人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 28日

撰時抄愚記 上十七 二箇の相承は正しく是れ弘宣・伝持の付嘱なり

八月二十八日


一 願くは此の事
()くよく()かんと()もう等。

是れ正像()()、末法流布(るふ)を指して「此の事」と云うなり。故に答の下に広く其の相を弁ずるなり。学者之を思え。

一 (それ)仏の滅後等文。

此の下は第一の解脱(げだつ)堅固(けんご)なり。(にゅう)涅槃(ねはん)の相及び舎利を分つ等、統紀第四の巻の如し云云。

八月二十九日

一 迦葉(かしょう)尊者文。

迦葉の始終は統紀の第五初一、止観の第一初等の如し云云。(文句一五十)補注(ふちゅう)の六・六に「迦葉の袈裟(けさ)(あたい)十万両金」云云。

一 仏の付嘱(ふぞく)をうけて二十年等文。

付嘱に三義あり。

一には弘宣(ぐせん)付嘱。(いわ)く、四依(しえ)の賢聖、釈尊一代所有(しょう)の仏法を時に(したが)い機に随って演説流布するなり。

(ぞく)(るい)品に云く「()し善男子・善女人有って如来の智慧を信ぜん者には、(まさ)(ため)に此の法華経を演説(えんぜつ)して聞知(もんち)することを得せしむべし。()の人をして(ぶっ)()を得せしめんが為の故なり。()し衆生有って、信受せざらん者には、(まさ)に如来の()深法(じんぽう)の中に於て示教(じきょう)利喜(りき)すべし」文。

此の中に「余の深法」と云うは()(ぜん)の諸経なり。既に「此の法華経」に対して「余」と云うが故なり。(けだ)台家(たいけ)の意は「余の深法」は(ただ)是れ別教、余法深法は(すなわ)ち三教に通ず云云。(ただ)次第三諦(さんたい)(しょ)(しょう)を以ての故に、爾前の諸経は即ち是れ三教なり。故に大義は(こと)なり無きなり。

二には伝持付嘱。(いわ)く、四依(しえ)の賢聖、如来一代の所有(しょう)の仏法を相伝受持し、世々相継(あいつ)いで住持するが故なり。

涅槃(ねはん)経第二・八十七に云く「我(いま)所有の無上の正法を(ことごと)く以て摩訶(まか)迦葉(かしょう)に付嘱す。(まさ)(なん)(だち)の為に(だい)依止(えし)()ること、(なお)如来の如くなるべし」等云云。統紀の四・七に此の文を釈して云く「迦葉は()く世を継いで伝持するを(もっ)てなり」と。又五・六に云く「迦葉(ひと)り住持に任ず。()れを以て祖々相伝住持して()えざるなり」文。楞厳疏(りょうごんしょ)に云く「覚性(かくしょう)三徳秘蔵に安住し、万善の功徳を任持して失わず、故に住持と()うなり」云云。今、寺主を以て通じて住持と云うは此等の意に()るなり。

三には守護付嘱。謂く、国主・(だん)(のつ)等、如来一代所有の仏法を時に随い、機に随い、()く之を守護して、法をして久住(くじゅう)せしむるなり。

涅槃経第三・十一に云く「如来今、無上の正法を以て諸王・大臣・宰相(さいしょう)比丘(びく)比丘尼(びくに)()()(そく)()()()に付嘱す。是れ諸の国王及び四部の衆、()()に諸の学人等を勧励して、(かい)定慧(じょうえ)を増長することを得せしむべし」等云云。

又涅槃経に云く「(うち)に智慧の弟子有って(じん)(じん)を解し、外に清浄(しょうじょう)の檀越有って仏法久住(くじゅう)す」等云云。此の中の「戒定慧」とは一代及び三時に通ずるなり。若し末法にあっては文底深秘(じんぴ)の三()の秘法なり。(つぶさ)には依義判文抄(かつ)て之を書するが如し。故に今は是れを略するのみ。

当に知るべし、今(いわ)く「迦葉尊者は仏の付嘱を受く」とは、是れ第一・第二の付嘱に当るなり。(いわ)く、嘱累品の時、弘宣(ぐせん)付嘱を受け、涅槃会(ねはんえ)の時、伝持付嘱を受くるなり。

嘱累品の時に弘宣付嘱を()くとは、太田抄二十五・十七に云く「釈尊(しか)して(のち)、正像二千年の衆生の為に宝塔より()でて虚空(こくう)住立(じゅうりゅう)して、右の手を以て文殊(もんじゅ)観音(かんのん)・梵天・帝釈(たいしゃく)日月(にちがつ)・四天等の(いただき)()でて、()くの如く三(ぺん)して法華経の(よう)より(ほか)(こう)(りゃく)の二門、並びに前後一代の一切経を此等の大士に付嘱す。正像二千年の機の為なり。(ここ)を以て滅後の弘教に於ても仏の所属に随い弘法(ぐほう)(かぎ)り有り。(しか)れば則ち迦葉・阿難(あなん)等は一向に小乗教を弘通して大乗教を()べず。竜樹・無著(むじゃく)等は権大乗を申べて一乗を弘通せず。南岳・天台は広略を以て本と為し、肝要(かんよう)(あた)わず。此れ(ひとえ)に付嘱を重んずるが故なり」略抄。

「前後一代の一切経」とは即ち是れ「余の深法」の中の文意なり。「此等の大士」とは、其の意は新得記(しんとっき)の声聞を含むなり。開顕の後は(みな)菩薩と名づくるが故なり。正付嘱の相とは、高橋抄三十五・四十三に云く「我が滅後の一切衆生は皆我が子なりいづれも平等に不便(ふびん)にをもうなり。乃至一切衆生にさづ()けよ」等云云。

涅槃会の時に伝持付嘱を受くとは、即ち(さき)に経文及び統紀を引くが如し。

問う、涅槃説法の時は迦葉(かしょう)()()()らず、何ぞ付嘱を受けんや。

答う、其の座に無しと(いえど)も仏(すで)に大衆に対して「所有(しょう)の正法を摩訶(まか)迦葉(かしょう)等に付嘱す」と云う。是れ迦葉を以て(ひと)り住持に任ずるなり。今(なお)その例多し云云。(どっ)(きょう)十五・八、統紀の五・六、金山の九・六十四、諌迷(かんめい)九終、中正の十八・五十四、(みな)宗祖の意に非ざるなり。

今得意して云く、二箇の相承(まさ)しく是れ弘宣・伝持の付嘱なり。謂く「日蓮一期(いちご)の弘法、白蓮阿闍(あじゃ)()日興に(これ)を付嘱す。本門弘通(ぐつう)の大導師たるべきなり」とは、是れ弘宣(ぐせん)付嘱なり。故に「本門弘通」等と云うなり。

「釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承(そうじょう)す、()(のぶ)久遠(くおん)寺の(べっ)(とう)たるべきなり」とは、是れ伝持付嘱なり。故に「別当たるべきなり」等と云うなり。秘すべし、秘すべし。

   八月晦日(みそか)


一 次に阿難尊者二十年文。

統紀の第五、御書の十六・二十五の十法界因果抄云云。

 九月(さく)(じつ)


一 
商那和(しょうなわ)(しゅう)等文。

統紀の第五、御書の十三の妙法尼抄

一 優婆崛(うばくっ)()二十年文。

統紀云云。

                             つづく
撰時抄愚記上 目次
                      



by johsei1129 | 2015-10-28 20:51 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24616709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 賢人は八風と申して利衰毀誉称譏...      勝れたる経を供養する施主、一生... >>