人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2014年 10月 25日 ( 2 )


2014年 10月 25日

第四に一念に三千を具する相貌を示すとは 【三重秘伝抄】


 第四に一念に三千を具する
相貎(そうみょう)を示すとは、

 問う、止観第五に云わく、此の三千一念の心に在り等云云、一念の微少何ぞ三千を()せんや、
 答う、凡そ今経の意は具遍を明かす、故に法界の全体一念に具し、一念の全体法界に遍す。
(たと)ば一微塵(みじん)に十方の分を具へ、一滴の水の大海に(あまね)きが如し云云。

華厳経に云く、心は(たく)みなる画師の種々の五陰を造る、一切世間の中に法として造らざること無し等云云。
 問う、画師は(ただ)(これ)一色(えが)く、何ぞ四心を画くことを得んや。
 答ふ、色心(とも)に画く故に種々の五陰を造ると云うなり。故に止観第五二十一に云く、善画は像を写すに真に(せま)り、骨法精霊の生気飛動するが如し云云。誰か鐘馗(しょうき)を見て喜ぶと云うべけんや、誰か布袋(ほてい)を見て(いか)れると云うべけんや。故に知んぬ、善く心法を画くなり、止観に又(さん)()を明かす云云。
 又二寸三寸の鏡の中に十丈・百丈・乃至山河を現ず、況んや石中の火・木中の花、誰か之を疑ふべけんや。
 弘の五上に心論を引て云く、()(どう)女長者、伴を随え海に入り宝を()らんと欲し、母に従りてより去らんことを求む。母の云く、吾唯汝のみあり何んぞ吾を捨てゝ去るや、母()の去らんことを恐れ、便ち其の足を(とら)う、童女便ち手を以て母の髪を捉うるに一(けい)の髪落つ、母すなわち放ち去る。海洲の上に至るに熱鉄輪の空中より()の頂上に下臨するを見る、便ち誓いを発して言わく、願わくば法界の苦皆我が身に集まれと、誓願力を以ての故に火輪遂に落ち(ここ)(おい)身を捨て天に生まる、母に違ひて髪を損ずるは地獄の心を成し、弘誓の願いを発すは即ち仏界に属す等云云。一念の心中(すで)に獄と仏とを(そな)ふ、中間の互具は准説(じゅんせつ)して知るべし云云。
 本尊抄に云く、数々(しばしば)他面を見るに、(ある)時は喜び、或時は(いか)り、或時は(たいら)かに、或時は(むさぼり)現われ、或時は(おろか)現われ、或時は諂曲(てんごく)なり。瞋るは地獄、貪るは餓鬼、痴は畜生、諂曲なるは修羅・喜ぶは天・平かは人なり、乃至(ないし)世間の無常は眼前に在り、人界に(あに)二乗界なからんや。無顧(むこ)の悪人(なお)妻子を慈愛す、菩薩界の一分なり、乃至末代に凡夫出生して法華経を信ず、人界に仏界を具するが故なり略抄。法華経を信ずる等の文、深く之を思うべし云云。
 妙楽云わく、仏界の心強きを(なづ)けて仏界となし、悪業深重なるを名けて地獄となす云云。既に法華経を信ずる心強きを名けて仏界となす。故に知んぬ、法華経を(そし)る心強きを悪業深重と号し、地獄界と名づくるなり。

故に知んぬ一念に三千を()すること明らかなり。

日享上人 註解

○一念心とは、ヒトヲモヒの心、(すなわ)刹那(せつな)止観一念三千る。

○華厳経に云はくとは、経の十八、如来林菩薩の説ける()(もん)である。

○一色とは、一色とは(ゆい)(しき)青等色、()他種々間色ではい。

○四心とは、未念・欲念・念・念已(ねんい)精神作用未念ときはんととき念ひつときである。

○色心(とも)は、骨格容貌(もと)り、ふ。

○善画とは、巧妙なる画工の事である。

○骨法精霊とは、骨法は物体の色法、精霊は其の心法である、其れが絵画で無くて真の生物の如く生々(いきいき)して美人画愛着幽霊図恐怖る、名画()った飛び去り、(つな)った寓話であ

