人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 28日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(69)



第三 十方世界 衆宝樹下 師子座上の事 (注)

御義口伝に云く、十方とは十界なり、此の下に於て草木成仏
分明なり
(注)
師子とは、師は師匠、子は弟子なり。

座上とは寂光土なり、十界即本有の寂光たる国土なり云云。



十方世界 衆宝樹下 師子座上
神力品の次の偈にある文

[原文]
一切毛孔 放於無量 無数色光 皆悉遍照 十方世界
衆宝樹下 師子座上諸仏 亦復如是 出広長舌
[和訳]
(仏は)一切の毛孔より、無量無数色の光を放ちて、皆悉く、徧く十方世界を照らしたり。
(もろもろ)の宝樹下にある師子座の上に座す諸仏も、亦して復た是の如く、広長舌を出し無量の光を放ちたり。


此の下に於て草木成仏分明なり
日蓮大聖人は、「此の下に於て」とは「衆の宝樹下 師子座」の文をさし、宝樹とは草木の仏界、師子座上は国土の仏界=寂光土を解き明かされておられます。

さらに【四条金吾釈迦仏供養事】では次の様に草木成仏について解き明かされておられます。

『されば画像・木像の仏の開眼供養は法華経・天台宗にかぎるべし、其の上、一念三千の法門と申すは三種の世間よりをこれり、三種の世間と申すは一には衆生世間、二には五陰世間、三には国土世間なり。前の二は且らく之を置く、第三の国土世間と申すは草木世間なり。
草木世間と申すは五色のゑのぐは草木なり、画像これより起る。木と申すは、木像、是より出来す。此の画木に魂魄と申す神(たましい)を入るる事は、法華経の力なり、天台大師のさとりなり。此の法門は衆生にて申せば即身成仏といはれ、画木にて申せば草木成仏と申すなり』と。

f0301354_20125921.jpg
















[【四条金吾釈迦仏供養事】御真筆:神奈川県・妙本寺に第十八紙所蔵]










by johsei1129 | 2019-02-28 20:14 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/30438918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 同生同名御書 Th...      Gosho 同生同名御書 Th... >>