人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 09日

新年の祝いの品々を供養された窪尼御前に「法華経の一字供養の功徳は知りがたしとこそ仏はとかせ給 いて候へ。此れをもつて御心へあるべし」、と励まされた消息【窪尼御前御返事】

【窪尼御前御返事】
■出筆時期:弘安二年(1279)十二月二十七日 五十八歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書を記されたのは年の瀬の十二月二十七日です。窪尼は新年に合わせて祝いの品々を大聖人の元へ届けられ、
大聖人は直ぐに返書として本消息を送られたと思われます。

大聖人は文中で「御心ざしさきざき(先々)かき(書き)つくして、ふで(筆)もつひ、ゆび(指)もたたぬ」と記され、
窪尼がいかに頻繁に四季折々にご供養の品を届けられているかを物語っております。
さらに文末では「法華経の一字供養の功徳は知りがたしとこそ仏はとかせ給いて候へ。此れをもつて御心へあるべし」と法華経信仰を貫くよう励まされておられます。
■ご真筆:現存しておりません。古写本:日興上人筆:富士大石寺所蔵。

【窪尼御前御返事 本文】

十字(むしもち)五十まい、くしがき一れん、あめをけ一送り給い了んぬ。
御心ざしさきざきかきつくして、ふで(筆)もつひ、ゆび(指)もたたぬ。

三千大千世界に七日ふる雨のかず(数)は、かずへつくしてん。十方世界の大地のちり(塵)は知る人もありなん。
法華経の一字供養の功徳は知りがたしとこそ仏はとかせ給いて候へ。此れをもつて御心へあるべし。
恐恐謹言。

十二月二十七日     日 蓮 花 押
くぼの尼御前御返事





by johsei1129 | 2016-01-09 18:12 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24848846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 報恩抄文段 下九 経文の如く已...      GOSHO 立正安国論 76 ... >>