日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 21日

撰時抄愚記 下五


  第二十二段 真言の
(ぜん)無畏(むい)を破す


一 真言宗と申すは

 此の下は第三に、真言宗を破す、三あり。初めに無異等を破し、次に弘法(こうぼう)を破し、三には覚鑁(かくばん)を破す云云。真言宗の事は七帖(しちじょう)一本五十四已下、()いて見よ。

一 善無畏三蔵(さんぞう)

(とう)()三十十六已下。

一 会二(えに)()()の一乗

 二乗所修の法を()し、二乗の人を破する故なり。開目の三十三

一 (しか)して善無畏三蔵

  此の下は善無畏(しゅ)()の相なり。「をこつかれ」とは笑い(あざけ)る義なり。

一 一行(いちぎょう)禅師(ぜんじ)文。

宋高僧伝の五・三、統紀の三十・十九。

一 かさむ。 

一 法師(ほっし)品・神力品等

  法師品は勿論(もちろん)「当説」の文なり。神力品は「四句の要法」の文か。(すで)に「如来の一切の所有(しょう)の法乃至(みな)此の経に於て宣示(せんじ)顕説(けんぜつ)す」等云云。

一 大日経に(じゅう)(しん)(ぽん)

  大日経義釈に云く「此の経の宗は横に一切の仏教を()ぶ。唯蘊(ゆいうん)無我(むが)等と説くが如きは即ち諸部の小乗を摂す。唯蘊阿頼耶(あらや)と説くが如きは諸経の八識等を摂す。(ごく)()自性(じしょう)と説くが如きは即ち華厳・般若等を摂す。如実(にょじっ)()自心(じしん)(とう)と説くが如きは仏性・一乗・如来秘密、(みな)其の中に入る」等云云。既に「如実知自心」の句に法華・大日経を(せっ)す。即ち是れ究竟(くきょう)真実の法なり、故に(さき)の諸句は皆是れ未顕真実なりと云云。

一 釈迦仏は舎利(しゃり)(ほつ)弥勒(みろく)に向って等

  是れ迹本二門の対告(たいごう)(しゅ)なり。

一 水と(にゅう)とのやうに一味となすべし等。 

  大日経義釈に「理同」と書するは是れなり。

一 (さん)(みつ)相応(そうおう)

  印は即ち(しん)(みつ)、真言は()(みつ)一念三千は()(みつ)なり。

一 真言は(こう)なる将軍

  此の(たとえ)蘇悉地経(そしっじきょう)疏の一・七に()ず、啓蒙十二・三十に引く。天台、文の八に云く「(ほこ)に当る難事」等云云。之を思い合わすべし。

宗祖破して云く、三十五・七に云く「裸形(らぎょう)猛者(もさ)の進んで大陣を破ると甲冑(かっちゅう)を帯せる猛者の退(しりぞ)いて一陣をも破らざる」等云云。(法華真言勝劣事)

一 一行(いちぎょう)阿闍(あじゃ)()は此のやうに()きけり等

 第七・七に云く「()(じょう)法華(ほっけ)(げん)に、法華経と諸大乗は(こころ)は一と書きてこそ候えと、此が謗法の根本にて候か。嘉祥に(とが)あらば善無畏も(のが)れ難し」等云云。されば現身に鉄縄(てつじょう)(すじ)を付けられ、臨終に悪相を現ず等は常の如し。また一行阿闍梨も()()国に流されたり。是れ現罰なるべし。三国伝の二・三十八、知覚禅師の万善同帰集の下三十二、盛衰記の五・十一、()いて見よ。盛衰記に「一行、玄宗(げんそう)を相して云く、(おも)(じに)に死にたまわん相ありと。また()()を相して云く、野辺にて死にたまわん相ありと」云云。此の事、(たが)わざるなり。太平記の三十七巻の如し。又十八史略の五・十九には少異あり。()いて見よ。

一 又末法に()めさせん等

  真言宗をば末法に(ゆず)り、伝教は之を責めたまわざりしなり。

一 一筆(いっぴつ)みへて候文。

 依憑集(えひょうしゅう)序に云く「新来の真言家は筆受の相承を(ほろぼ)」云云。


                              つづく
撰時抄愚記下 目次


by johsei1129 | 2015-11-21 09:40 | 日寛上人 御書文段 | Comments(0)


<< GOSHO 立正安国論25  ...      撰時抄愚記 下四 >>