人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2014年 10月 17日 ( 3 )


2014年 10月 17日

日寛上人、一行の御文から万法をひらく【三重秘伝抄第一】

三重秘伝第一

日寛(つつし)


 正徳第三癸巳(みつのとみ)予四十九歳の秋、時々御堂に於て開目抄を講じ、而て文底秘沈(もんていひちん)の句に至るに其の義甚深にして其の意難解(なんげ)なり。所以に文に三段を分ち義に十門を開く。草案已に畢りて清書未だ成らず、(むな)しく笈の中に(おさ)めて之を披くに(いとま)あらず。
 而る後、享保第十乙巳、予六十一歳の春、
逅邂(こうかい)之を閲するに疎略(やや)多し、故に(ほぼ)添削を加う、敢えて未治の本を留むることなかれ。
 然るに此の抄の中には多くの
大事(だいじ)を示す、此れは是れ(ひとえ)令法(りょうぼう)久住(くじゅう)の為なり、末弟等深く吾が意を察せよ云云。


 日享上人 註解 

○三重等とは、(ごん)(じつ)本迹(ほんじゃく)(しゅ)(だつ)の三相対にして下の第二、文相の大旨を示す等の下に明らかである。此の三重の妙旨は興目嫡流(ちゃくりゅう)にのみ伝ふる所で他門の日蓮各宗の知る所ではないから秘伝と云ふのである。
○抄とは、普通の解釈の通りでよい。本師経釈祖判に依りて此れを抄録せられたのである。
○第一とは、再治本の六巻の第一にある調巻の次第である、草庵本も亦此の序文に依れば第一の始めであったのである。

○於御堂等とは、正徳元年六月師範本山隠居日永上人の召に応じ、上総国細草檀林の化主を辞して登山し、学頭寮に入り事実初代の学頭と為りて祖書の(こう)(えん)である、永上人経営家であった日宥(にちゆう)勇退以後廃絶(まま)蓮蔵中興学頭寮隠棲し、愛弟本師期待()講学復興た、本師講筵学寮であった聴衆等都合間々御堂開目抄(ばか)い。此れ已下享保(きょうほ)三月廿昇進六巻抄草本ったものであろう

○文底秘沈の句とは、本抄の冒頭に標出する開目抄の一念三千云云の文である。

○三段、十門とは、本抄始めの釈文に委しく名目を出してある。

 草案とは稿本即ち、したがきである。

○虚とは、格別に使用せずして(いたずら)手文庫込んだのをふ。

○逅邂とは、普通邂逅と書く、偶然であり何の気無しに云ふと同じ。

○添削とは、足らざるを添へ余れるを削って加減能くする。

○未治本とは、草稿の儘で一回も修治を経ぬ書き放しのもの、未治本として現在する物は雪山文庫に在る末法相応抄であること前の総序に委しく書いてをいた。

○大事とは、宗門の一大事仏家の肝心たる法華本門寿量文底事の一念三千等,他宗他門の徒の(うかが)ひ知る(あた)一大事である。

○末弟等とは、近く直接に此れを云へば当時の僧弟子達で間接には当流の信者即俗弟に被り、遠く此れを云へば未来の僧俗一般に及ぶのである。

○吾が意とは、正義宣揚令法久住の御意衷である。

 已上の註解は本抄の序の文より摘出して加へたのであるが、已下五巻一々に序文が設けられてある。


               一念三千に十門の義 に続く

三重秘伝抄 目次  六巻抄 目次 


()()()()()()()()()()()(
)


()()()()(
)




by johsei1129 | 2014-10-17 23:48 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 17日

