人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 04日

末法の本仏の立場で法華経二十八品を後継者、日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(91)

【普門品五箇の大事】


第五 三十三身利益の事(注)

御義口伝に云く、三十とは三千の法門なり、三身とは三諦の法門なり云云、又云く卅三身とは十界に三身づつ具すれば十界には三十、本の三身を加うれば卅三身なり。

所詮三とは三業(注)なり、十とは十界なり、三とは三毒(注)なり、身とは一切衆生の身なり。

今、日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は卅三身の利益なり云云。



三十三身利益
普門品では観世音菩薩が三十三身の様々な姿をもって、苦悩にあえぐ衆生を救済することが説かれている。

日蓮大聖人は本抄で、末法では「南無妙法蓮華経」と唱え奉ることで三十三種の利益を得る事ができると断じられておられます。

三業
他者に対する三つの行い。
1.身による行い (身業) ,2. 言葉を他者に発する行い (口業・くごう) ,3. 心に思う働き (意業) 。
この三業による善行、悪行は結果として善悪の果報を己が命に瞬時にもたらし(因果俱時),その集積が未来世に報いとして善または悪の境遇に転生することになる。

三毒
根本的な三つの煩悩。貪・瞋・癡(とん・じん・ち)
貪欲(とんよく)とも。 必要以上に求めるむさぼり、ものおしみ
瞋恚(しんに)とも。 怒り、憎みの心
愚癡(ぐち)とも。真理に対する無知、おろかな心。





by johsei1129 | 2019-04-04 23:28 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/30525007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 松野殿御返事 Re...      Gosho 富士一跡門徒御存知... >>