日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 02日

撰時抄愚記 下二三 

十三日

  第三十三段 日本第一の大人(だいにん)


一 問うて云く第二の文永八年等。

 此の下は三に(かん)(もん)云云。「大集経」とは大集(だいしゅう)月蔵(がつぞう)(きょう)第八・十。

一 いたひとかゆきと申すは是れなり文。

 かけば痛し、かかねば(かゆ)し。全く()如く、兼知符合(ふごう)すれば其の国亡びなんとす。()し符合せざれば法華経の行者なること顕れず。故に(しか)云うなり。

一 提婆(だいば)虚誑(こおう)(ざい)文。

 ()一中十七、止私の一本三十八、法蓮抄十五・二。

一 瞿伽(くぎゃ)()大妄語(だいもうご)文。

  大論の十三・十七、増一阿含(あごん)十二巻五紙。註の所引の如し。

一 声をあげて申せしかば等文。

  蓮祖、日月(にちがつ)等を()め、国に(しるし)を顕したもう事は、是れ大慈大悲の至りなり。(つぶさ)王舎城抄、三十四巻終の如し云云。

一 されば国土いたくみだ()れば等

  是れ(えん)()第一の聖人を明かす中の第三の結文なり。

一 当世には日本第一の大人(だいにん)なり

  「大人」とは大聖人と云う事なり。故に開目抄上十一に(いわ)く「仏世尊は実語の人なり故に聖人・大人と号す、乃至此等の人人に(すぐ)れて第一なる故に世尊をば大人とは・申すぞかし」文。(これ)を思い合わすべし云云。


                  つづく
撰時抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-12-02 21:03 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24730267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 撰時抄愚記 下二四 謗法の相貌...      夫れ水は寒積れば氷と為る、雪は... >>