○鐘馗とは、鬼神の名を人名に取ったのであらう、後漢に李鐘馗あり隋に(きょう)鐘馗、揚鐘馗、唐に張鐘馗と云ふ人があった、明皇帝が大鬼小鬼を制するを夢に見て呉道子に画かせた、更に此れを版画にして臣下に賜はった、是が即ち鐘馗の図で怒髪(どはつ)天に逆だち(つるぎ)()げて鬼を叱咤(しった)する状、真に恐るべきもの、此れが(ここ)に云う鐘馗である
○布袋とは、又支那の僧で
豊頬曲(ほうきょうきょく)()大耳(だいじ)笑貌(しょうぼう)便々巨大布袋小児懐従(かいじゅう)である。

()は、摩訶止観解釈せる妙楽弘決(ぐけつ)()(ぎょう)十巻上下った上巻である。

○海州とは、大海の中の島嶼(とうしょ)である

○熱鉄輪とは、焼けて赤くなった鉄丸。

○法界苦とは、十方世界に充ちたらん一切の苦しみである。

○火輪とは、火の玉の事。

○准説等とは、上に引ける慈童女の一念の中に極悪の地獄の心と極善の仏の心とを同時に(そな)ば、中間畜生にも無論の事である、(また)畜生人間十界互具慈童女長者わるである。

○平とは、喜怒哀楽等の情が(ひとえ)に際立ちて顕はれをらぬ事。

〇貪とは、ヤタラに物を欲しがる事。

○癡とは、物の道理が少しも分からぬ事。

諂曲(てんごく)とは、修羅(しゅら)の性格の一面で勝他の目的の為には(おのれ)()げて他に(へつら)ふこある。

無顧(むこ)悪人は、アトサキ見ず無法者眷属(けんぞく)愛撫(あいぶ)地獄修羅心中菩薩(そな)ってい現証である

凡夫(ぼんぷ)出生等は、凡夫(そく)(ごく)即身成仏実現末法大白法(だいびゃくほう)久遠(くおん)名字(みょうじ)妙法(なが)(みなも)仏界である。



   第五に権実相対して一念三千を明かすことを示すとは 一 に続く

三重秘伝抄 目次




by johsei1129 | 2014-10-25 22:34 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 25日

第三に一念三千の数量を示すとは【三重秘伝抄】

第三に一念三千の数量を示すとは、

 (まさ)に三千の数量を知らんとせば(すべから)く十界・三世間・十如の相を了るべし。十界は常の如し、八大地獄に各十六の別処あり、故に一百三十六通じて地獄と号するなり。餓鬼は正法念経に三十六種を明かし、正理論に三種・九種を明かす。畜生は魚に六千四百種、鳥に四千五百種、獣に二千四百種、合して一万三千三百種、通じて畜生界と名づくるなり。修羅は身長八万四千()(じゅん)、四大海の水も(ひざ)に過ぎず、人は即ち四大洲、天は即ち欲界の六天と色界の十八天と無色界の四天となり。二乗は身子・目連等の如し。菩薩は本化・迹化の如し、仏界は釈迦・多宝の如し云云。
 三世間とは()(おん)と衆生と国土となり。五陰とは色・受・想・行・識なり、言う所の陰とは正しく九界に約し、善法を陰蓋(いんがい)するが故に陰と名づくるなり、(これ)は因に()いて名を得。又陰は是れ積聚(せきじゅ)なり、生死重沓(じゅうとう)す、故に陰と名づく、是は果に就いて名を得たり。若し仏界に約せば常楽重沓し、慈悲覆蓋(ふくがい)するが故なり。次ぎに衆生世間とは十界通じて衆生と名づくるなり、五陰(かり)に和合するを名づけて衆生と云うなり、仏界は(これ)尊極の衆生なり。故に大論に曰わく、衆生の無上なるは仏(これ)なりと。(あに)凡下(ぼんげ)に同じからんや云云。三に国土世間とは則ち十界の居る所なり、地獄は赤鉄に(より)て住し、餓鬼は(えん)()の下五百由旬に住し、畜生は水陸空に住し、修羅は海の(ほとり)海の底に住し、人は大地に(より)て住し、天は空殿に依て住し、二乗は方便土に依て住し、菩薩は実報土に依て住し、仏は寂光土(じゃっこうど)に依て住し(たま)り云云。並びに世間とは即ち是差別の義なり、所謂(いわゆる)十種の()(おん)不同なる故に五陰世間と名づけ、十種の衆生不同なる故に衆生世間と名づけ、十種の所居不同なる故に国土世間と名づくるなり。
 十如是とは相・性・体・力・作・因・縁・果・報等なり。如是とは(たと)ば臨終に黒色なるは地獄の相、白色なるは天上の相等の如し。如是とは十界の善悪の性、其の内心に定まり後世まで改まらざるを性と云うなり。如是とは十界の身体色質なり。如是とは十界各々の作すべき所の功能なり。如是とは三業を運動し善悪の所作を行ふなり、善悪に(わた)りて習因習果あり、先念は習因、後念は習果なり。是(すなわ)ち悪念は悪を起こし、善念は善を起こす。後に起す所の善悪の念は前の善悪の念に由る故に前念は習因即ち如是因なり、後念は習即ち如是果なり。善悪の体を(うるお)す助縁は(これ)如是縁なり。習因習果等の業因に(むく)て正しく善悪の(むくい)くるは(これ)如是報なり。初めの相を本とし後の報を末とし、此の本末の其の(きわま)りて中道実相なるを本末究竟(くきょう)(とう)と云うなり云云。
 正しく一念三千の数量を示すとは、(まさ)に知るべし玄・文両部の中には(なら)びに(いま)だ一念三千の名目を明かさず、(ただ)百界千如を明かすなり、止観の第五巻に至りて正しく一念三千を明かすなり。此に二意あり、一には如是に約して数量を明かす、所謂(いわゆる)百界・三百世間・三千如是なり。二には世間に約して数量を明かす、所謂百界・千如是・三千世間なり。開合異なると雖も同じく一念三千なり云云。()


