人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 05日

報恩抄文段 下四  日本国中に大聖人一人在(ましま)さずんば、宅(いえ)に柱無く、天に日月無く、国に大王無く、山河に珠(たま)無く、人に魂無からんが如し。大聖人一人の大切なるは是れなり云云。


一 (ただ)日蓮一人(ばか)(とどま)()て此の(よし)を告げ示せば

 此の(しも)は次に(まさ)しく明かす、亦二と()す。初めに初度の諫暁・国主の怨嫉(おんしつ)を明かし、次に「最勝(さいしょう)(おう)経」の下は、二度の諫暁・国土の災難を明かすなり。

 文に云う「但日蓮一人」等とは、(すなわ)ち是れ「(ただ)(われ)一人のみ()救護(くご)()す」の法華の行者(ぎょうじゃ)なり。「一迷先(いちめいせん)(だつ)して以て余迷(よめい)を教う」の最初の導師なり。

故に但(れん)()一人を信じ(たてまつ)りて南無妙法蓮華経と唱うれば、即ち是れ十方(じっぽう)三世(さんぜ)の諸仏乃至(ぼん)(たい)日月(にちがつ)天神(てんじん)地祇(ちぎ)等を信ずるに()れり。(たと)えば、(こうべ)()れば則ち髪(ゆる)、心働けば則ち身動く、大風吹けば草木静かならず、大地動けば則ち大海(さわ)がしきが如し。蓮祖一人を動かし(たてまつ)らば、(あに)()るがざる草木有るべけんや。

 文に云う「告げ示せば」とは、正しく是れ初度の諫暁、安国論の御事なり。然れども国主は()れず。論文に云く「()(しょう)に背き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神は国を捨て、魔(きた)り鬼(きた)り、災起り難起る」等略抄。

 文に云う「国主(これ)あだ()み数百人の民に乃至家家ごとに()う」等とは、(まさ)()くの如く点ずべきなり。

 問う、国主下知(げじ)を伝えて悪口(あっく)罵詈(めり)せしむるや。

 答う、一家(じん)あれば一国に仁(おこ)り、一人貪戻(どんれい)なれば一国(らん)()す。嗟乎(ああ)、一人の心は千万人の心なり云云。故に知んぬ、下知を伝えずと(いえど)も、()()は下知を伝うるに当たるなり。是れ則ち国主一人(あだ)むが故に万民も(また)怨む故なり。

 文に云う最勝(さいしょう)(おう)経」等とは、此の(しも)は次に二度の諫暁・国土の災難を明かす、亦三と()す。初めに(かん)(もん)を引き、次に「(これ)()の」の下は(まさ)しく釈し、三に「弘法(こうぼう)」の下は料簡(りょうけん)す云云。初めに二経の文を引く。(おのおの)国主の怨嫉(おんしつ)、国土の災難有り、文の如く見るべし。撰時抄下二十五三十一()いて見よ。

 文に云う「此等の経文」等とは、此の(しも)(まさ)しく釈す、亦三と為す。初めに経意を(さぐ)って釈し、次に「()の経文」の下は(ただ)ちに経の文を(しょう)し、三に「()ぬる文永九年」の下は兼讖(けんしん)符合(ふごう)を示す。初めの経意を(さぐ)って釈す、亦二と為す。初めに法華の行者(ぎょうじゃ)を明かし、次に「去ぬる文永八年」の下は、正しく(かん)(ぎょう)を明かす。

 問う、経意を探って釈すとは、その(こころ)如何(いかん)

 答う、(およ)()(ぜん)の諸経を判ずるに、当分(とうぶん)()(せつ)の二意あり。今(また)二義を(もっ)て其の意を示さん。

(いわ)く、若し当分に約せば、(ただ)最勝(さいしょう)及び仁王(にんのう)等の行者を()して善人及び世尊の声聞(しょうもん)の弟子と名づけて、此の善人を治罰(じばつ)し、此の声聞(しょうもん)(のう)(らん)せば、(にわ)に自界・他方の怨賊(おんぞく)を起さんとなり。彼は(ごん)大乗(だいじょう)の行者を治罰し悩乱するに、(なお)自他の怨賊(おんぞく)起る。(いか)(いわん)や実大乗の法華の行者を治罰悩乱(のうらん)せんをや。

正しく跨節に約せば、彼の文の善人及以(およ)び世尊の声聞の弟子とは、(ただ)ちに是れ末法の法華の行者、(れん)()聖人の御事なり。故に「日蓮此の国になくば」及び「日蓮は日本国のは()らなり」等と云うなり。是れ経意を探って釈するの相なり。(しも)の「()ぬる」の引用も之に(じゅん)じて知るべし。

 文に云う「去ぬる文永八年」とは、此の下、次に(まさ)しく(かん)(ぎょう)を明かす、(すなわ)ち是れ第二度の諫暁なり。

 問う、今何ぞ第三度の諫暁を()ざるや。

 答う、()し第三の諫暁、(ただ)延山(えんざん)隠居(いんきょ)(よし)()せば怨嫉(おんしつ)値難(ちなん)の由と成らず。故に此の中には便(びん)ならざるが故か。

 文に云う「日蓮は日本国のは()らなり」等とは、佐渡抄十四・九に云く「日蓮に()りて日本国の有無はあるべし、(たと)へば(いえ)に柱()ければ・たもたず人に(たましい)なければ死人なり、日蓮は日本の人の魂なり」等云云。故に知んぬ、日本国中に日蓮一人(ましま)さずんば、宅に柱無く、天に日月(にちがつ)く、国に大王無く、山河に(たま)く、人に魂無からんが如し。日蓮一人の大切なるは是れなり云云。

 文に云う()の経文」等とは、此の下は次に(ただ)ちに経の文を消するなり。

「智人」と云うは、経文の「善人及以(およ)声聞(しょうもん)の弟子」なり。其の意は即ち蓮祖の御事なり。撰時抄下三十一に云云。


                     つづく
報恩抄文段下 目次



by johsei1129 | 2016-01-05 22:15 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24837062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GOSHO 立正安国論73 斬...      GOSHO 立正安国論72 斬... >>