人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 23日

日蓮が頭には大覚世尊代らせ給いぬ昔と今と一同なり、と末法の本仏であることを示唆した【乙御前御消息】

【乙御前御消息】
■出筆時期:建治元年(1275年)八月四日 五十四歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は宛名が「乙御前へ」となっておりますが、実質は母の日妙に宛てた比較的長い消息文となります。
大聖人は冒頭、漢土へ仏教が伝来した時の状況と、一切経の中での法華経とその他の経との勝劣を、多数の人と珍宝を運ぶ船で例え、分かりやすく説かれております。
また後段では佐渡に女の身で幼子を伴い見参された日妙の信仰の健気さを称えられ「御勘気を・かほりて佐渡の島まで流されしかば問い訪う人もなかりしに・女人の御身として・かたがた御志ありし上・我と来り給いし事うつつならざる不思議なり<中略>法華経は女人の御ためには暗きにともしび、海に船、おそろしき所には守りとなるべきよし誓わせ給へり」と法華経信仰をさらに貫くよう励まされておられます。

さらに「抑(そもそも)法華経をよくよく信じたらん男女をば肩に荷いひ背に負うべきよし経文に見えて候上、くまらゑん三蔵と申せし人をば木像の釈迦負わせ給いて候いしぞかし。日蓮が頭には大覚世尊(釈尊)代らせ給いぬ、昔と今と一同なり、各各は日蓮が檀那なり争(いかで)か仏にならせ給はざるべき」と記され、釈尊が法華経を説いたのと全く同じように日蓮が法華経を説いているのだから、貴方は必ず仏になりますと励まされ、自らが末法の本仏であることを示唆されておられます。大聖人が本仏である内証を吐露されたのも、日妙の大聖人に帰依する思いの強さ故であると、強く推知いたします。

尚、何故大聖人は宛名に「乙御前へ」と記されたかですが、これは四条金吾の妻日眼女に女の子が誕生し大聖人が「月満」と命名された時の消息月満御前御書 も「月満御前え」と記されている事と同じですが、子供のいない大聖人にとっては我が子同様と思われていたのではと拝されます。本消息が日妙に届いた時、乙御前に「貴女に日蓮上人様から手紙が届きましたよ」と語りかける状況が目に浮かぶような気がします。
■ご真筆:現存しておりません。

[乙御前御消息 本文]
漢土にいまだ仏法のわたり候はざりし時は三皇・五帝・三王・乃至大公望・周公旦・老子・孔子・つくらせ給いて候いし文を或は経(けい)となづけ或は典等となづく、此の文を披いて人に礼儀をおしへ・父母をしらしめ・王臣を定めて世をおさめしかば人もしたがひ天も納受をたれ給ふ、此れに・たがいし子をば不孝の者と申し臣をば逆臣の者とて失にあてられし程に、月氏より仏経わたりし時・或一類は用ふべからずと申し或一類は用うべしと申せし程に・あらそひ出来て召し合せたりしかば外典の者・負けて仏弟子勝ちにき、其の後は外典の者と仏弟子を合せしかば・冰の日に・とくるが如く・火の水に滅するが如く・まくるのみならず・なにともなき者となりしなり、又仏経漸くわたり来りし程に仏経の中に又勝劣・浅深候いけり、所謂小乗経・大乗経・顕経・密経・権経・実経なり、譬えば一切の石は金(こがね)に対すれば一切の金に劣れども・又金の中にも重重あり、一切の人間の金は閻浮檀金には及び候はず、閻浮檀金は梵天の金には及ばざるがごとく・一切経は金の如くなれども又勝劣・浅深あるなり、小乗経と申す経は世間の小船のごとく・わづかに人の二人・三人等は乗すれども百千人は乗せず、設ひ二人・三人等は乗すれども此岸につ(著)けて彼岸へは行きがたし、又すこしの物をば入るれども大なる物をば入れがたし、大乗と申すは大船なり人も十・二十人も乗る上・大なる物をも・つみ・鎌倉より・つくしみち(陸奥)の国へもいたる。

