蒙に(くわ)てある。の中抄出(しょうしゅつ)である。

○如来如実知見等とは、能知見は果上の仏の知見で、所知見は因位の衆生の知見を指すが、仏知見は文上に(あら)衆生文底方便品十如実相一念三千文上で、寿量品如来如実知見一念三千文底であ相対浅義であ

○是好良薬とは、絶対的の()やうであ(ばく)浅義である。

○如来秘密神通之力とは、其の取りやう上の如来如実知見と酷似(こくじ)ていが、衆生相対め、法体(ほったい)相対る、(しか)であって法体衆生()(むね)である。

○寿量品の題号とは、是又是好良薬と酷似してをる。

○通じて寿量の一品を指すとは、(もっと)漠然(ばくぜん)浅義全文通用狡猾(こうかつ)やうである。

〇然我実成仏等とは、上来の五義(みな)妥当ない日講(つい)自見吐露(とろ)である。練磨実義()(せつ)高尚肯綮(こうけい)(あた)

○秘法抄等とは、三大秘法抄の「寿量品に云わく然るに我実に成仏して已来(いらい)無量無辺等云云世尊久遠(くおん)(じつ)(じょう)当初(そのかみ)一念三千り」であ

○有る師の説に云わく等とは、此の義(ようや)正義()しい(ことば)ぬ。

○智行位等とは、境智行位の四妙は迹門の十妙の中で衆生発智の順序ぢゃから、本門で果上の十妙を明かす時は無用である。故に此の迹門の四妙は十門では本因妙の中に含む四義となるのである。

第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは 二 に続く

三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次




by johsei1129 | 2014-11-02 22:50 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 02日

第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示すとは 七【三重秘伝抄】

 
 次に迹門百界千如の文とは、本尊抄八-十八に云く「迹門は始成正覚の仏、本無今有・百界千如(せんにょ)を説き、本門は十界久遠の上に国土世間(すで)に顕わる」等と云云、迹門は未だ国土世間を明かさざる故に百界千如に限るなり。(しか)るに迹門方便品に一念三千を説くと云ふは、正しく必ず()るところ有るが故に与えて(しか)云ふなり。若し奪って之を論ぜば、迹門は但是(ただこれ)百界千如なり。本尊抄に云く「百界千如と一念三千と差別如何。答えて曰く、百界千如は有情界(うじょうかい)に限り、一念三千は情・非情に(わた)」と云云。


日享上人註解

○国土世間既に顕わる等とは、寿量品の「(これ)よりこのかた(われ)(つね)に此の娑婆(しゃば)世界に在りて説法教化す」等の文に顕はれてをる、(いわん)や余仏は久遠を説かず娑婆を穢土(えど)と嫌ふ。(しか)るに本仏は久遠常住の寂光土(じゃっこうど)称せらる。是本門独歩(どっぽ)の法門である。

○百界千如に限るとは、本門では百界千如の上に衆生・五蘊(ごおん)・国土の三世間を乗じて三千とするけれども、迹門には本国土妙(あらわ)れざる故に千を成ぜず百界千如のみである。

○情非情に(わた)は、十界十如相貌(そうみょう)であるから百界千如である。三千()三世衆生世間有情(うじょう)であ五蘊世間情非情(わた)国土世間である。一念三千情非情()抄に(しか)である。

第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは 一 に続く


三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-11-02 19:10 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 02日

第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示すとは 六【三重秘伝抄第一】


(いわ)んや(また)久成を以って始成を奪う(とき)真の一念三千に非ざること汝亦之を知れり。若し実に然らずんば蓮祖何ぞ無実を以て台宗を破すべけんや。次の文に云わく「本門に至りて始成正覚を破れば四教の果を破る。四教の果を破れば四教の因破れぬ。爾前迹門の十界の因果を打ち破って本門十界の因果を説き顕す。是れ即ち本因本果の法門なり、九界も無始の仏界に()仏界十界互具一念三千云云。
 始成正覚我実成仏已来(このかた)無量無辺云云是れ即ち爾前迹門の始成正覚を一言に大虚妄(だいこもう)なりと破る文なり。天台云く云云。宗祖云く云云。「四教の果を破れば四教の因破る」等とは広くは玄文第七巻の如し、此の中に「十界の因果」とは是れ十界各具の因果には非ず、因は是れ九界、果は是れ仏界の故に「十界の因果」と云ふなり、並びに釈尊の因行を()げて通じて九界を収むるなり、「是れ則ち本因本果の法門」とは(ここ)深秘(じんぴ)の相伝有り、所謂(いわゆる)文上と文底なり、今は(しばら)文上に約して此の文を消するなり。本因は即ち是れ無始の九界なり、故に経に云く「我(もと)菩薩の(どう)を行ぜし時、成ずる所の寿命、今(なお)未だ尽きず」等云云。天台云く「所住に登る(すで)(じょう)寿(じゅ)()等と云云。既に是れ本因常住なり、故に「無始の仏界」と云ふ、本因(なお)常住なり、何に況んや本果をや。故に経に云く「我実に成仏してより已来(はなは)大いに久遠にして寿命無量阿僧祇劫なり、常住にして滅せず」と云云。既に是れ本果常住なり、故に「無始の仏界」と云ふ。本有(ほんぬ)常住(じょうじゅう)名体(みょうたい)()じつ)
の一念三千なり。故に真の十界互具・百界千如・一念三千と云ふなり。