末法に日本国に於て地涌の菩薩、法華経の肝心を流布せしむ可きと断じた書【曾谷入道殿許御書】三

【曾谷入道殿許御書 本文】 その三

 大覚世尊(釈尊)、仏眼を以つて末法を鑒知し、此の逆・謗の二罪を対治せしめんが為に一大秘法を留め置きたもう。所謂法華経本門久成の釈尊・宝浄世界の多宝仏・高さ五百由旬、広さ二百五十由旬の大宝塔の中に於て、二仏座を並べしこと、宛も日月の如く十方分身の諸仏は高さ五百由旬の宝樹の下に五由旬の師子の座を並べ敷き、衆星の如く列坐したもう。四百万億那由佗の大地に三仏二会に充満したもうの儀式は、華厳寂場の華蔵世界にも勝れ、真言両界の千二百余尊にも超えたり一切世間の眼なり。此の大会に於て六難九易を挙げて法華経を流通せんと諸の大菩薩に諌暁せしむ。金色世界の文殊師利、兜史多宮の弥勒菩薩、宝浄世界の智積菩薩、補陀落山の観世音菩薩等、頭陀第一の大迦葉、智慧第一の舎利弗等、三千世界を統領する無量の梵天、須弥の頂に居住する無辺の帝釈、一四天下を照耀せる阿僧祇の日月、十方の仏法を護持する恒沙の四天王、大地微塵の諸の竜王等我にも、我にも此の経を付属せられよと競い望みしかども、世尊都て之を許したまわず。爾の時に下方の大地より未見・今見の四大菩薩を召し出したもう。所謂上行菩薩・無辺行菩薩・浄行菩薩・安立行菩薩なり。此の大菩薩各各六万恒河沙の眷属を具足す。形貌威儀言を以て宣べ難く心を以て量るべからず。初成道の法慧・功徳林・金剛幢・金剛蔵等の四菩薩各各十恒河沙の眷属を具足し、仏会を荘厳せしも、大集経の欲・色二界の中間大宝坊に於て来臨せし十方の諸大菩薩、乃至大日経の八葉の中の四大菩薩も、金剛頂経の三十七尊の中の十六大菩薩等も、此の四大菩薩に比きょうすれば猶帝釈と猿猴と華山と妙高との如し。弥勒菩薩、衆の疑を挙げて云く「乃一人をも識らず」等云云。天台大師云く「寂場より已降今座より已往十方の大士来会絶えず限る可からずと雖も、我れ補処の智力を以て悉く見・悉く知る。而も此の衆に於ては一人をも識らず」等云云。妙楽云く「今見るに皆識らざる所以は乃至智人は起を知り蛇は自ら蛇を識る」等云云。

 天台又云く「雨の猛きを見て竜の大なるを知り、華の盛なるを見て池の深きを知る」云云。例せば漢王の四将の張良・樊かい・陳平・周勃の四人を商山の四皓・綺里枳・角里先生・東園公・夏黄公等の四賢に比するが如し。天地雲泥なり。四皓が為体頭には白雪を頂き、額には四海の波を畳み、眉には半月を移し、腰には多羅枝を張り、恵帝の左右に侍して世を治められたる事、尭舜の古を移し、一天安穏なりし事、神農の昔にも異ならず。此の四大菩薩も亦復是くの如し法華の会に出現し三仏を荘厳し、謗人の慢幢を倒すこと大風の小樹の枝を吹くが如く、衆会の敬心を致すこと、諸天の帝釈に従うが如く、提婆が仏を打ちしも舌を出して掌を合せ、瞿伽梨が無実を構えしも地に臥して失を悔ゆ。文殊等の大聖は身を慙ぢて言を出さず。舎利弗等の小聖は智を失して頭を低る。爾の時に大覚世(釈尊)尊寿量品を演説し、然して後に十神力を示現して四大菩薩に付属したもう。其の所属の法は何物ぞや。法華経の中にも広を捨て略を取り、略を捨てて要を取る、所謂妙法蓮華経の五字・名・体・宗・用・教の五重玄なり。例せば九苞淵が相馬の法には玄黄を略して駿逸を取り、史陶林が講経の法には細科を捨て元意を取るが如し等。此の四大菩薩は釈尊成道の始、寂滅道場の砌にも来らず如来入滅の終りに抜提河の辺にも至らず、しかのみならず霊山八年の間に進んでは迹門序正の儀式に文殊・弥勒等の発起影向の諸聖衆にも列ならず、退いては本門流通の座席に観音・妙音等の発誓弘経の諸大士にも交わらず、但此の一大秘法を持して本処に隠居するの後・仏の滅後正像二千年の間に於て未だ一度も出現せず、所詮・仏専ら末法の時に限つて此等の大士に付属せし故なり。法華経の分別功徳品に云く「悪世末法の時能く是の経を持つ者」云云。

