人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 13日

願くは此の功徳を以て普く一切に及ぼし我等と衆生と皆共に仏道を成ぜんと説いた【盂蘭盆御書】

【盂蘭盆御書】
■出筆時期:弘安二年(1279年)五十八歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は六老僧の一人蓮華阿闍梨日持の弟子で後に大聖人の直弟子となった治部房日位の祖母が、盂蘭盆にあたり白米・焼米・瓜(うり)・茄子(なすび)などを大聖人に供養したことへの返書となっております。

大聖人は本書で、釈尊の十大弟子の一人目連尊者が、地獄に落ちている亡き母を救うため釈尊の説法通り「七月十五日に十方の聖僧をあつめて百味をんじき(飲食)をととのへて」母のく(苦)をは救うべしと、「盂蘭盆」の謂われを記されるとともに、「目連尊者と申す人は法華経と申す経にて正直捨方便とて小乗の二百五十戒立ちどころになげすてて南無妙法蓮華経と申せしかばやがて仏になりて<中略>目連が色身仏になりしかば父母の身も又仏になりぬ」と、南無妙法蓮華経と唱えることが真の盂蘭盆供養であると諭されておられます。

さらに文末では「貴女は治部殿と申す孫を僧にてもち給へり、此僧は無戒なり無智なり二百五十戒一戒も持つことなし三千の威儀一も持たず、智慧は牛馬にるいし威儀は猿猴ににて候へども、あをぐところは釈迦仏・信ずる法は法華経なり<中略>父母・祖父・祖母・乃至七代の末までも・とぶらうべき僧なり、あわれ・いみじき御たからは・もたせ給いてをはします女人かな」と、法華経に帰依した僧を孫に持つことは七代の末まで弔うことになると励まされておられます。しかし残念ながら日興上人の御本尊分与帳には「一、駿河國四十九院の住治部房は、蓮華闍梨の弟子也。仍て日興之を申し与う、但し聖人御滅後に背き了ぬ」と記されており、大聖人御遷化後には日興上人に違背されたと思われます。
■ご真筆:京都市妙覚寺(全文)所蔵(重要文化財)。
f0301354_2155273.jpg

[真筆(第六紙)本文:下記緑字箇所]

[盂蘭盆(うらぼん)御書 本文]

盂蘭盆と申し候事は仏の御弟子の中に目連尊者と申して、舎利弗にならびて智慧第一・神通第一と申して須弥山に日月のならび大王に左右の臣のごとくにをはせし人なり、此の人の父をば吉懺(きっせん)師子と申し母をば青提女(しょうだいにょ)と申す、其の母の慳貪(けんどん)の科(とが)によつて餓鬼道に堕ちて候しを目連尊者のすくい給うより事をこりて候、其の因縁は母は餓鬼道に堕ちてなげき候けれども・目連は凡夫なれば知ることなし、

幼少にして外道の家に入り四ゐ(韋)陀・十八大経と申す外道の一切経をならいつくせども・いまだ其の母の生所をしらず、其の後十三のとし舎利弗とともに釈迦仏にまいりて御弟子となり、見惑をだん(断)じて初果の聖人となり修惑を断じて阿羅漢となりて三明をそなへ六通をへ(得)給へり、天眼をひらいて、三千大千世界を明鏡のかげ(影)のごとく御らむありしかば、大地をみとお(見透)し三悪道を見る事冰(こおり)の下に候魚を朝日にむかいて我等がとを(透)しみるがごとし、其の中に餓鬼道と申すところに我が母あり、の(飲)む事なし食うことなし、皮はきんてう(金鳥)をむしれるがごとく骨はまろき石をならべたるがごとし、頭はまり(鞠)のごとく頚はいと(糸)のごとし腹は大海のごとし、口をはり手を合せて物をこ(乞)へる形は・う(餓)へたるひる(蛭)の人のか(香)をかげるがごとし、先生(せんじょう)の子をみてな(泣)かんとするすがた・う(飢)へたるかたちたとへ(譬)を・とるに及ばず、いかんがかな(悲)しかりけん。

