人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 02日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 下】要点解説(51)

【常不軽品三十箇の大事】


第十五 於如来滅後等の事 (注)


御義口伝に云く、不軽菩薩の修行は此の如くなり、仏の滅後に五種(注)に妙法蓮華経を修行すべしと見えたり。

正しく是故より下、廿五字(注)は、末法日蓮等の類いの事なるべし。

既に是の故にとおさえて、於如来滅後と説かれたり、流通の品(注)なる故なり。惣じては流通とは未来当今(注)の為なり。


法華経一部(注)は一往は(釈迦)在世(注)の為なり、再往は末法当今(注)の為なり。

其の故は妙法蓮華経の五字は、三世の諸仏、共に許して、未来滅後の者(注)の為なり。


品品の法門は題目の用(注)なり、体の妙法、末法の用たらば、何ぞ用の品品(注)別ならむや。此の法門秘す可し秘す可し。

 天台の「綱維(注)を提ぐるに、目として動かざること無きが如」等と釈する、此の意なり。

 妙楽大師は「略して経題を挙ぐるに、玄に一部を収む」と。此等を心得ざる者は末法の弘通に足らざる者なり。



於如来滅後等

常不軽品の次の偈にある文。

 得大勢、当に知るべし「是の法華経は、大いに諸の菩薩摩訶薩を饒益して、能く阿耨多羅三藐三菩提(悟り)に至らしむ。

是の故に諸の菩薩摩訶薩、如来の滅後に於いて、常に応に是の経を受持・読・誦し、解説し書写すべし


五種

法華経の五種(受持・読・誦・解説・書写)の修行で、法華経を受持(信じ)し、目で読み、声に出して誦み、人に説法し、書写する事。


尚、日蓮大聖人は五種の修行の中では書写は一番低い修行であると断じておられる。常不軽品以外の品では、修行として書写が省かれ、受持・読・誦・解説の他に、他者に受持・読・誦・解説を勧める事つまり布教を促している。


廿五字

次の漢字25文字を意味する。

[原文]

是故諸菩薩摩訶薩 於如来滅後 常応受持 読誦 解説 書写是経

[和訳]

是の故に諸の菩薩摩訶薩、如来の滅後に於いて、常に応に是の経を受持・読・誦し、解説し書写すべし。


流通の品

法華経二十八品それぞれの内容は、序分・正宗分・流通分に分別できる。

序分は演劇のプロローグのように、仏が説法する前段階の状況(参集した弟子等、天から曼陀羅華が降る、世界が六種に震動する等、仏が説法に入る様々な瑞相を記している)を記した品で、正宗分は仏が説く核心の内容が説かれている。流通分は正宗分で説かれた内容を広く、また未来に流通させる為の品で、具体的に法華経を受持することの功徳が大きいこと、法華経の行者を蔑むことは無間地獄に陥る事等々が記されている。


 例えば序品第一は序分、方便品第二、如来寿量品第十六は正宗分、その後に説かれた品々は流通分となる。

如来寿量品第十六の後の分別功徳品第十七、随喜功徳品第十八、法師功徳品第十九は、法華経を受持することでいかに功徳があるか解き明かして、法華経の流通を促している働きをする品となっている。


法華経一部

法華経二十八品八巻を意味します。


在世

釈迦在世を意味する。


未来当今

日蓮大聖人在世の今、及びそれ以降の末法を示す。


未来滅後の者

日蓮大聖人門下を意味し、日蓮大聖人は御義口伝以前は日蓮門下を「日蓮が弟子檀那」と記されておられましたが、御義口伝においては「末法日蓮等の類い」と明示されておられます。


題目の用

妙法蓮華経の題目が法華経二十八品の幹とすれば、二十八品の品々は、大木を支えるため用、つまり大木を支える役割を果たしているとする。


綱維

網目に対する大網、物事の大筋の意








by johsei1129 | 2019-02-02 21:30 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/30395000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 転重軽受法門 Li...      Gosho 転重軽受法門 Li... >>