日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 05日

法華取要抄文段 目次

日寛上人 御書講義


法華取要抄 文段



序 文   天台云く「一切を総括する、之を名づけて要と為す」


第一段 一代諸経の勝劣を明かす

     教法の勝劣を明かす

     ・ 「教の浅深をしらざれば理の浅深を弁うものなし」

     教主に寄せて勝劣を判ず


第二段 今経所破の時機を明かす

    迹本二門         
     内証の寿量品を問う         
    寿量所被の時機を明かす

    ・ 嬉しさを昔は袖に包みけり 今宵は身にも余りぬるかな

    証明・舌相は滅後の為なることを明かす

    ・ 一切衆生は二人に過ぎず、謂く、一人は是れ権迹の行者、一人は是れ本因妙の信者なり 


第三段 末法流布の大法を明かす

  ・ 本門の三大秘法は宗旨の三箇・宗門の奥義・当家の秘事なり
     正しく三箇の秘法を明かす

第一  末法今時は但此の法を信ずべきことを明かす

  ・ 本化の菩薩、三大秘法流布のために涌出す

  ・ 三大秘法の御名すら尚百千万劫にも聞き難し、況や此の大法に値い奉らんをや

第二  宗教の五箇を以て宗旨の三箇を顕すことを明かす

第三  本門三箇の秘法の名義並びに開合を明かす        

第四  正しく人法の本尊を明かす

第五  本門の戒壇を明かす

  ・ 富士山に本門の戒壇を建立する五つの所以

  ・ 本門の戒壇の本尊、即ち是れ不死の薬なり

第六  本門の題目を明かす

  ・ 本門の題目とは信行具足するなり、何ぞただ唱題のみならんや

第七  三大秘法の証文を明かす

  ・ 「是好良薬」「今留在此」「汝可取服」は本門の本尊、戒壇、題目を証す

   正像未弘、末法弘通の所以を明かす

   但要を取るの所以を明かす

   広宣流布の先相を明かす



御書解説        文段 全目次



by johsei1129 | 2016-04-05 21:17 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24994257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 破良観等御書 On...      法華取要抄文段 終  一四天・... >>