実経と申すは又彼の大船の大乗経には・にるべくもなし、大なる珍宝をも・つみ百千人のりて・かうらいなんどへも・わたりぬべし、一乗法華経と申す経も又是くの如し、提婆達多と申すは閻浮第一の大悪人なれども法華経にして天王如来となりぬ、又阿闍世王と申せしは父をころせし悪王なれども法華経の座に列りて一偈一句の結縁衆となりぬ、竜女と申せし蛇体の女人は法華経を文珠師利菩薩説き給ひしかば仏になりぬ、其の上仏説には悪世末法と時をささせ給いて末代の男女に・をく(贈)らせ給いぬ、此れこそ唐船の如くにて候・一乗経にてはおはしませ、されば一切経は外典に対すれば石と金との如し、又一切の大乗経・所謂華厳経・大日経・観経・阿弥陀経・般若経等の諸の経経を法華経に対すれば螢火と日月と華山と蟻塚との如し、経に勝劣あるのみならず大日経の一切の真言師と法華経の行者とを合すれば水に火をあはせ露と風とを合するが如し、犬は師子をほ(吠)うれば腸くさる・修羅は日輪を射奉れば頭七分に破る、一切の真言師は犬と修羅との如く・法華経の行者は日輪と師子との如し、冰は日輪の出でざる時は堅き事金(かね)の如し、火は水のなき時はあつき事・鉄(くろがね)をやけるが如し、然れども夏の日にあひぬれば堅冰のとけやすさ・あつき火の水にあひて・きへやすさ、一切の真言師は気色のたうとげさ・智慧のかしこげさ・日輪をみざる者の堅き冰をたのみ・水をみざる者の火をたのめるが如し。

当世の人人の蒙古国をみざりし時のおごりは御覧ありしやうに・かぎりもなかりしぞかし、去年の十月よりは・一人も・おごる者なし、きこしめしし・やうに日蓮一人計りこそ申せしが・よせてだに・きたる程ならば面(おもて)をあはする人も・あるべからず、但さるの犬ををそれ・かゑるの蛇を・をそるるが如くなるべし、是れ偏に釈伽仏の御使いたる法華経の行者を・一切の真言師・念仏者・律僧等に・にくませて我と損じ、ことさらに天のにくまれを・かほれる国なる故に皆人・臆病になれるなり、譬えば火が水をおそれ・木が金をおぢ・雉(きじ)が鷹をみて魂を失ひ・ねずみが猫に・せめらるるが如し、一人も・たすかる者あるべからず、其の時は・いかがせさせ給うべき、軍には大将軍を魂とす大将軍をくしぬれば歩兵臆病なり。

女人は夫を魂とす・夫なければ女人魂なし、此の世に夫ある女人すら世の中渡りがた(難)ふみえて候に、魂もなくして世を渡らせ給うが・魂ある女人にもすぐれて心中かひがひしくおはする上・神にも心を入れ仏をもあがめさせ給へば人に勝れておはする女人なり、鎌倉に候いし時は念仏者等はさてをき候いぬ、法華経を信ずる人人は志あるも・なきも知られ候はざりしかども・御勘気を・かほりて佐渡の島まで流されしかば問い訪う人もなかりしに・女人の御身として・かたがた御志ありし上・我と来り給いし事うつつ(現)ならざる不思議なり、其の上いまのまうで(詣)又申すばかりなし、定めて神も・まほらせ給ひ十羅刹も御あはれみましますらん、法華経は女人の御ためには暗きに・ともしび・海に船・おそろしき所には・まほりと・なるべきよし・ちかはせ給へり、羅什三蔵は法華経を渡し給いしかば毘沙門天王は無量の兵士をして葱嶺を送りしなり、道昭法師・野中にして法華経をよみしかば無量の虎来りて守護しき、此れも又彼には・かはるべからず、地には三十六祇・天には二十八宿まほらせ給う上・人には必ず二つの天・影の如くにそ(添)ひて候、所謂一をば同生天と云い二をば同名天と申す左右の肩にそひて人を守護すれば、失なき者をば天もあやまつ事なし・況や善人におひてをや、されば妙楽大師のたまはく「必ず心の固きに仮りて神の守り則ち強し」等云云。

