日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 23日

法華経を山中にして読みまいらせ候人をねんごろに養わせ給ふは、釈迦仏を養いなひま いらせ法華経の命を継ぐにあらずや、と称えた【南条殿御返事】

【南条殿御返事】
■出筆時期:建治二年(1276年)三月十八日 五十五歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:南条時光が種々のご供養を身延の大聖人のもとに送られたことへの返書となっております。
大聖人は妙荘厳王が三聖を山中にやしなひて沙羅樹王仏になった謂れを引いて「されば必ずよみかかねども・よみかく人を供養すれば仏になる事疑ひなかりけり」と記され、身延山中の法華経の行者(日蓮大聖人)に供養する時光の志を讃えられておられます。
文末の追伸では恐らく時光の配下の者で共に供養されたと思われる橘三郎殿・太郎大夫の名を記され、本消息をははき殿(日興上人)に(文字が読めないであろう両名に)読んで聞かせるよう依頼されておられます。
大聖人は時光への消息文で橘三郎、太郎大夫の事を記したことを「一紙に云云恐れ入り候」と、わざわざ丁寧にことわりの文を添えておられ、この本仏の振る舞いに信徒の一分として襟を正さざる得ません。
■ご真筆:現存しておりません。

[南条殿御返事 本文]

いものかしら・河のり・又わさび・一一・人人の御志承り候いぬ。

鳥のかいこをやしなひ・牛の子を牛のねぶるが如し、夫れ衣は身をつつみ・食は命をつぐ。
されば法華経を山中にして読みまいらせ候人を・ねんごろに・やしなはせ給ふは、釈迦仏をやしなひまいらせ・法華経の命をつぐにあらずや。

妙荘厳王は三聖を山中にやしなひて・沙羅樹王仏となり、檀王は阿私仙人を供養して釈迦仏とならせ給ふ、されば必ずよみかかねども・よみかく人を供養すれば仏になる事疑ひなかりけり、経に云く「是の人仏道に於て決定して疑有ること無けん」南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

建治二年三月十八日 日蓮 花押
謹上 南条殿御返事
橘三郎殿・太郎大夫殿・一紙に云云恐れ入り候、返す返すははき殿読み聞かせまいらせ給へ。





by johsei1129 | 2015-11-23 21:03 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24701292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 撰時抄愚記 下十一      撰時抄愚記 下十 >>