人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2021年 11月 01日

妙法蓮華経 五百弟子受記品第八   訓読

妙法蓮華経 五百弟子受記品第八   漢訳

爾の時に富楼那弥多羅尼子(ふるなみたらにし)、仏に従いたてまつりて是の智慧方便随宜の説法を聞き、又諸の大弟子に、阿耨多羅三藐三菩提の記を授けたもうを聞き、復宿世の因縁の事を聞き、復諸仏の、大自在神通の力有すことを聞きたてまつりて、未曾有なることを得、心浄く踊躍し、即ち座より起ちて仏前に到り、頭面に足を礼して、却って一面に住し、尊顔を瞻仰して、目暫くも捨てず、而も是の念を作さく、
世尊は甚だ奇特にして、所為希有なり。世間若干の種性に随順して、方便知見を以って、為に法を説いて、衆生の処処の貪著を抜出したもう。我等仏の功徳に於いて、言をもって宣ぶること能わず。唯仏世尊のみ、能く我等が深心の本願を知しめせり。
爾の時に仏、諸の比丘に告げたまわく、
汝等、是の富楼那弥多羅尼子を見るや不や、我常に其の説法、人の中に於いて、最も第一なりと称し、亦常に其の種種の功徳を歎ず。精勤して我が法を護持し助宣し、能く四衆に於いて示教利喜し、具足して仏の正法を解釈して、大いに同梵行者を饒益す。如来を捨いてよりは、能く其の言論の弁を尽くすもの無けん。
汝等、富楼那は、但能く我が法を護持し、助宣すと謂うこと勿れ。亦、過去九十億の諸仏の所に於いても、仏の正法を護持し、助宣し、彼の説法人の中に於いても、亦最も第一なりき。
又諸仏所説の空法に於いて、明了に通達し、四無礙智を得て、常に能く審諦に清浄に法を説いて疑惑有ること無く、菩薩神通の力を具足し、其の寿命に随って、常に梵行を修しき。彼の仏世の人、咸く皆、之を実に是れ声聞なりと謂えり。而も富楼那は、斯の方便を以って、無量百千の衆生を饒益し、又無量阿僧祇の人を化して、阿耨多羅三藐三菩提を立てしむ。仏土を淨めんが為の故に、常に仏事を作して衆生を教化しき。
諸の比丘、富楼那は亦、七仏の説法人の中に於いて、第一なることを得、今我が所の、説法人の中に於いても、亦第一なることを為。賢劫の中、当来の諸仏の説法人の中に於いても、亦復第一にして、皆仏法を護持し、助宣せん。亦未来に於いても、無量無辺の諸仏の法を護持、助宣し、無量の衆生を教化し、饒益して、阿耨多羅三藐三菩提を立てしめん。仏土を浄めんが為の故に、常に勤めて精進し、衆生を教化せん。漸漸に菩薩の道を具足して、無量阿僧祇劫を過ぎて、当に此の土に於いて、阿耨多羅三藐三菩提を得べし。号を法明如来、応供、正徧知、明行足、善逝、世間解、無上士、調御丈夫、天人師、仏、世尊と曰わん。
其の仏、恒河沙等の三千大千世界を以って、一仏土と為し、七宝を地と為し、地の平かなること、掌の如くにして、山陵、谿澗、溝壑有ること無けん。七宝の台観、其の中に充満し、諸天の宮殿、近く虚空に処し、人天交接して両ら相見ることを得ん。諸の悪道無く、亦女人無くして、一切衆生、皆以って化生し、婬欲有ること無けん。大神通を得て、身より光明を出し、飛行自在ならん。志念堅固に、精進智慧あって、普く皆金色に、三十二相をもって自ら荘厳せん。其の国の衆生は、常に二食を以ってせん。一には法喜食。二には禅悦食なり。無量阿僧祇千万億那由佗の諸の菩薩衆有り、大神通、四無礙智を得て、善能く衆生の類を教化せん。其の声聞衆、算数校計するとも知ること能わざる所ならん。皆六通、三明、及び八解脱を具足することを得ん。
其の仏の国土は、是の如き等の無量の功徳有って、荘厳し成就せん。劫を宝明と名づけ、国を善浄と名づけん。其の仏の寿命、無量阿僧祇劫にして、法住すること、甚だ久しからん。仏の滅度の後、七宝の塔を起てて、其の国に徧満せん。
爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、

