人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 12日

報恩抄文段 上八  法華は大陣を破るが如し、涅槃経は残党の難(かた)からざるが如し


一 
(したが)つて法華経の文を開き奉れば等

 此の(しも)は三に(まさ)しく法華の明文(みょうもん)()って一代諸経の勝劣(しょうれつ)を判ず、亦四と()す。初めに正しく法華の明文を引き、次に「()の経文」の下は釈、三に「(また)大日経」の下は諸経相似(そうじ)の文を()し、四に「()る人疑つて云く」の下は(しゃく)(じょう)

 文に云う「諸経の中に於て(もっと)()(かみ)()り」とは、所謂(いわゆる)「諸経」とは今日(こんにち)一代並びに十方(じっぽう)三世(さんぜ)の諸仏の諸経の中に、法華経最第一なり。故に「最も其の(かみ)に在り」と云うなり。

一 ()の経文のごとくば等

 此の下は釈、亦二と為す。初めに所引の文を釈し、次に「されば(もっぱ)ら」の下は正しく勝劣を判ず。初めの文に亦二あり。初めに広く()()()げ、次に「此の法華経」の下は、略して法に合す。(べっ)して此の文を引き(つぶさ)に之を釈することは、意、()(かく)金剛(こんごう)(ちょう)(しょ)に対する故なり。

一 されば(もっぱ)論師(ろんし)人師(にんし)をすてて等

 此の下は正しく勝劣を判ず、亦三と為す。所謂(ほっ)()(ごう)なり。見るべし。

一 (また)大日経・華厳経等

 (べっ)して二経を挙ぐることは、(また)真言宗に対するが故なり。此の下は三に諸経相似(そうじ)の文を()す、亦二と為す。初めに(うば)って()(ぜん)相似の文を会し、次に(あた)えて涅槃経(ねはんぎょう)の文を会す。初めの文(また)三と為す。初めに正しく会し、次に「(あるい)は」の下は所以(ゆえん)を釈し、三に「法華経」の下は結。

 文意に云く、()(ぜん)の諸経に、此の「諸経の中に於て最も其の上に在り」の経文に相似の経文一字一点もなし。(たと)い諸経の王と説くと(いえど)も、(あるい)は小乗に対し、或は俗諦(ぞくたい)に対する等なり。(けだ)し法華経は諸王に対して大王なり。故に「最も其の上に在り」と云う。故に相似の経文一字一点も(これ)無きなり。学者()所対(しょたい)に意を(とど)むべきなり。

一 (ただ)涅槃経(ばか)こそ等

 此の下は次に与えて涅槃経の文を会す、亦四と()す。初めに一往(いちおう)相似の文有るを示し、二に「されども(もっぱ)ら」の下は涅槃も(なお)法華に(おと)れるを明かし、三に「かう経文」の下は十方(じっぽう)世界(せかい)の一切経の勝劣を()()すべきを明かし、四に「(しか)るを経文」の下は略して諸宗を破す。

文に云う「法華経に相似の経文」とは、(すなわ)ち是れ五味(ごみ)の文なり。是れ所対(しょたい)同じきが故に相似と云うなり。

一 されども(もっぱ)ら経文を開き見るには等

 此の下は二に涅槃(ねはん)(なお)法華に劣れるを明かす、亦二と為す。初めに()(ぜん)・涅槃の勝劣を()げ、次に「(また)法華経」の下は正しく法華・涅槃の勝劣を明かす。

下の文十五に云く「涅槃経の第十四に四味(しみ)を挙げて、涅槃経に対して勝劣を説かれて候へども、(まった)く法華経と涅槃経との勝劣は見へず。第九の巻に法華・涅槃の勝劣分明(ふんみょう)なり。所謂(いわゆる)()の経の出世』」等云云。(これ)を思い合すべし。

文に云く「是の経の出世」等文。会疏(えしょ)九・二十七、(せん)一本五十一、文の九・七十三。記の九末五十。「法華は大陣(だいじん)を破るが如し。涅槃経は残党(ざんとう)(かた)からざるが如し。故に法華は大収(だいしゅう)の如し、涅槃は(くん)(じゅう)の如し」等云云。総じて十六の同異等云云。

一 かう経文は分明(ふんみょう)なれども等

此の下は三に十方(じっぽう)世界(せかい)一切(いっさい)(きょう)勝劣(しょうれつ)()()すべきを明かすなり。(いわ)く、()し涅槃も(なお)法華に劣れることを(りょう)せば、十方世界の一切諸経、法華経に劣れること(また)以て分明(ふんみょう)なり。故に十方世界の一切経の勝劣を比知すべきなり。故に「()く能く(まなこ)とど()むべし」と云うなり。

一 (しか)るを経文にこそ迷うとも等

  此の下は四に略して諸宗を破するなり。()(かく)智証(ちしょう)等は(なお)此の経文に眼を(とど)めて比知せざるが故に「()同事(どうじ)(しょう)」等云云。故に「此の経文にくら()し」と云うなり。


                   つづく
報恩抄文段上 目次      



by johsei1129 | 2015-12-12 08:32 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24760271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GOSHO 立正安国論47  ...      GOSHO 立正安国論46  ... >>