人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 14日

報恩抄文段 上十


  第四段 在世及び
正法(しょうほう)時代の値難(ちなん)


一 問て云く
華厳(けごん)(ちょう)(かん)等乃至仏の敵との(たも)うか

 此の(しも)は次に広く諸宗の謗法(ほうぼう)呵責(かしゃく)するに、亦二と()す。初めに(とい)、次に答。

初めの問の(おこり)は、(すで)(これ)()の人々を指して「諸仏の(だい)怨敵(おんてき)」と云う。故に今驚きて問難(もんなん)するなり。(とい)の意に多くの意あり。今略して之を示す。

問の意に(いわ)く、(およ)そ「華厳の澄観」とは、(すなわ)清涼(しょうりょう)国師の御事なり。清涼山(しょうりょうざん)()する故に清涼国師と名づく。亦唐の徳宗(とくそう)皇帝(こうてい)()聖法(しょうほう)(もっ)(ちん)が心を清涼にす」と()たまうが故に清涼国師と(ごう)す。
 身の
(たけ)九尺四寸、手を()るれば(ひざ)を過ぐ。目は夜も光を(はっ)し、昼は()(まじろ)がず。才は二筆を(そな)え、(しょう)(いん)(かね)の如し。
 十一にして出家し、法華経を
(じゅ)す。(のち)(あまね)く諸宗を学ぶ。(みょう)(らく)大師に従い天台止観、法華の(しょ)等を習う。(しか)る後、五台山大華厳寺(だいけごんじ)()す。(まさ)に華厳の疏を(せん)せんとする時に、金人(こんじん)光明(こうみょう)()むと夢み、常に付嘱(ふぞく)せんことを思いたまうに、()る時、身()して大竜と()り、(また)化して一千の小竜と成り、分散して去ると夢む。(うま)れて(きゅう)(ちょう)()、七帝の国師と()る。春秋(しゅんじゅう)一百二歳にして()す。  

三論(さんろん)()(じょう)」とは即ち吉蔵(きちぞう)法師(ほっし)なり。後、()祥寺(じょうじ)に居す、故に嘉祥大師と云う。(こう)(こう)の入室なり。七歳にして出家し、世に(がっ)(かい)(しょう)す。心に難伏(なんぷく)()を包み、口に流るるが如きの(べん)(そそ)ぐ。随の(よう)(だい)(ちょく)して京師(けいし)(にち)厳寺(ごんじ)に住せしむ。唐の高祖(みことのり)して延興寺(えんこうじ)()く。平時、妙経二千部を写造(しゃぞう)し、玄論(げんろん)義疏(ぎしょ)を述ぶ。法華経を講ずること三百遍、大品(だいぼん)・華厳・大論(だいろん)(おのおの)数十遍、(あまね)章疏(しょうしょ)(あらわ)す。臨終(りんじゅう)の日、死不(しふ)怖論(ふろん)を製し、筆を投じて化す。

 「法相(ほっそう)()(おん)」とは玄奘(げんじょう)三蔵(さんぞう)御弟子(みでし)、唐の太宗(たいそう)皇帝(こうてい)の御師なり。梵漢(ぼんかん)(そら)に浮べ、一切経を胸に(たた)え、仏舎利(ぶっしゃり)(ひつ)(まつ)より()らし、(きば)より光を放つ。(あした)に講じ(ゆうべ)述作(じゅっさく)すと云云。守護抄に「(げん)(さん)十巻を(せん)し、(もっぱ)ら法華経を(さん)す」と()でたり。世人は日月(にちがつ)の如く恭敬(くぎょう)し、後世(こうせい)眼目(げんもく)の如く渇仰(かつごう)す。智行(ちぎょう)兼備(けんび)の高徳なり。


                     つづく
報恩抄文段上 目次



by johsei1129 | 2015-12-14 23:02 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24768770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GOSHO 立正安国論49 勘...      GOSHO 立正安国論48 勘... >>