日享上人註解

○色受想行識とは、色は色形で衆生の肉体及び草木国土等である、受は衆生が外界に在る物を我が身に受け納るゝこと、想は一たび受け()れたるものを常に想うて忘れぬこと、行は此の想ひに()りて起す所の所業である、識は以上の事をより起さしむる意識(すなわ)ちこゝろである。

○衆生等とは、地獄餓鬼等の十種の生類が共に生じ共に住し共に滅する辺を云ふのである。

○方便土とは、欲、色、無色の三界の外に在る世界で証果の阿羅漢のみ住する所である。

実報土(じっぽうど)とは、方便土の(ごと)く三界の外で菩薩行道の果報に依りて住する黄金世界である。

○寂光土とは、前の方便実報両土の如く限られた界外の事土でなく、界内界外、浄土、穢土(えど)を問はず事理不二で自受用報身仏の大功徳清浄なる楽土ずるをふのである。

(にょ)()とは、如は空の義、真の義・()()の義・事の義・如是と合字すれば中の義に成り、(くう)仮中(けちゅう)の三(たい)を成ずるので相性体等の十如是は即空仮中道の実相である。

○相とは、外に在りて見るべきもの即ち皮相である。

○性とは、内に在りて見るべからざるもの、即ち性分である。

○体とは、外相と内性とを裏表に(そな)へて一身を支持するもの。

○力○()とは、力は原動力で作は動力の現はれたるもの。

○因〇縁とは、因は主因で縁は助縁で(なお)主判の関係と同じ。

〇果○報とは、果は必然の結果で報は必然の報酬である、即ち果報の関係には前後冥現の別がある。

○本末等とは、九如の末の報が即ち次ぎの始めの相となるから十如の本末の連鎖となりて循環(きわま)り無き点位は此の第十の本末究竟(くきょう)(とう)である。

○玄文両部○百界千如とは、文句には十界の(おのおの)に十界を具へ又()れに十如是を具ふるから千如となる事だけを明かし、玄義には一法界に九法界を具ふれば百法界に千如是となる(よし)を明かしてあるだけで、共に未だ三千の数には説き及ぼして無い。

○開合雖異とは、三千如是は開であり三百世間は合である、又三千世間は開であり千如是は合である。開は広がる意味、合は(ちぢ)意味である

第四に一念に三千を具する相貌を示すとは に続く

三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次




by johsei1129 | 2014-10-25 15:27 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)