人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 21日

弟子・信徒への講説のために釈尊の一切経を種脱で分別した図表【種脱系図】

【種脱系図】
■出筆時期:文永五年(1268年) 四十七歳御作。
■出筆場所:鎌倉 草庵にて。
■出筆の経緯:日蓮大聖人は弟子・信徒へ講説する際に、理解しやすいよう自ら認めた図表を掲げて説法をなされておられました。それらのいわゆる「つりもの」と称される図表は数多くご真筆が伝えられておりますが、本図もその一つで、釈尊の一切経を種脱で分別されておられます。
■ご真筆:京都市 本法寺所蔵。

【種脱系図 本文】

爾前

三蔵教-----------種---三賢---外凡---順解脱分位
   -----------熟---四善根--------順決択分位
   -----------脱---七聖----------見思断位
        |
        |--------見道---------決択分位
        |--------修道---------
                  解脱分位
        |--------無学道-------


       |---種---乾慧地(けんねじ)---外凡---三賢
通教----十地---|---熟---性地-----内凡---四善根
       |---解脱---八人地乃至第十地

別教---五十二位---種---十信---外凡---順解脱分位
       ----熟-- |--十住-------初住より第七住に至りて見思を断ず 八・九・十に上品の塵沙を断ず
           |--十行-------中品の塵沙を断ず
           |---十廻向-----下品の塵沙を断ず
       ----脱---|---十地----|
           |----等---- |--十二品の無明を断ず
           |----妙-----|


迹門
円教----種----名字|
         |---外凡
    ---- 観行 |
     ----十信---内凡

  ---- 脱---- 十住
    -------十行
    ------ 十廻向
    ----------等
|
|
華厳に果分を説かざる |
は唯一仏乗を名づけて |
果分と為す |
|
法華経--|---------妙------不説---当分位
    |---------妙覚位--説-----跨節




by johsei1129 | 2019-10-21 23:00 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/25092642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 人間の意識を仏法として分別した...      大事には小瑞なし大悪をこれば大... >>