諸の比丘諦かに聴け 仏子所行の道は 
善く方便を学せるが故に 思議すること得べからず
衆の小法を楽いて 大智を畏るることを知れり 
是の故に諸の菩薩 声聞縁覚と作り
無数の方便を以って 諸の衆生類を化して 
自ら是れ声聞なり 仏道を去ること甚だ遠しと説く 
無量の衆を度脱して 皆悉く成就することを得せしむ 
小欲懈怠なりと雖も 漸く当に作仏せしむべし
内に菩薩の行を秘し 外に是れ声聞なりと現ず 
少欲にして生死を厭えども 実には自ら仏土を浄む 
衆に三毒有りと示し 又邪見の相を現ず 
我が弟子是くの如く 方便して衆生を度す
若し我具足して 種種の現化の事を説かば 
衆生の是れを聞かん者 心に則ち疑惑を懐かん
今此の富楼那は 昔の千億の仏に於いて 
所行の道を勤修し 諸仏の法を宣護し 
無上の慧を求むるを為って 諸仏の所に於いて 
弟子の上に居し 多聞にして智慧有りと現じ 
所説畏るる所無くして 能く衆を歓喜せしめ 
未だ曾て疲惓有らずして 以って仏事を助く
已に大神通に渡り 四無礙慧を具し 
衆根の利鈍を知って 常に清浄の法を説き 
是の如き義を演暢して 諸の千億の衆を教え 
大乗の法に住せしめて 自ら仏土を浄め
未来にも亦 無量無数の仏を供養し 
正法を護り助宣して 亦自ら仏土を浄め 
常に諸の方便を以って 法を説くに畏るる所無く 
不可計の衆を度して 一切智を成就せしめん
諸の如来を供養し 法の宝蔵を護持して 
其の後に成仏することを得ん 号を名づけて法明と曰わん
其の国を善浄と名づけ 七宝の合成せる所ならん 
劫を名づけて宝明と為ん 菩薩衆甚だ多く 
其の数無量億にして 皆大神通に度り 
威徳力具足して 其の国土に充満せん
声聞亦無数にして 三明八解脱あって 
四無礙智を得たる 是等を以って僧と為ん
其の国の諸の衆生は 婬欲皆已に断じ 
純一に変化生にして 相を具し身を荘厳せん 
法喜禅悦食にして 更に余の食想無けん 
諸の女人有ることなく 亦諸の悪道無けん
富楼那比丘 功徳悉く成満して 
当に斯の浄土の 賢聖衆甚だ多きを得べし 
是の如き無量の事 我今但略して説く

爾の時に、千二百の阿羅漢の心自在なる者、是の念を作さく、
我等歓喜して、未曾有なることを得つ。若し世尊、各授記せらるること、余の大弟子の如くならば、亦快からざらんや。
仏、此等の心の所念を知しめして、摩詞迦葉に告げたまわく、
是の千二百の阿羅漢に、我今当に、現前に次第に、阿耨多羅三藐三菩提の記を与え授くべし。此の衆の中に於いて、我が大弟子憍陳如比丘、当に六万二千億の仏を供養し、然して後に、仏に成為ることを得べし。号を普明如来、応供、正徧知、明行足、善逝、世間解、無上士、調御丈夫、天人師、仏、世尊と曰わん。其の五百の阿羅漢、優楼頻螺迦葉、伽耶迦葉、那提迦葉、迦留陀夷、優陀夷、阿ヌ楼駄、離婆多、劫賓那、薄拘羅、周陀、莎伽陀等、皆当に、阿耨多羅三藐三菩提を得べし。尽く同じく一号にして、名づけて普明と曰わん。
爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく、

憍陳如比丘 当に無量の仏を見たてまつりて 
阿僧祇劫を過ぎて 乃ち等正覚を成ずべし 
常に大光明を放ち 諸の神通を具足し 
名聞十方に徧し 一切の敬う所として 
常に無上道を説かん 故に号づけて普明と為ん
其の国土清浄にして 菩薩皆勇猛ならん 
咸く妙楼閣に昇りて 諸の十方の国に遊び 
無上の供具を以って 諸仏に奉献せん 
是の供養を作し已って 心に大歓喜を懐き 
須臾に本国に還らん 是の如き神力有らん
仏の寿六万劫ならん 正法住すること寿に倍し 
像法復是れに倍せん 法滅せば天人憂えん 
其の五百の比丘 次第に当に作仏すべし 
同じく号づけて普明と曰い 転次して授記せん
我が滅度の後に 某甲(それがし)当に作仏すべし 
其の所化の世間 亦我が今日の如くならん 
国土の厳浄 及び諸の神通力 
菩薩声聞衆 正法及び像法 
寿命の劫の多少 皆上の所説の如くならん
迦葉汝已に 五百の自在の者を知りぬ 
余の諸の声聞衆も 亦当に復是の如くなるべし 
其の此の会に在らざるは 汝当に為に宣説すべし