 涅槃経に云く「譬えば七子の父母平等ならざるに非ず、然も病者に於て心則ち偏に重きが如し」云云。法華経の薬王品に云く「此の経は則ち為れ閻浮提の人の病の良薬なり」云云。七子の中に上の六子は且らく之を置く、第七の病子は一闡提の人・五逆謗法の者・末代悪世の日本国の一切衆生なり。正法一千年の前五百年には一切の声聞涅槃し了んぬ。後の五百年には他方来の菩薩・大体本土に還り向い了んぬ。像法に入つての一千年には文殊・観音・薬王・弥勒等・南岳・天台と誕生し、傅大士・行基・伝教等と示現して衆生を利益す。

【曾谷入道殿許御書 本文】 その四に続く

by johsei1129 | 2014-10-17 21:53 | 曾谷入道 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 17日

末法に日本国に於て地涌の菩薩、法華経の肝心を流布せしむ可きと断じた書【曾谷入道殿許御書】二

【曾谷入道殿許御書 本文】 その二

問うて曰く、今時の真言宗の学者等何ぞ此の義を存せざるや。答えて曰く、眉は近けれども見えず自の禍を知らずとは是の謂か。嘉祥大師は三論宗を捨てて天台の弟子と為る。今の末学等之を知らず、法蔵・澄観華厳宗を置いて智者に帰す。彼の宗の学者之を存せず、玄奘三蔵・慈恩大師は五性の邪義を廃して一乗の法に移る。法相の学者堅く之を諍う。
問うて曰く、其の証如何。答えて曰く、或は心を移して身を移さず、或は身を移して心を移さず、或は身心共に移し、或は身心共に移さず。其の証文は別紙に之を出す可し。此の消息の詮に非ざれば之を出さず。
 
 仏滅後に三時有り、所謂正法一千年・前の五百年には迦葉・阿難・商那和修・末田地・脇比丘等一向に小乗の薬を以て衆生の軽病を対治す。四阿含経・十誦八十誦等の諸律と相続解脱経等の三蔵を弘通して後には律宗・倶舎宗・成実宗と号する是なり。後の五百年には馬鳴菩薩・竜樹菩薩・提婆菩薩・無著菩薩・天親菩薩等の諸の大論師、初には諸の小聖の弘めし所の小乗経之を通達し、後には一一に彼の義を破失し了つて諸の大乗経を弘通す。是れ又中薬を以て衆生の中病を対治す。所謂華厳経・般若経・大日経・深密経等・三輪宗・法相宗・真言陀羅尼・禅法等なり。

 問うて曰く迦葉・阿難等の諸の小聖何ぞ大乗経を弘めざるや。答えて曰く、一には自身堪えざるが故に、二には所被の機無きが故に、三には仏より譲り与えられざるが故に、四には時来らざるが故なり。問うて曰く、竜樹・天親等何ぞ一乗経を弘めざるや。答えて曰く、四つの義有り先の如し。問うて曰く、諸の真言師の云く「仏の滅後八百年に相当つて 竜猛菩薩・月氏に出現して釈尊の顕経たる華厳・法華等を馬鳴菩薩等に相伝し大日の密経をば自ら南天の鉄塔を開拓し、面り大日如来と金剛薩たとに対して之を口決す。竜猛菩薩に二人の弟子有り。提婆菩薩には釈迦の顕教を伝え、竜智菩薩には大日の密教を授く。竜智菩薩は阿羅苑に隠居して人に伝えず、其の間に提婆菩薩の伝うる所の顕教は先づ漢土に渡る。其の後数年を経歴して竜智菩薩の伝うる所の秘密の教を善無畏・金剛智・不空・漢土に渡す」等云云。此の義如何。答えて曰く、一切の真言師是くの如し。又天台華厳等の諸家も一同に之を信ず、抑竜猛已前には月氏国の中には大日の三部経無しと云うか。釈迦よりの外に大日如来世に出現して三部の経を説くと云うか。顕を提婆に伝え、密を竜智に授くる証文何れの経論に出でたるぞ。此の大妄語は提婆の欺誑罪にも過ぎ瞿伽利の誑言にも超ゆ。漢土日本の王位の尽き両朝の僧侶の謗法と為るの由来、専ら斯れに在らずや。然れば則ち彼の震旦既に北蕃の為に破られ、此の日域も亦西戎の為に侵されんと欲す。此等は且らく之を置く。