法勝寺の修(執)行舜観(俊寛)が・いわう(硫黄)の嶋にながされてはだかにてかみ(髪)くびつき(頸付)にうちをい・やせをとろへて海へん(辺)に・やすらいてもくづをとりてこし(腰)にまき魚を・一(ひとつ)みつけて右の手にとり口にかみける時、本つか(仕)いしわらわ(童)のたづねゆきて見し時と、目連尊者が母を見しといづれかをろ(疎)かなるべき、かれはいますこしかなしさわまさりけん。
目連尊者はあまりのかなしさに大神通をげんじ給ひ・はん(飯)をまいらせたりしかば、母よろこびて右の手にははんをにぎり左の手にては・はんをかくして口にをし入れ給いしかば、いかんが・したりけんはん(飯)変じて火となり・やがても(燃)へあがり、とうしび(燈心)をあつめて火をつけたるがごとくぱともへあがり、母の身のごこごことやけ候しを目連見給いて、あまりあわてさわぎ大神通を現じて大なる水をかけ候しかば、其の水たきぎ(薪)となりていよいよ母の身のやけ候し事こそあはれには候しが、其の時目連みづからの神通かなわざりしかば・はしりかへり須臾に仏にまいりてなげき申せしやうは、我が身は外道の家に生れて候しが仏の御弟子になりて阿羅漢の身をへ(得)て、三界の生をはなれ三明六通の羅漢とはなりて候へども、乳母の大苦をすくはんとし候に・かへりて大苦にあわせて候は、心うしとなげき候しかば、仏け説いて云く汝が母は・つみふかし・汝一人が力及ぶべからず、又何(いずれ)の人なりとも天神・地神・邪魔・外道・道士・四天王・帝釈・梵王の力も及ぶべからず、七月十五日に十方の聖僧をあつめて百味をんじき(飲食)をととのへて母のく(苦)をはすくうべしと云云。
目連・仏の仰せのごとく行いしかば其の母は餓鬼道一劫の苦を脱れ給いきと、盂蘭盆経と申す経にとかれて候、其によつて滅後末代の人人は七月十五日に
此の法を行い候なり、此は常のごとし。

日蓮案じて云く目連尊者と申せし人は十界の中に声聞道の人・二百五十戒をかたく持つ事石のごとし、三千の威儀を備えてか(欠)けざる事は十五夜の月のごとし、智慧は日ににたり・神通は須弥山を十四さう(市)まき大山をうごかせし人ぞかし、かかる聖人だにも重報の乳母の恩ほう(報)じがたし、あまさへほうぜんとせしかば大苦をまし給いき、いまの僧等の二百五十戒は名計りにて事をかい(戒)によせて人をたぼらかし一分の神通もなし、大石の天にのぼらんと・せんがごとし、智慧は牛にるい(類)し羊にことならず、設い千万人を・あつめたりとも父母の一苦すくうべしや。

せんするところは目連尊者が乳母の苦をすくわざりし事は、小乗の法を信じて二百五十戒と申す持斎にてありしゆへぞかし、されば浄名経と申す経には浄名居士と申す男目連房をせめて云く汝を供養する者は三悪道に堕つ云云、文の心は二百五十戒のたうとき目連尊者をくやうせん人は三悪道に堕つべしと云云、

此又ただ目連一人がきくみみ(耳)にはあらず、一切の声聞乃至末代の持斎等がきくみみなり、此の浄名経と申すは法華経の御ためには数十番の末への郎従にて候、詮するところは目連尊者が自身のいまだ仏にならざるゆへぞかし、自身仏にならずしては父母をだにもすくいがたし・いわうや他人をや。

