日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 23日

法華経題目抄 文段二四  女人は法華経を離れて成仏すべからず


一 黄鵠(こうかく)の子・死せるに(乃至)如く

  一義に云く、鶴の(ひな)を「黄鵠」と名づくるなりと云云。一義に云く、鵠「こう・くぐい」と読む。故に黄鵠とは即ち「(こう)の鳥」の事なり。此の(こう)の鳥の事を下の句には「(つる)の母」と云うなり。是れ則ち本草羅氏の説に(じゅん)ずるに、鵠は則ち鶴の義あるが故なりと云云。又子安(しあん)を以て即ち人名と為す。三国伝七・三十の如し。註及び啓蒙を()いて見よ。

  今(いわ)く、黄鵠とは即ち鶴なり。鵠は(いにしえ)鶴の字なる故なり。字彙(じい)第十の頭書(かしらがき)に云く「鵠は(かつ)(かく)(せつ)、鶴と同じ」。荘子『鵠は日に浴せずして白し』と。(しょ)『鵠は古の鶴の字なり』と。地志に『黄鵠(こうこく)()は今の(ろう)(すなわ)黄鶴(こうかく)に作る』と」云云。和字彙(わじい)に「黄鵠ツル」云云。

  問う、鶴の色は初めは白し。一千年にして(かく)(もう)(あお)なり。二千年にして黒し、所謂(いわゆる)玄鶴なり。何ぞ「黄鵠」と云うや。

  答う、是れ古事に()る故なり。

崔顥(さいよう)の詩に云く「昔人(せきじん)(すで)に白雲に乗じて去る 此の地(むな)しく(あま)黄鶴楼(こうかくろう) 黄鶴一たび去って(また)返らず 白雲千歳(むな)しく悠悠(ゆうゆう)」云云。

註に云く「江夏(こうか)(ぐん)(しん)氏、酒を()りて(なりわい)と為す。(ひとり)の先生有り、藍縷(らんる)にして座に入り、辛に()いて云く『好酒有りや否や』と。辛、飲ましむるに(きょ)(はい)を以てす。明日、亦来る。辛、(もと)むるを待たず之を与う。(かく)の如くすること半歳、辛、()(こころ)無し。一日(あるひ)、辛に謂いて云く『多く酒債(しゅさい)を負う。(ぜに)の汝に(むく)ゆるもの無し』と。(つい)小籃(こかご)()(がわ)を取り、壁に(つる)を画いて云く『客来りて酒を飲む時、(ただ)手を()ちて歌わしめば、其の鶴必ず舞わん。(これ)(もっ)て酒債に(むく)いん』と。(のち)、客至る。其の言の如くするに、鶴(はた)して(へん)エンと舞う。(注:エンは足偏に「延」)(まこと)に音律に(あた)る。橘皮(きがわ)を以て(えが)く所()れば色は黄なり。人、之を黄鶴と()う」。已下、之を略す。三体抄二の三初、()いて見よ。恐らくは此の古事に由りて「黄鵠(こうかく)」と云うか。  

一 鶴の母・子安(しあん)と鳴けば等

  鶴は別して子を思うの鳥なるか。義楚の二十三・四十二に云く「六度経に云く(むかし)雄鶴在り、三子を生む。時に国、大いに(ひでり)して子に与うるの食無し。(すなわ)ち自ら腋下(わきした)の肉を取って三子に与う」等云云。

(こう)()明集(みょうしゅう)に云く「廬山(ろざん)()(おん)(いま)だ出家せざる時、鶴の(ひな)を射る。其の母、悲しみに()えずして死す。腹を破るに肝腸(かんちょう)寸々に断つ。(これ)()って菩提心を(おこ)し出家す」等云云。又鶴は鳥の中の君子なり。今川(いまがわ)(りょう)(しゅん)(ほう)(よう)の游事を(とど)むること、本朝(ほんちょう)()(えん)二巻を往いて見よ。

一 (ちん)(ちょう)・水に入れば等

  本草綱目(ほんぞうこうもく)四十九・二十五に()()を引く。啓蒙云云。

一 天台(いわ)く等

  止観六・五十六の文なり。「妙楽云く」とは、()の六末八の文なり。

一 ()れば諸経にして等

  此の下は妙用の()(とく)の中の第二、結前生後の文なり。

一 而るに正像(乃至)()ぎて等

  此の下は妙法五字の具徳の中の大段第二、重ねて今昔(こんじゃく)を挙げて以て誡勧(かいかん)するなり。(いわ)く、此の下の大意は、天台・伝教の釈を引いて重ねて今昔の意を()げ、当世の女人を誡勧(かいかん)したもうが故なり。

所謂(いわゆる)女人は法華経を離れて成仏すべからざるが故に、四十余年の経々を行ずべからず。(ただ)法華経の妙用(みょうゆう)のみ()く女人をして成仏せしむるが故に、(ただ)法華経を信じて南無妙法蓮華経と唱うべしとなり。是れ則ち誡勧の二門なり。夏(せま)歳寒(さいかん)するが故に細科は之を略するのみ。  

  此の誡勧二門、別して当世の女人に約することは房州天津(あまつ)伯母(おば)御前へ(つかわ)し給う御抄なるが故なり。彼の人は念仏の執情(じん)(じゅう)なる人なり等云云。


                   つづく
目次



by johsei1129 | 2016-02-23 20:51 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24985532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GOSHO 上野殿御返事(竜門...      Gosho 上野殿御返事 Th... >>