日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 01日

撰時抄愚記 下二二  「信」と「唱」より外には、仏に成る道を求むる事なかれ


  問う、宗祖何ぞ両字を加えて「第一の大事」と云うや。

  答う、(およ)そ「第一」とは最極(さいごく)の義なり。(ひろ)出世の大事を論ずるに即ち三意あり。

  一には、迹門の(けん)(じつ)を出世の大事と為す。妙楽云く「(ただ)仏の出世は(まさ)しく顕実の為」とは是れなり。

  二には、寿量の顕本を出世の大事と為す。天台云く「奇特の大事、慇懇(おんごん)丁重(ていちょう)」とは是れなり。

  三には、文底(もんてい)の秘法を出世の大事と為す。秘法抄終に云く「法華経を諸仏出世の一大事と説かせ給いて候は此の三大秘法を含めたる経にて(わた)らせ給えばなり」文。

  ()の如き三義、浅きより深きに至って第三、最極なり。(しか)るに本化の地涌は、此の第三の最極の秘法の末法流布(るふ)の瑞相なり。故に「第一の大事」と云うなり。

  問う、「智人は()を知る」等の引証の意は如何(いかん)

  答う、此の文に面裏あり。(けだ)し文の裏の意は迹化不知の義なり。其の相、(さき)の如し。若し文の(おもて)唯仏(ゆいぶつ)(のう)()の義なり。今の引用は即ち此の辺なり。所謂(いわゆる)「智人は()を知る」とは、上行菩薩等の大地より出現し給いたりしをば、仏は元品(がんぽん)無明(むみょう)を断じたまうが故に智人といわれて、寿量品の南無妙法蓮華経の末法に流布せんずる故に、此の菩薩出現せりと()ろし()すという事なり云云。二十八巻九ヲ()いて見よ。

一 一渧(いってい)あつまりて大海となる等

  初めには釈尊の(けん)()の相を明かせり。此の下は兼知符合(ふごう)を明かすなり。

一 日蓮が法華経を信じ始め等

  文意に云く、日蓮が法華経を信じて題目を唱え始めしは一渧(いってい)(いち)微塵(みじん)の如し。法華経を信じて二人・三人・百千万億人、題目を唱え伝うる程ならば等云云。是れ(すなわ)漸々(ぜんぜん)に寿量の妙法、広宣流布すべし云云。

  「仏に成る道」等とは、法華経を信じて題目を唱うるより(ほか)には、仏に成る道を求むる事なかれとなり。文の中の「信」の字、「唱」の字、(これ)を思え。


                   つづく
撰時抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-12-01 20:29 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)


<< 某信徒が大聖人に安房国で「ねず...      撰時抄愚記 下二一 >>