人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 05日

大聖人が『三大秘法禀承事』を送られた程法門に理解の深かった大田乗明の罪障消滅を祈られた事を記 された【除病御書】

【除病御書】
■出筆時期:建治元年(1275) 五十四歳御作。
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は前半部分が伝えられておらず、正確な著作日等不明ですが、建治元年、大田乗明に与えられた消息と思われます。
内容は大田乗明が病に倒れた事を知らされた大聖人は、大田乗明のために法華経(御本尊)に過去世・今世の謗法の積もった罪障消滅を祈った所、今日無事に除病したと聞いて「喜悦何事か之に過ぎん。事事見参を期せん」と喜ばれるととともに、身延に見参するよう指導されておられます。

尚、大聖人は御遷化なされる半年前に、本門の戒壇建立の御遺命を記された『三大秘法禀承事』を大田乗明に送られており、門下の中で最も大聖人の法門に理解のある信徒のであると認められおられたと推察されます。
大田乗明はこのあと八年間寿命を延ばし、大聖人御遷化の翌年弘安六年四月二十六日、大聖人に随順した尊い七十六歳の生涯を終えられます。
■ご真筆:現存しておりません。

【除病御書 本文】

其の上日蓮の身並びに弟子又過去謗法の重罪未だ尽きざるの上、現在多年の間謗法の者と為り、亦謗法の国に生る。
当時信心深からざらんか、豈之を脱れんや。

但し貴辺此の病を受くるの理、或人之を告ぐ。
予(日蓮大聖人)日夜朝暮に法華経に申し上げ朝暮に青天に訴う、除病の由今日之を聞く、喜悦何事か之に過ぎん。
事事見参を期せん、恐恐。




by johsei1129 | 2016-02-05 20:57 | 大田乗明・尼御前 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24930929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華経題目抄 文段五  我が身...      身延草庵の地主、波木井実長から... >>