日享上人註解

○蓮祖何ぞ無実を以て等とは、天台所依(しょえ)の法華経(ことごと)是真実であるなら宗祖が天台過時と(しりぞ)け給ふは無実の()(ごん)であろう末法無益と破し給ふは欺罔(ぎもう)(きょう)()であろう、大聖(みだ)りに此の様な()(げん)を吐き給はんや。故に到る(ところ)に時機に約して切実に末法の要行を説いて空理(かん)(げん)破斥(はしゃく)せらるゝのである。

○無始仏界○無始九界とは、無始は最初の別名である。法は常住であるから過去は無始で未来は無終である。又九界に約すれば本因妙で、仏界に約すれば本果妙である。

○経に云わく我実等とは、寿量品の報仏菩提(ぼだい)本門久遠正覚(しょうかく)伽耶(がや)()(じょう)(はら)御文である。

○天台云云、宗祖云云とは文証()(ばく)引文である。

○玄文第七とは、玄義七に広く本門の十妙を明かすの下に(くわ)()である。

○深秘相伝とは、(ここ)文上文底第二文底秘沈抄相伝てある。

○今且く文上に約すとは、今文は本迹相対の上の法門であるから本門当分の義で判釈を加へてをく。故に本因と云ふも本果と云ふも(ただ)(これ)文上(もんじょう)辺にり、久遠元初文底ていない文亦此

○経に云わく我本行等とは、天台に従へば我本行菩薩道は本因妙の文で、所成寿命等は本寿命妙の文である。

○天台云わく登初住時等とは、我本行菩薩道を釈する文句九の文である、文上の本門は初住位から本因妙に取ってある。其れは仏円因行を修して初住位に登った時は既に常住の寿命を得てをらるゝ。其の因寿命尽き難うして上(経文)の無量阿僧(あそう)祇劫(ぎこう)である、()寿常住寿(なお)(さら)あるべきであである。

○経に云わく我実成仏等とは、本果妙の文である。

○本有常住名体俱実等とは、迹門の一念三千は本有(ほんぬ)常住根底本無(ほんむ)(こん)()有名(うみょう)無実であも、本門の一念三千久遠常住根底本有常住であ名体(みょうたい)()(じつ)である。

 第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示さば 七 に続く

三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次




by johsei1129 | 2014-11-02 19:08 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 02日

第六に本迹相対して一念三千を明かすことを示すとは 五【三重秘伝抄】


問ふ、又啓蒙(けいもう)に云く「既に二乗作仏の下に(おい)て多宝・分身を引きて真実の旨を定めたり、故に未だ発迹顕本せざる時も真の一念三千にして二乗作仏も定まれり。(しか)るに今、真の一念三千顕われず二乗作仏も定まらずとは久成を以て始成を奪う(ことば)なり。(かく)の如く久成を以って始成を奪う元意(がんい)は天台過時の迹を破せんが為なり」云云、此の義如何。
 難じて云く、(つたな)いかな日講、竊盗(せっとう)を行なう者は現に衣食(えじき)の利あり、何ぞ明文を()げて強いて己情に会すや、妙楽の云く「(およ)そ諸の法相(ほっそう)は所対不同なり」と、宗祖云く「所詮所対を見て経々の勝劣(しょうれつ)を弁ずべきなり」等云云。上に多宝・分身を引き真実の(むね)を定むることは是れ爾前の方便に対する故なり、是の故に彼の(けつ)(もん)に云く「此の法門は迹門と()(ぜん)と相対するに」等云云。今「真の一念三千も顕われず」等と云ふは是れ本門に対する故なり、()の故に「未だ発迹顕本せざれば」等と云ふなり。同じく迹門と雖も而も所対に随って虚実(きょじつ)(てん)(べつ)なり。若し強いて(しか)らずと言はゞ重ねて難じて云く、一代聖教(みな)是れ真実ならんや、既に上の文に言わく「一代五十年の説教は外典外道に対すれば大乗なり、大人の実語なり」、日講如何。()


日享上人註解

○啓蒙に云く等とは、日講の意に迹門と云へども多宝の証明ありて真実の経となった上は、仮令(たとい)発迹顕本無くとも迹門の一念三千は真実であって二乗作仏は決定的である、(ただ)し宗祖が今の文に「顕れず」「定まらず」と仰せあるは本門()(じょう)(くみ)して迹門()(じょう)を奪うたもので其れは天台過時の迹を破せんが為じゃと云って強いて本迹一致を立つる事は例の執見病である(もと)より本地開顕の上には大小権迹(いず)れの法も皆真実と変化してをるけれど、()の時は(ただ)一本門のみあって大小権迹の名義は自ら亡泯(ぼうみん)しておる(しか)るを(なお)迹門真実とする開会(かいえ)爾前得道一般大聖人の極(きら)であ(ここ)本師激語って()盗賊には衣食利益って明文()やとである。

○彼の結文とは、開目抄上の「此の法門は迹門と爾前と相対して爾前の強き様におぼゆ、若し爾前強るならば舎利弗等の諸の二乗は(よう)()成仏(じょうぶつ)し」であり、(もっぱ)真実をあである。

第六に本迹相対して一念三千を示すとは 六 に続く

三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次




by johsei1129 | 2014-11-02 19:02 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)