しかるに目連尊者と申す人は法華経と申す経にて正直捨方便とて、小乗の二百五十戒立ちどころになげすてて南無妙法蓮華経と申せしかば、やがて仏になりて名号をば多摩羅跋栴檀香仏(たまらばせんだんこうぶつ)と申す、此の時こそ父母も仏になり給へ、故に法華経に云く我が願既に満ち衆の望も亦足る云云、目連が色身は・父母の遺体なり目連が色身仏になりしかば父母の身も又仏になりぬ。

例せば日本国八十一代の安徳天皇と申せし王の御宇に平氏の大将安芸の守清盛と申せし人をはしき。度度の合戦に国敵をほろぼして上(かみ)太政大臣まで官位をきわめ当今はまごとなり。
一門は雲客月卿につらなり、日本六十六国・島二(ふたつ)を掌(たなごころ)の内にかいにぎりて候いしが、人を順うこと大風の草木をなびかしたる・やうにて候しほどに、心をごり身あがり結句は神仏をあなづりて神人と諸僧を手に・にぎらむとせしほどに、山僧と七寺との諸僧のかたきとなりて、結句は去る治承四年十二月二十二日に七寺の内の東大寺・興福寺の両寺を焼きはらいてありしかば・其の大重罪・入道の身にかかりて・かへるとし養和元年潤二月四日身はすみ(炭)のごとく面(かお)は火のごとくすみのをこれるがやうにて結句は炎身より出でてあつちじに(熱死)に死ににき。
其の大重罪をば二男宗盛にゆづりしかば西海に沈むとみへしかども東天に浮び出でて、右大将(うたいしょう)頼朝の御前に縄をつけて・ひきすへて候き、三男知盛は海に入りて魚の糞となりぬ。
四男重衡(しげひら)は其の身に縄をつけて京かまくらを引かれて結句なら七大寺にわたされて、十万人の大衆等・我等が仏のかたきなりとて一刀(ひとたち)づつ・きざみぬ。
悪の中の大悪は我が身に其の苦をうくるのみならず子と孫と末へ七代までもかかり候けるなり。
善の中の大善も又又かくのごとし、目連尊者が法華経を信じまいらせし大善は我が身仏になるのみならず父母仏になり給う。
上七代・下七代・上無量生下無量生の父母等存外に仏となり給う、乃至子息・夫妻・所従・檀那・無量の衆生・三悪道をはなるるのみならず皆初住・妙覚の仏となりぬ。

故に法華経の第三に云く「願くは此の功徳を以て普(あまね)く一切に及ぼし我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん」云云。

されば此等をもつて思うに貴女(おんな)は治部殿と申す孫を僧にてもち給へり、此僧は無戒なり無智なり二百五十戒一戒も持つことなし三千の威儀一も持たず、智慧は牛馬にるいし威儀は猿猴(ましら)ににて候へども、あをぐところは釈迦仏・信ずる法は法華経なり、例せば蛇の珠をにぎり竜の舎利を戴くがごとし、藤は松にかかりて千尋(ちひろ)をよぢ鶴は羽を恃(たの)みて万里をかける、此は自身の力にはあらず。治部房も又かくのごとし、我が身は藤のごとくなれども法華経の松にかかりて妙覚の山にものぼりなん、一乗の羽をたのみて寂光の空にもかけりぬべし、此の羽をもつて父母・祖父・祖母・乃至七代の末までも・とぶらうべき僧なり、あわれ・いみじき御たからは・もたせ給いてをはします女人かな、彼の竜女は珠をささげて・仏となり給ふ、此女人は孫を法華経の行者となして・みちびかれさせ給うべし、事事そうそう(匆匆)にて候へば・くはしくは申さず、又又申すべく候。恐恐。

七月十三日       日 蓮花押
治部殿うばごぜん御返事
しらげ牙(白米)一俵・やいごめ(焼米)・うり(瓜)・なすび等仏前にささげ申し上候畢んぬ。



by johsei1129 | 2019-11-13 21:51 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24580729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大聖人が、法華経の御使いとして...      大聖人の草庵があった身延の沢の... >>