 像法に入つて一千年、月氏の仏法、漢土に渡来するの間、前四百年には南北の諸師異義蘭菊にして東西の仏法未だ定まらず。四百年の後、五百年の前其の中間一百年の間に南岳天台等漢土に出現して粗法華の実義を弘宣したまう。然而円慧・円定に於ては国師たりと雖も、円頓の戒場未だ之を建立せず。故に国を挙つて戒師と仰がず、六百年の已後・法相宗西天より来れり太宗皇帝之を用ゆる故に、天台法華宗に帰依するの人漸く薄し。ここにに就いて隙を得て、則天皇后の御宇に先に破られし華厳亦起つて天台宗に勝れたるの由之を称す。太宗より第八代玄宗皇帝の御宇に真言始めて月氏より来れり。所謂開元四年には善無畏三蔵の大日経・蘇悉地経、開元八年には金剛智・不空の両三蔵の金剛頂経、此くの如く三経を天竺より漢土に持ち来り。天台の釈を見聞して智発して釈を作つて大日経と法華経とを一経と為し、其の上印・真言を加えて密教と号し、之に勝るの由、結句権経を以て実経を下す。漢土の学者此の事を知らず。

 像法の末八百年に相当つて伝教大師和国に託生して華厳宗等の六宗の邪義を糾明するのみに非ず。しかのみならず南岳・天台も未だ弘めたまわざる円頓戒壇を叡山に建立す。日本一州の学者一人も残らず大師の門弟と為る。但天台と真言との勝劣に於ては誑惑と知つて而も分明ならず。所詮末法に贈りたもうか。此等は傍論為るの故に且らく之を置く。吾が師伝教大師三国に未だ弘まらざるの円頓の大戒壇を叡山に建立したもう。此れ偏に上薬を持ち用いて衆生の重病を治せんと為る是なり。

 今末法に入つて二百二十余年、五濁強盛にして三災頻りに起り衆見の二濁国中に充満し逆謗の二輩四海に散在す。専ら一闡提の輩を仰いで棟梁と恃怙謗法の者を尊重して国師と為す。孔丘の孝経之を提げて父母の頭を打ち、釈尊の法華経を口に誦しながら教主に違背す。不孝国は此の国なり。勝母の閭他境に求めじ、故に青天眼を瞋らして此の国を睨み、黄地は憤りを含んで大地を震う。去る正嘉元年の大地動、文永元年の大彗星、此等の夭災は仏滅後二千二百二十余年の間、月氏・漢土・日本の内に未だ出現せざる所の大難なり。彼の弗舎密多羅王の五天の寺塔を焼失し、漢土の会昌天子の九国の僧尼を還俗せしめしに超過すること百千倍なり。大謗法の輩国中に充満し、一天に弥るに依つて起る所の夭災なり。
 大般涅槃経に云く「末法に入つて不孝謗法の者大地微塵の如し」取意。法滅尽経に「法滅尽の時は狗犬の僧尼・恒河沙の如し」等云云取意。今親り此の国を見聞するに、人毎に此の二の悪有り。此等の大悪の輩は何なる秘術を以て之を扶救せん。


【曾谷入道殿許御書 本文】 その三に続



by johsei1129 | 2014-10-17 21:27 | 曾谷入道 | Trackback | Comments(0)