人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 22日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(121)

【二十八品に一文充の大事 】

方便品

真諦 俗諦 迹門 本門
是法住法位 世間相常住(注)

此の文、衆生の心は本来仏なりと説くを常住と云うなり。万法元より覚の体なり(注)


是法住法位 世間相常住
妙法蓮華経方便品第二の下記の偈にある文

[原文]
諸仏両足尊 知法常無性 仏種従縁起 是故説一乗
是法住法位 世間相常住 於道場知已 導師方便説
[和訳]
諸仏、両足尊(注)は、法は常に無性であり、仏種は縁に従い起る知り、是の故に一乗(仏道)を説けり。
是の法は法位に住し、世間の相は常住し、(修行の)道場に於いて已に知り、導師は方便にて説けり。

両足尊 
仏の尊称の一つ

万法、元より覚の体なり
日蓮大聖人は本抄で、『宇宙に遍満する万(全ての)法は、久遠元初より仏が覚知したそのものの実体である』と断じられておられます。






by johsei1129 | 2019-05-22 22:27 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/30608295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 右衛門太夫(えもん...      5. Shijo Kingo ... >>