人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 07日

弘法及び延暦寺座主三祖慈覚、五祖智証の邪義で日本国の寺社・衆生は四百年間皆彼の三大師の 御弟子となりて、と断じられた【一定証伏御書】

【一定証伏御書】
■出筆時期:弘安三年年(1280) 五十九歳御作。
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は断簡が伝えられており前後が不明ながら、弘法(空海)、また天台宗延暦寺の第三代座主慈覚、空海の甥で第五代座主智証らの邪義により法華経より真言の経が勝ると証伏せられ、その後四百年間、日本国の寺社・衆生は三大師の弟子となってしまったことを明らかにしております。
おそらくこの文のあとは、三大師の邪義を破析する論を展開されていたものと推察されます。
■ご真筆:富士大石寺(断簡)所蔵。※一般非公開。

【一定証伏御書 本文】

一定と証伏せられ候いしかば其の後の智人かずをしらず候へども、今に四百歳が間さで候なり。
かるがゆへに今に日本国の寺寺、一万余三千余の社社、四十九億九万四千八百二十八人の一切衆生、皆彼の三大師の御弟子となりて法華最第一の経文最第二最第三とをとされて候なり。
されども始は失なきやうにて候へども、つゆつもりて大海となり、ちりつもりて大山となる。



by johsei1129 | 2016-03-07 19:31 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/25024536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華取要抄文段 十二  文上に...      念仏僧・善導の「千中無一」の論... >>