人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 12日

法華経は仏にまさらせ給う事、星と月とともしびと日とのごとし、又御心ざしもすぐ れて候、と説かれた【窪尼御前御返事】

【窪尼御前御返事(虚御教書)】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279)五月四日 五十八歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は日興上人のおばで駿河・富士郡の故高橋入道の御家尼・窪尼御前御がご供養の品々をご供養されたことへの返書となっております。

大聖人は5月(現在では6月)という農家の繁忙期で、さらに宮の造営(富士浅間神社)という経済的にも負担の大きい時期に、窪尼が身延の大聖人のことを思いやり数々のご供養を為された事を、徳勝童子が釈迦仏に砂の餅を供養されたことで阿育大王になった謂れを引かれて「御志殊にふかし」と称えられておられます。

また「法華経は仏にまさらせ給う事、星と月とともしびと日とのごとし、又御心ざしもすぐれて候。されば故入道殿も仏にならせ給うべし。又一人をはする姫御前も、命も長く幸いも有りてさる人の娘なりと聞こえさせ給うべし」と記され、衆生を仏に為す法華経は、ともしびと日との如く仏に優っており、法華経の宝前に供養された窪尼の供養も優れている」と、故高橋入道と残された一人娘に思いを馳せ、窪尼を励まされておられます。
■ご真筆:山梨県妙了寺(断簡) 所蔵。古写本:日興上人筆(富士大石寺(全文)所蔵)
f0301354_18535317.jpg




















[真筆本文:下記緑字箇所]
[窪尼御前御返事 本文]

御供養の物数のままに慥(たしか)に給い候、当時は五月の比(ころ)おひにて民のいとまなし、其の上宮の造営にて候なり。かかる暇なき時、山中の有り様思ひやらせ給いて送りたびて候事、御志殊にふかし。

阿育大王と申せし王はこの天の日のめぐらせ給う一閻浮提を大体しろしめされ候いし王なり。此の王は昔徳勝とて五になる童にて候いしが、釈迦仏にすな(砂)のもち(餅)ゐをまいらせたりしゆへに、かかる大王と生れさせ給う。此の童はさしも心ざしなし・たわふれなるやうにてこそ候いしかども、仏のめでたくをはすればわづかの事も、ものとなりて・かかるめでたき事候。まして法華経は仏にまさらせ給う事、星と月とともしびと日とのごとし、又御心ざしもすぐれて候。されば故入道殿も仏にならせ給うべし。又一人をはする・ひめ御前も、いのちもながく・さひわひ(幸)もありて・さる人の・むすめなりと・きこえさせ給うべし。当時もおさなけれども母をかけてすごす女人なれば父の後世をもたすくべし。

から(唐)国にせいしと申せし女人は、わかなを山につみて、を(老)ひたるはわ(母)をやしなひき。天あはれみて越王と申す大王のかり(狩)せさせ給いしが、みつけてきさき(妃)となりにき。これも又かくのごとし・をやを・やしなふ女人なれば天もまほらせ給うらん仏もあはれみ候らん。一切の善根の中に孝養父母は第一にて候なれば・まして法華経にてをはす、金のうつわものに・きよき水を入れたるがごとく・すこしももるべからず候、めでたし・めでたし、恐恐謹言。

五月四日日 蓮 花 押
くぼの尼御前御返事





by johsei1129 | 2015-12-12 19:00 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24761907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GOSHO 立正安国論47  ...      報恩抄文段 上八  法華は大陣... >>