人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 20日

撰時抄愚記 上十二  道の一字は「虚通」「所践」「能通」の三大秘法なり。

  八月十五日

   第六段 釈の文を引いて証す

一 問うて云く経文は分明(ふんみょう)に候等

此の下は引証(いんしょう)の第二、釈を引いて証するなり。亦云云。

一 経は遠し(しゃく)は近し

経は是れ幽玄(ゆうげん)なり。故に義意を得ること遠し。故に「経は遠し」と云う。釈は是れ経を()す。故に義意を得ること近し。故に「釈は近し」と云うなり。啓蒙の義、(いま)(うま)からず。

一 (のち)の五百歳遠く妙道に(うるお)わん

(いま)引用の意を示さば「後の五百歳」とは末法の初めなり。「遠」は(いわ)く、万年の(ほか)を指すなり。「(うるおう)」は即ち流布(るふ)の義なり。「妙道」は是れ文底秘沈の大法なり。()の法は是れ妙中の妙なり。故に「妙」と云うなり。「道」は即ち三大秘法なり。故に文の意に云く、末法の初めに広宣流布して万年の(ほか)、未来永々まで文底深秘(じんぴ)の三大秘法を流布すべしとなり。

問う、道の字、何ぞ()れ三大秘法なりや。

答う、此れは是れ内鑒(ないがん)冷然の(おう)()、当流深秘の法門なり。今略して文理を示さん。所謂(いわゆる)道に三義あり、即ち是れ三()の秘法なり。

第一に虚通(こつう)の義、即ち是れ本門の本尊なり。文の二・三十六に云く「中理(ちゅうり)虚通、(これ)を名づけて道と為す」文。中は(いわ)く、中道即ち妙法蓮華経なり。理は謂く、実相即ち是れ一念三千なり。(およ)そ妙法の三千は法界に周遍(しゅうへん)して(さら)(ふさ)ぐる所無し。故に虚通と云うは即ち是れ本門の本尊、()の一念三千の南無妙法蓮華経なり。

故に日女抄外二十三・十三に云く「(これ)全く日蓮が自作にあらず、多宝塔中(たっちゅう)の大()()世尊・分身(ふんじん)の諸仏のすり()かた()ぎたる本尊なり、されば首題の五字は中央にかかり(乃至)釈迦・多宝・本化(ほんげ)の四菩薩肩を並べ、()(げん)文殊(もんじゅ)等・舎利(しゃり)(ほつ)・目連等()を屈し・乃至此等の仏菩薩(乃至)此の御本尊の中に住し給い妙法五字の光明にてらされて本有(ほんぬ)(そんぎょう)となる是を本尊とは申すなり。経に諸法実相と云うは是なり、妙楽云く『実相は必ず諸法・諸法は必ず十如乃至十界は必ず身土(しんど)』云云、又云く『実相の(じん)()本有(ほんぬ)の妙法蓮華経』等と云云(乃至)此の故に未曾有(みぞう)の大曼荼羅とは名付け奉るなり」文。

第二に所践(しょせん)の義、即ち是れ本門の戒壇なり。

輔記(ふき)四・十四に云く「道は是れ智の所践なるが故に」文。信を以て()()う、故に智は是れ信なり。(およ)そ戒壇とは信者の()む所なり。故に所践の義は(すなわ)ち本門の戒壇なり。

故に秘法抄十五・三十一に云く「王臣一同に本門の三秘密の法を(たも)ちて有徳(うとく)王・覚徳比丘の其の乃往(むかし)を末法(じょく)(あく)の未来に移さん時、勅宣(ちょくせん)並びに御教書(みぎょうしょ)を申し下して霊山(りょうぜん)浄土(じょうど)に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か。時を待つ可きのみ、()の戒法と申すは是なり、三国並びに一閻(いちえん)浮提(ぶだい)の人・懺悔(さんげ)滅罪の戒法のみならず大梵(だいぼん)天王(てんのう)帝釈(たいしゃく)等も来下(らいげ)して()給うべき戒壇なり」文。「(ふむ)」は即ち「(ふむ)」なり。

第三に能通(のうつう)の義、即ち是れ本門の題目なり。

法界次第(しだい)中二十に云く「道は能通を以て義となす」文。本門の題目は(およ)そ二意を具す。一は是れ信、二は是れ行なり。此の二(あい)(たす)けて()く通じ寂光(じゃっこう)(いた)る。故に能通の義は是れ本門の題目なり。天台の所謂(いわゆる)智目(ちもく)(ぎょう)(そく)清涼(しょうりょう)()に到る」は是れなり。
 宗祖云く「当体蓮華を証得して
寂光(じゃっこう)当体の妙理を顕すことは本門寿量の教主の金言を信じて南無妙法蓮華経と唱うるが故なり」と云云。即ち()の意なり。

行者(まさ)に知るべし、信心有りと(いえど)も、唱題の行無くんば、譬えば()しずして(あしなえ)るが如し。唱題有りと雖も、()し信心無くんば、譬えば跛ならずとも(めしい)たるが如し。若し信行具足(ぐそく)するは(なお)二つながら(まった)きが如し。百論の「盲跛(もうは)(たとえ)」之を思い見るべし。故に()く信心の目を開き、唱題修行の足を運ぶべし。若し(しか)らば能く通じて寂光清涼地に(いた)らんこと、何ぞ之を疑うべけんや。

(しか)れば則ち能通・所践・虚通の三義は、即ち是れ三()の秘法なることその義(ひっ)せり。故に妙道は是れ文底秘沈の大法なり。

報恩抄に云く「(ひとつ)には本門の本尊、二には本門の戒壇、三には日本乃至漢土・月氏・一閻(いちえん)浮提(ぶだい)に人ごと()に有智無智を嫌わず一同に他事をすてて南無妙法蓮華経と唱うべし。日蓮が慈悲(こう)(だい)ならば南無妙法蓮華経は万年の外・未来までもなが(流布)るべし」(取意)等云云。之を思い合すべし。


                         つづく

撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-20 20:26 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24590631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 撰時抄愚記 上十三  後悔先に...      聖人知三世事 五  A Sag... >>