人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 28日

【和漢王代記その四】

【和漢王代記 本文】その四
授決集に云く円珍 智証大師「 文は大経に出でたり人の之を会する無し、光盲の前に在れども他(かれ)に於ては無用なり、仏分明に五味の喩を説き五時の教に喩えたもう云云、訳ありてより来(このかた)講者路に溢るれども未だ曾て五味を談ずるの義を解せず己が胸臆(きょうおく)に任せて趣爾(たやすく)囈語す何ぞ象に触る衆盲の者に異らんや、天台世に出で仏意快く暢ぶ豈に万教再び世間に演るに非ずや、南北の講匠経論を釈する者・各教時を立つれども百にして一も是なること無し只教部の前後頓漸権実大小の麤妙・寛狭・進否に迷うに縁りてなり・大教の網を張りて法界の海を亘し人天の魚を済(おさめ)て涅槃の岸に置く斯くの如くするすら其の遺漏を恐る況や諸師の輩羅(あみ)の一目なり何れの時か其の鳥を得ん、若し万蔵を暗ずと雖も此の理趣を会せざれば年を終るまで他の宝を計りて自ら半銭の分無く虚しく諍論を益し長水に水を添うのみ」。

授決集に法相宗の慈恩大師を破して云く「五性宗に云く未熟法華論の前に未熟の文也と云うは、応に不熟と云うべし、○今謂く汎く法華を講ずるには須く此の義を以て正と為すべし若し爾らずんば経を破し論を破し罪五逆に過ぎたり基公を除きて外は人の彼の不熟の義を伝うる無し、○若し強て之を執せば公私十方の信施消し難し消し難し若し消せずんば何ぞ三途を免れん爾(なんじ)を供養せん者は三悪道に堕せん謗法の罪報は法華般若の諸大乗経に一切明かに説けり智者披く可し、○爾(なんじ)これを信受す可し無間を招く莫れ」。

授決集円珍真言の諸宗を徴して云う「真言・禅門・華厳・三論・唯識・律業・成・倶の二論等、○若し法華・涅槃等の経に望むれば是れ摂引門なり文、又云く大底他は多く三教在り円の旨至て少きのみ」。

弘法大師の二教論に「喩して曰く、今斯の経文に依るに仏五味を以て五蔵に配当す。総持を醍醐と称し四味を四蔵に譬ふ。震旦の人師等諍つて醍醐を盗み各自宗に名く」。

               乳 アナン
六波羅経の五蔵 --------- 一、 爼多覧------------ 経----
                         |   
               ウハリ |
      ----------- 二、毘那耶酪---------- 律 --- | ------ 小乗
               |
              カセンエン |
     -------------- 三、阿毘達磨生---------- 論---

              熟 文殊
     -------------- 四、般若 ハラ蜜蔵----------|
                     金剛蔵 |------------大乗
     --------------- 五、惣持醍醐ダラニ蔵 ------|




【和漢王代記 本文】その五に続く






by johsei1129 | 2019-10-28 22:43 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/25858286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 釈尊と耶輸多羅女のいわれを説い...      日本と中国の王朝と仏教の関わり... >>