人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 18日

Gosho 本因妙抄 The Transmission of the Heritage of the Law in the Hokke Hommon Sect


の底とは久遠(くおん)実成(じつじょう)(みょう)()の妙法を()(ぎょう)にわたさず(じき)(たつ)(しょう)(かん)()(ぎょう)の一念三千の南無妙法蓮華経(これ)なり

The true meaning hidden in the depth of the Life Span chapter is the Myoho-Renge-Kyo that was practiced by the Buddha at the stage of first hearing the name of the Law in the inconceivably remote past. And this is not elucidated in any other sutras. It also means direct attainment of correct observation, as well as Nam-Myoho-Renge-Kyo of actual ichinen sanzen.


つづく Continued

本文 Original Text 目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2016-12-18 20:17 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/27368435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 御義口伝 Oral...      Gosho 文底秘沈抄 (六巻... >>