人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 11日

末法の本仏の立場で法華経一部二十八品を直弟子日興上人に口伝した書【御義口伝 上】要点解説(34)

【薬草喩品五箇の大事】


第四 破有法王出現世間の事

 御義口伝に云く、有とは謗法の者なり。破とは折伏なり。法王とは法華経の行者なり。世間とは日本国なり。

 又云く、破は空、有は仮、法王は中道なり。

 

されば此の文をば、釈迦如来の種子と伝うるなり。惣じて三世の諸仏の出世は、此の文に依るなり。

 有とは三界廿五有なり。破とは有執を破するなり。

 法王とは十界の衆生の心法なり。王とは心法を云うなり。諸法実相と開くを破有法王とは云うなり。


 今、日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉るは、謗法の有執を断じて、釈迦法王と成ると云う事なり。

 破有の二字を以て釈迦如来の種子とは云うなり。

 又云く有と云うは我等が煩悩生死なり、此の煩悩生死を捨てて別に菩提涅槃有りと云うは権教権門の心なり。


今経(注)の心は、煩悩生死を其の儘置いて、菩提涅槃と開く所を破と云うなり。

 有とは煩悩、破とは南無妙法蓮華経なり。有は所破なり、破は能破なり。能破・所破共に実相の一理なり。


序品の時は尽諸有結と説き、此の品には破有法王と説き、譬喩品の時は皆是我有と宣べたり云云。



今経
已今当(いこんとう)の内の今教

已経は已に説いた経を示し、法華経已然に説いた権大乗経(華厳経、般若経等)、小乗経(阿含経)等を意味する。
今教は今説いている経で、妙法蓮華経を示す。
当経は法華経以後に説いた普賢経、涅槃経を示す。

日蓮大聖人は【法華取要抄】で次のように説かれておられます。取要抄
『夫れ諸宗の人師等或は旧訳の経論を見て新訳の聖典を見ず或は新訳の経論を見て旧訳を捨置き或は自宗の曲に執著して己義に随い愚見を注し止めて後代に之を加添す。株杭に驚き騒ぎて兎獣を尋ね求め智円扇に発して仰いで天月を見る非を捨て理を取るは智人なり。

 今、末の論師・本の人師の邪義を捨て置いて専ら本経本論を引き見るに、五十余年の諸経の中に法華経第四法師品の中の已今当の三字最も第一なり』と。


【御義口伝 上】要点解説(35)に続く





by johsei1129 | 2018-03-11 19:07 | 御義口伝 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/29644688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 11. Enemy of Bu...      11. Enemy of Bu... >>