人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 26日

法華経の文字は赫々明々たり<中略>澄める水に月の浮かべるが如し、と説いた【南条殿御返事】

【南条殿御返事】
■出筆時期:建治二年(1276年)正月十九日 五十五歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■執筆の経緯:本抄は新春にあたり南条時光が餅、酒、芋、河海苔等、種々ご供養されたことへの返書となっております。
大聖人は法華経普賢品第二十八の文を引いて「所願虚しからず亦現世に於て其の福報を得ん」と示すとともに「法華経にそら事あるならば・なに事をか人信ずべき、かかる御経に一華・一香をも供養する人は過去に十万億の仏を供養する人なり」と、時光の供養の志を称えるとともに、「慈父過去の聖霊は教主釈尊の御前にわたらせ給い、だんな(檀那)は又現世に大果報をまねかん事疑あるべからず」と、時光の亡き父も弔われ、また日蓮の檀信徒である時光自身も現世に大果報を必ず得られると励まされておられます。
■ご真筆:現存しておりません。:古写本:日興上人筆(富士大石寺所蔵)

[南条殿御返事 本文]


はるのはじめの御つかひ自他申しこ(籠)めまいらせ候。
さては給はるところのすずの物の事、もちゐ七十まい、さけひとつつ、いもいちだ、河のりひとかみぶくろ、だいこんふたつ・やまのいも七ほん等なり。ねんごろの御心ざしは・しなじなのものに・あらはれ候いぬ。

法華経の第八の巻に云く「所願虚しからず亦現世に於て其の福報を得ん」又云く「当に現世に於て現の果報を得べし」等云云。

天台大師云く「天子の一言虚しからず」又云く「法王虚しからず」等云云。賢王となりぬれば・たとひ身をほろぼせどもそら事せず、いわうや釈迦如来は普明王とおは(在)せし時ははんぞく(斑足)王のたて(館)へ入らせ給いき・不妄語戒を持(たも)たせ給いしゆへなり、かり(迦梨)王とおはせし時は実語少人大妄語入地獄とこそ・おほせありしか。

いわうや法華経と申すは仏・我と要当説真実となのらせ給いし上、多宝仏・十方の諸仏あつまらせ給いて日月・衆星のならばせ給うがごとくに候いしざせき(座席)なり。

法華経にそら事あるならば・なに事をか人信ずべき、かかる御経に一華・一香をも供養する人は過去に十万億の仏を供養する人なり。

又釈迦如来の末法に世のみだれたらん時・王臣・万民・心を一にして一人の法華経の行者をあだまん時・此の行者かんぱち(旱颰)の小水に魚のす(栖)み・万人にかこまれたる鹿のごとくならん時、一人ありて・とぶ(訪)らはん人は生身の教主釈尊を一劫が間・三業相応して供養しまいらせたらんよりなを功徳すぐるべきよし・如来の金言・分明なり、日は赫赫たり月は明明たり・法華経の文字はかくかく・めいめいたり・めいめい・かくかくたり、あきらかなる鏡にかを(顔)をうかべ、すめる水に月のうかべるがごとし。

しかるに亦於現世得其福報の勅宣・当於現世得現果報の鳳詔・南条の七郎次郎殿にかぎりて・むなしかるべしや、日は西よりい(出)づる世・月は地よりなる時なりとも・仏の言むなしからじとこそ定めさせ給いしか。

これをもつて・おも(思)うに慈父過去の聖霊は教主釈尊の御前にわたらせ給い・だんなは又現世に大果報をまねかん事疑あるべからず、かうじん(幸甚)かうじん。

建治二年正月十九日 日蓮 花押
南条殿御返事

[妙法蓮華経 普賢菩薩勧発品 第二十八]
普賢 若於後世 受持読誦 是経典者
是人 不復貪著 衣服臥具 飲食資生之物
所願不虚 亦於現世 得其福報
[和訳]
普賢(菩薩)よ、 若し(佛滅後の)後の世において、是の経典(法華経)を受持し読誦する者あらば、
是人は復た、衣服・臥具・飲食・資生の物に貪著せず、
願う所は虚(むなし)からず。亦、現世においても其の福の報いを得たらん。

by johsei1129 | 2019-10-26 10:46 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24594056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 此れを信ぜじと思へば如来の金言...      過去の事未来の事を申しあてて候... >>