人の心かたければ神のまほり必ずつよしとこそ候へ、是は御ために申すぞ古への御心ざし申す計りなし・其よりも今一重強盛に御志あるべし、其の時は弥弥十羅刹女の御まほりも・つよかるべしと・おぼすべし、例(ためし)には他を引くべからず、日蓮をば日本国の上一人より下万民に至るまで一人もなくあや(失)またんと・せしかども・今までかうて候事は一人なれども心のつよき故なるべしと・おぼすべし、一つ船に乗りぬれば船頭のはかり事わる(拙)ければ一同に船中の諸人損じ・又身つよき人も心かひなければ多くの能も無用なり、日本国には・かしこき人人はあるらめども大将のはかり事つたなければ・かひなし、壹岐・対馬・九ケ国のつはもの並に男女多く或はころされ或はとらはれ或は海に入り或はがけよりおちしもの・いくせんまんと云う事なし、又今度よせなば先には・にるべくも・あるべからず、京と鎌倉とは但壹岐・対馬の如くなるべし、前にしたく(支度)して・いづくへも・にげさせ給へ、其の時は昔し日蓮を見じ聞かじと申せし人人も掌をあはせ法華経を信ずべし、念仏者・禅宗までも南無妙法蓮華経と申すべし、抑法華経をよくよく信じたらん男女をば肩に・になひ背に・おうべきよし経文に見えて候上・くまらゑん三蔵と申せし人をば木像の釈迦を(負)わせ給いて候いしぞかし、日蓮が頭には大覚世尊かはらせ給いぬ昔と今と一同なり、各各は日蓮が檀那なり争か仏にならせ給はざるべき。

いかなる男をせさ(為夫)せ給うとも法華経のかたきならば随ひ給うべからず、いよいよ強盛の御志あるべし、冰は水より出でたれども水よりもすさ(凄冷)まじ、青き事は藍より出でたれども・かさぬれば藍よりも色まさる、同じ法華経にては・をはすれども志をかさぬれば・他人よりも色まさり利生もあるべきなり、木は火にやかるれども栴檀の木は、やけず、火は水にけさるれども仏の涅槃の火はきえず、華は風にちれども浄居の華は・しぼまず・水は大旱魃に失(うす)れども黄河に入りぬれば失せず、檀弥羅王と申せし悪王は月氏の僧の頚を切りしに・とがなかりしかども・師子尊者の頚を切りし時・刀と手と共に一時に落ちにき、弗沙密多羅王は鶏頭摩寺を焼し時・十二神の棒にかふべわられにき、今日本国の人人は法華経の・かたきと・なりて身を亡ぼし国を亡ぼしぬるなり、かう申せば日蓮が自讚なりと心えぬ人は申すなり、さには・あらず是を云わずば法華経の行者にはあらず、又云う事の後にあ(合)へばこそ人も信ずれ、かう(斯)ただ・かきをき(書置)なばこそ未来の人は智ありけりとは・しり候はんずれ、又身軽法重・死身弘法とのべて候ば身は軽ければ人は打ちはり悪むとも法は重ければ必ず弘まるべし。法華経弘まるならば死かばね還つて重くなるべし、かばね重くなるならば此のかばねは利生あるべし、利生あるならば今の八幡大菩薩と・いはは(斎祀)るるやうに・いはうべし。

其の時は日蓮を供養せる男女は武内(たけのうち)・若宮なんどのやうにあがめらるべしと・おぼしめせ。抑一人の盲目をあけて候はん功徳すら申すばかりなし、況や日本国の一切衆生の眼(まなこ)をあけて候はん功徳をや、何に況や一閻浮提・四天下の人の眼のしゐ(盲)たるを・あけて候はんをや。
法華経の第四に云く「仏滅度の後に能く其の義を解せんは是諸の天人世間之眼なり」等云云。法華経を持つ人は一切世間の天人の眼なりと説かれて候、日本国の人の日蓮をあだみ候は一切世間の天人の眼をくじ(刳)る人なり、されば天もいかり日日に天変あり地もいかり月月に地夭かさなる、天の帝釈は野干を敬いて法を習いしかば今の教主釈尊となり給い・雪山童子は鬼を師とせしかば今の三界の主となる、大聖・上人は形を賤みて法を捨てざりけり、今日蓮おろかなりとも野干と鬼とに劣るべからず、当世の人いみじくとも帝釈・雪山童子に勝るべからず、日蓮が身の賤きについて巧言(ぎょうげん)を捨てて候故に国既に亡びんとする・かなしさよ、又日蓮を不便と申しぬる弟子どもをも・たすけがた(難)からん事こそ・なげかしくは覚え候へ。

いかなる事も出来候はば是へ御わたりあるべし見奉らん・山中にて共にう(飢)え死にし候はん、又乙御前こそおとな(成長)しくなりて候らめ、いかにさか(敏)しく候らん、又又申すべし。

八月四日   日蓮 花押
乙御前へ



by johsei1129 | 2019-10-23 21:50 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24652466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大聖人晩年の地、身延山中の険し...      南条時光の供養を、法華経の御命... >>