人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 03日

法華経は釈迦仏の御いろ、世尊の御ちから、如来の御いのちなり、と説いた【上野殿 尼御前御返事(衣食御書)】

【上野殿尼御前御返事(衣食御書)】
■出筆時期:文永十一年(1274) 五十三歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は南条時光(上野殿)の母(尼御前)から銭一貫を送られたことへの返書となっております。
大聖人は文中で「法華経は釈迦仏の御いろ、世尊の御ちから、如来の御いのちなり」と記され、法華経に供養することの功徳の大きさについて述べられて上野殿尼御前の常に変わらぬ法華経への志を讃えられておられす。また後段では、強信徒であった亡き夫南条兵衛七郎に思いを馳せ「夫の別れは日々、夜々、月々、年々重なればいよいよ恋しく増さり」と、尼御前を慰められておられます。

文末の「又弟子をも一人つかわして御はか(墓)の<欠損箇所>一巻の御経をもと存じ候へども、この身はしろしめされて候がごとく、上下ににくまれて候ものなり」の箇所は、南条兵衛七郎の墓参りに弟子を遣わされたことと、大聖人自ら墓前にて法華経を唱えたいと願っているが、日本国中から非難されている今、南条家に無用な迷惑をかけるので留めていると、されておられます。

尚、九年前の文永二年三月八日に南条兵衛七郎殿が亡くなられた時、大聖人はわざわざ安房国から駿河上野郷を訪れ、南条兵衛の墓に墓参されておられます。※参照:【上野殿後家尼御返事】
■ご真筆:西山本門寺、京都市妙蓮寺、本蓮寺の三ヶ所にて断簡所蔵。

[上野殿尼御前御返事(衣食御書) 本文]

鵞目一貫・給い畢んぬ、それじき(食)はいろ(色)をまし・ちからをつけ・いのちをの(延)ぶ、ころも(衣)はさむ(寒)さをふせぎ、あつ(暑)さをさえ・はぢ(恥)をかくす、人にものをせ(施)する人は、人のいろをまし・ちからをそえ・いのちをつぐなり。

人のために火をともせば人のあかるきのみならず、我身もあかし、されば人のいろをませば我いろまし、人のちからをませば我ちからまさり、人のいのちをのぶれば我いのちののぶなり。

法華経は釈迦仏の御いろ、世尊の御ちから、如来の御いのちなり。
やまい(病)ある人は、法華経をくやう(供養)すれば身のやまいうすれ、いろまさり、
ちからつきてみれば、とのもさわらず、ゆめ(夢)うつヽ(現)かわずしてこそをはすら
め、そひ(添)ぬべき人のとぶら(訪)わざるも、うらめしきこそをはすらめ、

女人の御身として、をやこ(親子)のわかれにみをすて、かたちをかうる人すくなし、
をとこ(夫)のわかれは、ひゞ、よるよる・つきづき(月々)・としどし(年々)かさなれば、いよいよこい(恋)しくまさり、をさなき人もおはすなれば、たれをたのもてか人ならざらんと、かたがたさこそをはすらんれば、わがみもまいりて心をもなぐさめたてまつり、又弟子をも一人つかわして御はか(墓)の<欠損箇所>一巻の御経をもと存じ候へども、この身はしろしめされて候がごとく、上下ににくまれて候ものなり。
(この後の文はのこされておりません)





by johsei1129 | 2015-12-03 22:17 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24733727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 撰時抄愚記 下二五      撰時抄愚記 下二四 謗法の相貌... >>