人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 23日

南条時光の供養を、法華経の御命を継がせ給う事三世の諸仏を供養し給へる、と説いた【上野殿御返事】

【上野殿御返事】
■出筆時期:建治元年(1275年)七月十六日 五十四歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は上野殿(南条時光)が、浅間神社(現富士山本宮浅間大社)の造営に伴う寄付などで経済的に苦労されている中、いつもと変わらぬ種々の供養をされたことへの返書となっております。

大聖人は「山の中の住い、さこそと思ひやらせ給いて鳥の雛を養う如く法華経の御命をつがせ給う事、三世の諸仏を供養し給へるにてあるなり」と記され、身延山中に暮らす大聖人の暮らしぶりを心配され供養されることは、末法の法華経の行者(日蓮)の御命を継がせ、三世の諸仏を供養することになると時光の志を讃えられておられます。
■ご真筆:富士大石寺(第1紙)所蔵(一般非公開)。京都市要法寺(末尾断簡)所蔵。古写本:日興上人筆(富士大石寺蔵)
f0301354_1945289.jpg

[要法寺蔵・真筆本文:下記緑字箇所]

[上野殿御返事 本文]

むぎひとひつ(一櫃)・かわのり五条・はじかみ(薑)六十給了んぬ。

いつもの御事に候へばをどろかれず、めづらしからぬやうにうちをぼへて候は、ぼむぶ(凡夫)の心なり。
せけん(世間)そうそう(匆匆)なる上、ををみや(大宮)のつくられさせ給へば、百姓と申し我が内(日蓮門下)の者と申し・けかちと申し・ものつくりと申し・いくそ(許多)ばくいとまなく御わたりにて候らむに、山のなかのすまゐ(栖)さこそと思ひやらせ給いて、鳥のかい(卵)子をやしなふが如く、灯(ともじび)に油をそふるがごとく、か(枯)れたる草に雨のふるが如く、うへ(飢え)たる子に乳(ち)をあたふるが如く、法華経の御命をつがせ給う事、三世の諸仏を供養し給へるにてあるなり。

十方の衆生の眼(まなこ)を開く功徳にて候べし、尊しとも申す計りなし、あなかしこ・あなかしこ、恐恐謹言。

七月十六日   日蓮 花押

進上 上野殿御返事

by johsei1129 | 2019-10-23 21:24 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24642894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日蓮が頭には大覚世尊代らせ給い...      仏を供養する功徳よりもすぐれて... >>