人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 23日

Reply to the Lord Matsuno 2. 松野殿御返事(十四誹謗抄) 二

あなたの手紙には「私はこの経(法華経)を信じて以来、十如是及び寿量篇[自我偈]の詩を暗唱し続け、題目も少しもおろそかにすることなく唱えてきました。しかし、聖人が題目を唱えることで得られる利益と、私たちが唱えることで得られる利益との差はどのくらいなのでしょうか」と書きます。答えを言えば、どちらかが他方より優れているわけではない。なぜなら、愚者が所有する金は、賢者が所有する金と何ら変わらないからです。愚か者が焚く火と、賢者が焚く火は同じです。

In your letter, you write: “Since I took faith in this sutra [the Lotus Sutra], I have continued to recite the Ten Nyoze and the verse section in the Juryo chapter [Ji-ga-ge] and chant the daimoku without the slightest neglect. But how great is the difference between the profit received when a saint chants the daimoku and the profit received we chant it?”. To answer, one is in no way superior to the other. This reason, because the gold that a fool possesses is no different from the gold that a wise man possesses; a fire either made by a fool is the same as a fire done by a wise man.

しかし、この経典の趣旨に背いて題目を唱えることには違いがある。この経典の実践には様々な段階がある。一般的に法華経の語句注釈第五には「悪の種類を定義する際には、『適切な時に説明し、適切な時に説教しないこと。」としか書かれていない。

ある人は、悪の種類を次のように列挙している。「まず、悪の原因とその影響を列挙する。誹謗中傷には、 (1) 傲慢、 (2)怠慢、 (3) 自己中心的判断、 (4) 浅はかな理解、 (5) 煩悩への執着、 (6) 理解の欠如、 (7) 不信、 (8) 嫌悪、 (9)疑念、(10)中傷、(11)善良を軽蔑、(12)善良を嫌う、(13)善良を嫉妬、(14)善良を恨む、など14種類があります。これら14の中傷は僧侶にも信者にも等しく当てはまるので、あなたはそれらに用心しなければなりません。

There are various stages in the practice of this sutra. In general terms, the volume five of the Annotations of the Words and Phrases of the Lotus Sutra only says, " In defining the types of evil, ‘explain at an appropriate time but not preach among at proper time’".

One person enumerates the types of evil as follows, "I will first list the evil causes and their effects. There are fourteen slanders: (1) arrogance, (2) negligence, (3) egotistical judgement, (4) shallow understanding, (5) attachment to earthly desires, (6) lack of understanding, (7) disbelief, (8) aversion, (9) doubts, (10) slandering, (11) despising goodness, (12) hating of goodness, (13) jealousy for goodness, (14) grudges goodness”. Since these fourteen slanders apply equally to monks and laity, you must be on guard against them.

昔の不軽菩薩は、すべての人は仏性を持ち、法華経を受ければ必ず成仏できると言っていました。さらに、人を軽んじるとは仏そのものを軽んじることであると考えた。したがって、彼の修行はすべての人々を尊敬することであった。法華経を持っていない人も仏性を持っていて、いつか法華経を信じるかもしれないので、彼は法華経を持っていない人も尊敬していた。したがって、この経典を信奉する僧侶・在家はなおさらである。

Bodhisattva Fukyo of old said that all people have the Buddha nature and that, if they embrace the Lotus Sutra, they will never fail to attain Buddhahood. He further considered that to slight a person is to slight the Buddha himself. Thus, his practice was to revere all people. He revered even those who did not hold the Lotus Sutra because they too had the Buddha nature and might someday believe in the sutra. Therefore, the monks and lay believers who espouse this sutra are even more so.

法華経の第四巻には、「法華経を支持し、説く信徒や僧侶や尼僧を誹謗中傷するために一言だけ話した人がいたとしたら、彼の罪は、1つのカルパのすべての時間の間に顔を合わせて釈迦牟尼仏を誹謗中傷することよりもさらに重いだろう」と書かれている。法華経にも「もし、この経を奉じてその人の欠点を暴こうとする人を見たら、かれの言うことが真実であろうとなかろうと、彼は現世で白癩に苦しむだろう。」とある。これらの教えを肝に銘じ、法華経の信者は互いに誹謗しあってはならないということを常に心に銘じなさい。法華経を信じる者はみな仏陀であり、仏陀を誹謗する者は大罪であるからである。このように法華経を信奉する者同士の区別が無いことを念頭に置いて題目を唱えることで得られる利益は釈迦仏の利益にも匹敵する。注釈には、「アヴィ地獄の存在と環境の両方は、完全に最高の聖人自身の中に存在し、ブッダの人生と環境は、凡夫の精神を超越することはありません。」とある。

The fourth volume of the Lotus Sutra says, “If there was a person who spoke only one word to slander the lay persons or monks or nuns who uphold and preach the Lotus Sutra, then his offense would be even graver than that of slandering Shakyamuni Buddha to his face throughout one kalpa”. The Lotus Sutra also states, “If anyone sees a person who accepts and upholds this sutra and tries to expose the faults or evils of that person, whether what he speaks is true or not, he will in his present existence be afflicted with white leprosy”. Take these teachings to heart, and always remember repeatedly that believers in the Lotus Sutra should not abuse one another. This is the reason because all those who keep faith in the Lotus Sutra are most certainly Buddhas, and one who slanders a Buddha commits a grave offense. In this wise, when one chants the daimoku bearing in mind that there are no distinctions among those who embrace the Lotus Sutra, then the profits one gains will be equal to those of Shakyamuni Buddha. A commentary states, “Both the beings and the environment of the Avi hell exist entirely within the highest saint himself, the life and the environment of Buddha never transcend the minds of common mortals”.


Continued


Original Text.  Table of Contents.




by johsei1129 | 2020-03-23 22:10 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/31109055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Reply to the Lo...      Reply to the Lo... >>