人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ

2014年 09月 02日 ( 2 )


2014年 09月 02日

日興上人が、先師日蓮の門下が厳守すべきと記した二十六ヶ条の遺言【日興遺誡置文】その三

[日興遺誡置文 本文]その三  [英語版]

一、学問未練にして名聞名利の大衆は予が末流に叶う可からざる事。
大聖人は松野殿御返事 にて「末世には狗犬の僧尼は恒沙(ガンジス川の無数の砂)の如し、と仏(釈尊)は説かせ給いて候なり。文の意は末世の僧・比丘尼は名聞名利に著し、上には袈裟衣を著たれば形は僧・比丘尼に似たれども内心には邪見の剣を提げて我が出入する檀那の所へ余の僧尼をよせじと無量の讒言を致す」と、末法には名聞冥利の僧・尼がガンジス川の無数の砂のように数多く出現することを示し、日興上人もこの事を受け継ぎ弟子・信徒を諌めている。

一、予が後代の徒衆等権実を弁えざる間は父母師匠の恩を振り捨て、出離証道の為に本寺に詣で学文す可き事。
※注(父母師匠の恩を振り捨て)について日蓮大聖人の報恩抄その一を参照~ してください。

一、義道の落居無くして天台の学文す可からざる事。
※注(義道の落居):大聖人の法門の習得。

一、当門流に於ては御書を心肝に染め極理を師伝して若し間有らば台家を聞く可き事。
※注:大聖人は立正観抄の冒頭で「当世天台の教法を習学するの輩多く、観心修行を貴んで法華本迹二門を捨つと見えたり」と記し、仏法を学ぶ者が法華経を捨て天台の教門に傾倒する姿勢を強く戒めている。
立正観抄本文・その一を参照~

[日興遺誡置文 本文]その四に続く

by johsei1129 | 2014-09-02 23:52 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 02日

日興上人が、先師日蓮の門下が厳守すべきと記した二十六ヶ条の遺言【日興遺誡置文】その二

[日興遺誡置文 本文]その二  [英語版]

一、偽書を造つて御書と号し本迹一致の修行を致す者は師子身中の虫と心得可き事。
※注:一例として五老僧の一人日郎は、大聖人遷化の日に先師日蓮から自身に付属があったとする「日朗御譲状」なる右記の内容の書を偽造している。「譲与 南無妙法蓮華経・・・中略・・・一期之功徳無残所悉所付属日朗也。・・・略・・・・ 弘安五年十月三日 日蓮 花押」

一、謗法を呵責せずして遊戲雑談の化儀並に外書歌道を好む可からざる事。
※注:大聖人は松野殿御返事 で「受けがたき人身を得て適(たまた)ま出家せる者も、仏法を学し謗法の者を責めずして徒らに遊戯雑談のみして明し暮さん者は、法師の皮を著たる畜生なり。法師の名を借りて世を渡り身を養うといへども法師となる義は一もなし、法師と云う名字をぬすめる盗人なり」と、似非法師の存在を厳しく断じている。日興上人もこの先師の意向をそのまま受け継いでいる。

一、檀那の社参物詣を禁ず可し、何に況んや其の器にして一見と称して謗法を致せる悪鬼乱入の寺社に詣ず可けんや、返す返すも口惜しき次第なり。是れ全く己義に非ず、経文御抄等に任す云云。
※注:(経文御抄等に任す):大聖人は新池御書 にて「此の国は謗法の土なれば守護の善神は法味にうへて社をすて天に上り給へば、社には悪鬼入りかはりて多くの人を導く。仏陀化をやめて寂光土へ帰り給へば堂塔・寺社は徒に魔縁の栖と成りぬ。国の費・民の歎きにて・いらかを並べたる計りなり。是れ私の言にあらず経文にこれあり習ふべし。」と記している。

一、器用の弟子に於ては師匠の諸事を許し閣き、御抄以下の諸聖教を教学す可き事。
※注:大聖人は報恩抄にて「仏法を習い極めんとおもはば、いとまあらずば叶うべからず。いとまあらんとをもはば父母・師匠・国主等に随いては叶うべからず。是非につけて出離の道をわきまえへざらんほどは、父母師匠等の心に随うべからず」云々、と仏法を学ぶ弟子のあるべき姿を示している。
報恩抄 参照

[日興遺誡置文 本文]その三に続く

by johsei1129 | 2014-09-02 01:56 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)