人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 31日

報恩抄文段上 目次

日寛上人 御書講義

   報恩抄文段 上 

序   本抄の大意  
    報恩抄は正しく本門の三大秘法を顕す
    当抄の題号
    当抄の入文  仏弟子、此の大恩を報ぜずんば畜類にも劣るべし


第一段 報恩の道理を明かす

      恥ずべし、恥ずべし、畜生すら恩を報ず


第二段 知恩・報恩を明かす


第三段 一代諸経の勝劣を判ず

     邪法を退治するを報恩と云い、正法を弘通するを謝徳と云う


第四段 在世及び正法時代の値難呵責謗法に四つの所以


第五段 像法正師の弘通と怨嫉

      久遠元初の本仏を貴ばざるは、是れ内智を貴ばざる故なり


六段 真言伝来及び慈覚・智証を責む
    「教を匿さざれ」等の厳命を固く守るべし。命を的に・懸けるべし


第七段 日本に法華の行者なきを明かす

  寛師は大聖人御誕生後、五百年に出現す


        下につづく

 解説    文段 総目次  



by johsei1129 | 2016-01-31 08:12 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24738234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GOSHO 上野殿御返事 Pe...      報恩抄文段下 目次 >>