人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 31日

報恩抄文段下 目次

  日寛上人 御書講義

  
   報恩抄文段 下 

  

第八段  日蓮大聖人の諫暁
  善神必ず謗国を捨離する三つの所以
  弘安の役は、是れ蓮祖の勧誡に依って、神明、国を助くるなり

  

第九段  真言の誑惑を破す
  臨終の時、色の黒きは心、地獄の黒色を画くが故なり
  承久の乱の大旨


第十段  日蓮大聖人の知恩報恩
  孝経に云く「三たび諫めて納れずんば、身を奉じて以て退け」


第十一段 正法を弘通するは謝徳なるを明かす
 
初めに正義を明かすとは

  初めに名通の相を明かすとは

  次に義別の相を明かすとは

  第二に功帰とは又二意を含む。所謂本果本因なり 

  今先聖の未弘に対して、蓮祖弘通の所以を明かすべし

  初めに他方・本化の前三後三とは

  次に迹化・本化の前三後三とは
宗門八箇の法義とは

  三箇の秘法開合の事

  此の一大秘法を開すれば即ち三箇の秘法なり    

  事の戒壇とは即ち富士山天生原に戒壇堂を建立するなり


第十二段  総括 

  三箇の秘法広布の功徳は又参詣の人々の御身にあつまるべきなり


             上にもどる


 御書 本文       御書文段 全目次



by johsei1129 | 2016-01-31 08:11 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24826369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 報恩抄文段上 目次      報恩抄文段 下終 三箇の秘法広... >>