爾の時に五百の阿羅漢、仏前に於いて、受記を得已って歓喜踊躍す。即ち座より起ちて仏前に到り、頭面に足を礼し、過を悔いて自ら責む。
世尊、我等常に是の念を作して、自ら已に究竟の滅度を得たりと謂いき。今乃ち之を知りぬ。無智の者の如し。所以は何ん。我等応に、如来の智慧を得べかりき。而るを便ち自ら小智を以って足りぬと為しき。世尊、譬えば人有り、親友の家に至りて、酒に酔うて臥せり。是の時に親友、官事の当に行くべきあって、無価の宝珠を以って、其の衣の裏に繋け、之を与えて去りぬ。其の人酔い臥して、都べて覚知せず。起き已って、遊行し他国に到りぬ。衣食の為の故に、勤力求索すること、甚だ大いに艱難なり。若し少し得る所有れば、便ち以って足りぬと為す。後に親友会い遇うて、之を見て是の言を作さく、
咄い哉丈夫。何ぞ衣食の為に、乃ち是の如くなるに至る。我れ昔、汝をして安楽なることを得、五欲に自ら恣(ほしいまま)ならしめんと欲して、某の年日月に於いて、無価の宝珠を以って、汝が衣の裏に繋けぬ。今故現に在り。而るを汝知らずして勤苦し憂悩して、以って自活を求むること甚だ為れ癡なり。汝今此の宝を以って所須に貿易すべし。常に意の如く乏短なる所無かるべし
といわんが如く、仏も亦是の如し。菩薩為りし時、我等を教化して、一切智の心を発さしめたまいき。而るを尋いで廃忘して知らず覚らず。既に阿羅漢道を得て、自ら滅度せりと謂い、資生艱難にして、少しきを得て足りぬと為す。一切智の願、猶在って失せず。今者世尊、我等を覚悟して是の如き言を作したまわく、
諸の比丘、汝等が得たる所は、究竟の滅に非ず。我久しく汝等をして、仏の善根を種えしめたれども、方便を以っての故に涅槃の相を示す。而るを汝、為れ実に滅度を得たりと謂えり。
世尊、我今乃ち知んぬ。実に是れ菩薩なり。阿耨多羅三藐三菩提の記を授けたもうことを得つ。是の因縁を以って、甚だ大いに歓喜して、未曾有なることを得たり。
爾の時に阿若憍陳如等、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言さく、

我等無上 安穏の授記の声を聞きたてまつりて 
未曾有なりと歓喜して 無量智の仏を礼したてまつる 
今世尊の前に於いて 自ら諸の過咎を悔い
無量の仏宝に於いて 少しき涅槃の分を得 
無智愚人の如くして 便ち自ら以って足りぬと為しき
譬えば貧窮の人 親友の家に往き至りぬ 
其の家甚だ大いに富んで 具さに諸の肴膳を設け 
無価の宝珠を以って 内衣の裏に繋著し 
黙し与えて捨て去りぬ 時に臥して覚知らず
是の人既已に起きて 遊行して他国に詣り 
衣食を求め自ら済(わた)り 資生甚だ艱難にして 
少しきを得て便ち足りぬとなして 更に好き者を願わず 
内衣の裏に 無価の宝珠あることを覚らず
珠を与えし親友 後に此の貧人を見て 
苦切に之を責め已って 示すに繋けし所の珠を以ってす 
貧人此の珠を見て 其の心大いに歓喜し 
富んで諸の財物有って 五欲に而も自ら恣ならんが如く
我等も亦是の如し 世尊長夜に於いて 
常に愍んで教化せられ 無上の願を種えしめたまえり
我等無智なるが故に 覚らず亦知らず 
少しき涅槃の分を得て 自ら足りぬとして余を求めず
今仏我を覚悟して 実の滅度に非ず 
仏の無上慧を得て 爾して乃ち為れ真の滅なりと言う
我今に仏に従って 授記荘厳の事 
及び転次に受決せんことを聞き奉って 身心徧く歓喜す






by johsei1129 | 2021-11-01 09:32 | 法華経28品 並開結 | Trackback | Comments(0)


<< 妙法蓮華経 五百弟子受記品第八...      妙法蓮華経 化城喩品第七 (4... >>