人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 07日

報恩抄文段 下六

一 此れはそれには・()るべくもなし等

此の下は次に(まさ)しく当世の災難の盛んなる所以(ゆえん)を明かす、亦三と()す。初めに略して示し、次に経を引いて正しく釈し、三に例を引いて(しゃく)(じょう)す。

文に云う(こん)光明(こうみょう)経」等とは、次に経を引いて正しく釈す、亦二と為す、初めに別して四経の文を引き、次に「(これ)()」の下は、通じて釈す。

「金光明」の文は光明記の六・二十二、「最勝(さいしょう)(おう)経」は十巻本の六・二。「大集経」とは(さき)に引く所の第八・十。「仁王(にんのう)経」とは、安国論四に「(ぞく)(きた)って国を(おびや)かし百姓(ひゃくせい)亡喪(もうそう)し」等云云。

文に云う「例せば()()多王(たおう)雪山下(せっせんげ)(おう)()め」等とは、此の(しも)三に例を引いて釈成す、亦二と()す、初めに例を引き、次に「是れは彼には」等の下は釈成す。初めの引例、亦二と為す。初めに(がっ)()、次に漢土(かんど)。初めの「()()多王(たおう)」等は西域(さいいき)三十七に出ず。「大族王」等は西域四・二の如し。

文に云う「漢土にも仏法をほろ()ぼしし王」とは、()()(てい)は統の三十九・四、(しゅう)の武帝は統の三十九・十六、(とう)の武帝は統の四十三・六、付けたり、韓退之(かんたいし)は統の四十・二十三、十六、十九。欧陽(おうよう)永叔(えいしゅく)は統の四十・十五、同四十六・十六、傅奕(ふえき)は統四十・十二。

文に云う「是れは彼には・にるべくもなし」等とは、此の下は次に釈成なり。文意(もんい)は、彼は仏法の敵人と()って仏法を破る。極悪(ごくあく)分明(ふんみょう)なる故に愚人(ぐにん)(なお)を知る。(いわん)や智人に於いてをや。(これ)は仏法の方人(かたうど)と成って仏法を破る。故に智人分明に知らず。況や愚人に於てをや。愚人(すべ)て之を知らず。智者も常の智人は之を知り難き故に一同に皆分明(ふんみょう)に之を知る者無し。是の故に国を挙げて正法の行者を怨嫉(おんしつ)す。故に災難も(いにしえ)よりも最大ならん。

妙法尼抄十三・四十九に云く「彼は王一人の悪にして大臣以下は心より(おこ)る事無し、(また)権経と権仏との敵なり、僧も法華経の行者にはあらず、(これ)は一向に法華経の敵、王一人のみならず、一国の智人並びに万民等の心より起れる大悪心なり」と云云。此の意なり。(つぶさ)取要抄愚記の如し。(しか)れば(すなわ)ち当世の災難の(さか)んなる所以(ゆえん)(もっと)分明(ふんみょう)なり。


                つづく
報恩抄文段下 目次



by johsei1129 | 2016-01-07 21:24 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24843370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大聖人が池上宗長の女房が子がで...      末法本門「法華寿量品の久遠の受... >>