人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 18日

撰時抄愚記 上十 順縁広布、何ぞ須(すべから)く之を疑うべけんや。時を待つべきのみ。

八月十三日

   第五段 経文を引いて証す

一 問うて云く()の証文如何(いかん)文。

此の下は第三に(いんしょう)、亦二あり。初めに経、次に釈なり。経中、亦二あり。初めに(まさ)しく引いて十文有り。(わか)ちて五意と()す。

第一には、大集経の白法隠没の時は即ち(こん)(きょう)の広宣流布の時なることを顕す。(すなわ)ち是れ今経第七の薬王品の文なり。「(のち)の五百歳」とは最後の五百なるが故なり。

問う、今時は(すで)に如来の滅後二千六百余年なり。「後の五百歳」の時(すで)に過ぎたり。(しか)るに爾前の諸経(いま)だ隠没せず、(なお)諸国に盛んなり。法華の三()未だ流布せず、(ただ)吾が一門のみなり。如来の(げん)(かん)(むな)しきが如し。無虚妄(むこもう)の説(いたずら)なるに似たり、如何(いかん)

答う、利生(りしょう)有無(うむ)を以て隠没・流布(るふ)を知るべきなり。何ぞ必ずしも多少に(かかわ)らんや。

初心成仏抄二十二・十一に云く「大集経の白法(びゃくほう)隠没と(そう)(かん)経の(きょう)(どう)滅尽(めつじん)とは(ただ)一つ心なり。経道滅尽と云うは経の利生(りしょう)の滅すと云うことなり。(しき)の経巻のあるにはよるべからず。此の時は(ただ)法華経のみ利生(とく)(やく)あるべし。(のち)の五百歳中広宣流布は是なり」取意。(いわん)や当流漸々(ぜんぜん)に流布す。一葉落つる時は(みな)秋を知る。(いっ)()開ける日は天下の春なり。(あに)広宣流布に非ずや。况や逆縁に約せば日本国中広宣流布なり。况や如来の金言(きんげん)は大海の塩の時を(たが)えざるが如し。春の後に夏の来るが如く(しゅう)(ごう)も差うことなし。()(しか)らば(つい)には上一人より下万民に至るまで、一同に他事を捨てて皆南無妙法蓮華経と唱うべし。順縁(じゅんえん)広布、何ぞ(すべから)(これ)を疑うべけんや。時を待つべきのみ云云。

第二には、後の五百歳末法の始めに地涌(じゆ)の菩薩出現すべきことを顕す。即ち是れ今経の第六巻(ふん)(べつ)功徳品の「(あく)()末法の時」等の文是れなり。(しか)して「悪世末法」の言は万年に通ずべし。故に「法滅せんと欲する時」の文を引いて、是れ末法の始めなることを助証(じょしょう)するなり。

第三には、此の末法の始め、地涌の()(きょう)(まさ)怨嫉(おんしつ)多かるべきことを(あらわ)す。即ち是れ第四、第五、第七の巻の三文是れなり。

第四には怨嫉に()って応に闘諍(とうじょう)の起るべきことを顕す。即ち是れ大集経の「闘諍(とうじょう)言訟(ごんしょう)」の文是れなり。

第五に、其の怨嫉の人は是れ「悪鬼(あっき)(にゅう)()(しん)」の大僧なることを顕す。即ち是れ今経第五の持品(じほん)の三文是れなり。

一 文の()は第五等

次に所引の文の意を釈するなり。(また)五意と()す。次第は所引に同じからず云云。

初めに「第五の五百歳」の下は持品の三文の意を釈するなり。持品(じほん)の中に「悪世」とは即ち是れ第五の五百歳の時なり。例せば分別(ふんべつ)功徳品の「悪世末法」の如し。

二に「(その)時に智()一人出現せん」とは、即ち「悪世末法の時()く是の経を(たも)つ者」の文を釈するなり。「智者」は即ち是れ地涌の大菩薩の御事なり。

三に「()の悪鬼の入れる大僧」とは「猶多(ゆた)怨嫉(おんしつ)」等の三文の意を釈するなり。
「時の王臣・万民等を
(かた)らいて」等とは妙法尼抄十三・四十九に云く「極楽寺の生き(ぼとけ)の良観聖人、折紙をささ()げて(かみ)へ訴へ、建長寺の道隆聖人は輿(こし)に乗りて奉行人にひざ()まづく、(もろもろ)の五百戒の(あま)御前(ごぜん)等ははく()つか()ひてでんそう(伝奏)をなす」等云云。「はく」は(はく)なり、幣帛(へいはく)なり。ヌサの事なり。昔は進物(しんもつ)(つかわ)すに、ヌサとて花や葉など色()く造り()えて遣すなり。

四に「時、釈迦・多宝」の下は大集経の「闘諍(とうじょう)言訟(ごんしょう)」の文の意を釈するなり。「国主等・()のいさめを(もち)いずば」等とは、(あるい)(いわ)く、「(ひとり)小僧(しょうそう)」の(いさめ)を用いざるなり。(けん)仁寺(にんじ)の天誉の詩に云く「(かつ)て日蓮師の諌に(たが)うに()って、永々の英将(あと)()がず」と云云。或は云く、天変地夭(ちよう)、即ち是れ天の諌なり。(びゃ)(っこ)(つう)二・二十五に云く「天に災変有る所以(ゆえん)(いかん)。人君に譴告(けんこく)して()の行を覚悟し(あやまち)()い徳を(おさ)めて思慮を(ふか)からしめんと欲する所以(ゆえん)なり」。(ぜい)(えん)に云く「()(そう)(おう)、天に(わざわい)(あらわ)さず、()(わざわい)(いだ)さざるを見て、則ち山川(さんせん)に祈って(いわ)く『天()れ余を忘るるか』と。此れ()(あやまち)を天に求め(いさめ)(さから)わざらんとなり」文。後の義可なり。下巻二十一紙の如し。

「隣国におほせ付け」等とは大集経に云く「常に隣国の侵嬈(しんにょう)する所と()る」等云云。蒙古皇帝の漢土三百六十余国、日本国の壱岐(いき)対馬(つしま)等を破るが如し。

五に「()の時・日月所照」の下は(まさ)に「後の五百歳中広宣流布」の文の意を釈するなり。「一四天下(てんげ)」と云うは、言は総、意は別なり。別は是れ南閻(なんえん)浮提(ぶだい)なり。経に「閻浮提」といい、今「八万の大王」と云う是れなり。金光明経の護国品に云く「此の膽部(せんぶ)(しゅう)八万四千の城邑(じょうゆう)(じゅ)(らく)に八万四千の諸の人王等あり」云云。

(ひとり)の小僧を信じ」等とは、即ち是れ本化(ほんげ)の上首・末法の法華経の行者・倶体(くたい)()(ゆう)無作(むさ)三身・本門寿量の当体の蓮華仏・本因妙の教主・日蓮大聖人の御事なり。故に知んぬ、一切衆生(みな)本因妙の教主日蓮大聖人を信じて、本門深秘(しんぴ)の大法・本因下種の南無妙法蓮華経と唱え奉るを広宣流布と云うなり。

                 つづく

撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-18 18:03 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24583374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 撰時抄愚記 上十一 寿量の顕本...      法華経は草木を仏となし給う、い... >>