人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 13日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 上】要点解説(108)

【安楽行品五箇の大事】

第二 一切法空の事

御義口伝に云く、此下に於て十八空之有り(注)。十八空の体とは南無妙法蓮華経是なり。十八空は何れも妙法の事なり。


(注)
十八空之有り

安楽行品の次の文に十八の空の概念が記されている。
[原文]
菩薩摩訶薩 観一切法空 如実相 不顛倒 不動 不退 不転
如虚空 無所有性 一切語言道断 不生 不出 不起 無名 無相
実無所有 無量 無辺 無礙 無障
但以因縁有 従顛倒生 故説常楽観如是 法相
[和訳]
菩薩摩訶薩よ、一切の法は空と観ぜよ。実の如くの相にて、顛倒せず、動ぜず、退せず、転せず、
虚空の如し。所有の性無く、一切の語言の道、断え。生ぜず、出でず、起きず、名無く、相無く、
所有の実無く。無量、無辺、無礙、無障なり。

但、因縁を以て有るのみ。顛倒従り生ずる、故に常楽と説けり。


【御義口伝 上】要点解説(109)に続く







by johsei1129 | 2018-08-13 20:03 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/29989764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 21. Missive to ...      20. Nichiren Ad... >>