人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 10日

設い日蓮はいやしくとも天のはからひ大法流布の時来るならば、彼の悪法やぶれて此の真実の法立つ事疑なかるべし、と断じ 大聖人の広布への大確信を示された【根露枝枯御書】

【根露枝枯御書】
■出筆時期:弘安元年(1278) 五十七歳歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は断片が伝えられておられますが前後が不明のため、対合衆・述作日等の詳細は不明です。
内容は「念仏宗・禅宗と真言とは其の根本謬誤を本とし、誑惑を源とせり」と記されておられるように、当時武士及び民衆の大半が信仰していた念仏・禅・真言の諸宗派を破析するとともに「日蓮はいやしくとも天のはからひ大法流布の時来るならば、彼の悪法やぶれて此の真実の法立つ事疑なかるべし」と断じられ、大聖人の広宣流布への大確信を説かれておられます。
また「すでに此の悪法消えんとするは汝知るやいなや」と記され"汝"と問いかけておられることから、恐らく三論宗・念仏・禅・真言のいずれかの僧侶に宛てたのではと推察されます。
■ご真筆:現存しておりません。

【根露枝枯御書 本文】

三論宗も分別ならざる証文をもつて立てたりしかば、盲目の衆生に値うて誑惑(おうわく)せしかども、明眼の智者に値うて邪義顕れぬ。
此れ即根露(あらわ)るれば枝枯れ、源乾けば流竭(つ)く自然の道理なり。
念仏宗・禅宗と真言とは其の根本謬誤(びゅうご)を本とし、誑惑(おうわく)を源とせり。
其の根源顕れなば設い日蓮はいや(卑)しくとも天のはからひ大法流布の時来るならば、彼の悪法やぶれて此の真実の法立つ事疑なかるべし。
すでに此の悪法消えんとするは汝知るやいなや。日蓮をいや(賤)しみて、さんざんとするほどにするほどに。


by johsei1129 | 2019-11-10 20:11 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/25059755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大学と申す人は、ふつうの人には...      願くは我が弟子等は師子王の子と... >>