人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 14日

撰時抄愚記 上八

   七月十六日

   第三段 機教相違の難を()

一 「問うて云く、機」

此の下は機教相違の難を()するなり。

一 人(みち)をつくる

愚人に大法を授くる所以(ゆえん)は、彼をして信を生じ仏果に至らしめんが為なり。(しか)るに(かえ)って誹謗(ひぼう)()して悪道に()せんは、()()の者の(とが)にして説く者の罪に非らざるなり。記の五末五十八に云く「仏の元意(がんい)によれば、(ただ)福を生ぜんが為なり。是れ迷者の(あやまち)にして(みち)(とが)に非ざるなり」文。

次に「良薬(ろうやく)」とは、寿量品の肝要(かんよう)・名体宗用教の南無妙法蓮華経なり。「()人」とは日本国中の三毒(ごう)(じょう)の悪人等なり。「良医(ろうい)」とは(れん)()大聖人なり。又書註の二・九。

一 (たず)ねて云く法華経

此の下は経説相違の難を()するなり。

一 天台云く、時に(かな)うのみと

文の八・六十六の文なり。「章安(しょうあん)云く」とは単疏の四・三十三の文なり。

一 ()る時は等

()の「或る時」は(わか)ちて二段と()す。初めの二段は未謗(みぼう)已謗(いぼう)の機に配す。是れ(すなわ)ち未謗は摂受(しょうじゅ)、已謗は折伏の義にして「時に(かな)うのみ」の文の意なり。次の二段は「釈迦は小を以て而して(これ)将護(しょうご)し、不軽(ふきょう)は大を以て而して之を(ごう)(どく)す」の意なり。

一 初成道(しょじょうどう)の時等

此の下は上来の「寂滅(じゃくめつ)道場(どうじょう)」已下の意を結するなり。

一 (ほう)()功徳(くどく)(りん)

開目抄上四十五に云く「総じて華厳(けごん)会座(えざ)の大菩薩・天竜(てんりゅう)等は、釈尊以前に不思議解脱(げだつ)に住せる大菩薩なり。(乃至) 此等の大菩薩は、人目には仏の御弟子(みでし)かとは見ゆれども、仏の御師とも・いゐぬべし、(乃至) 華厳(けごん)経に此等の大菩薩をかず()へて善知識ととかれしは是れなり、善知識と申すは一向(いっこう)・師にもあらず、一向・弟子にもあらずある事なり」文。実に()(しゅ)の為には法華経を説くべき事なり。

一 鹿野(ろくや)(おん)

是れ阿含(あごん)経の説処(せっしょ)なり。名義(みょうぎ)の因縁は、大論十六・十七の如し。

一 ()(りん)等の五人

五人の最初得道の因縁(いんねん)は文の第一・四十一の如し云云。

一 八万の諸天(しょてん)文。 

初転(しょてん)法輪(ぽうりん)の得道の因縁は、大論十四初紙の如し。「五人」及び「八万」は(とも)に宿世の誓願あり。故に法華を説くべき事なり。()(また)顕仏未来記に云云。

一 観仏(かんぶつ)三昧(さんまい)(きょう)をとかせ給い

是れ成道第十二年の説なり。(しか)りと雖も、経文の相、(まさ)(ほう)(どう)(しょう)なり云云。先ず仏、成道(じょうどう)の第六年に優陀(うだ)()を使として仏を王宮に迎え、群臣万民迎え出ずること四十里、仏、王宮に入り法を説き()(しょう)す。父王、一族五百人をして出家せしめ、仏の()()荘厳(しょうごん)す。其の(のち)六年を()て成道十二年に当り、再び迦毘(かぴ)()国に(かえ)って、父王の為に観仏(かんぶつ)三昧(さんまい)経を説く云云。統紀三・二十七、三十。

一 摩耶(まや)(きょう)をとかせ給う

是れ成道第八年の説なり。仏祖(ぶつそ)通載(つうさい)三・四紙に云云。是れ(また)其の説相、(ほう)(どう)(しょう)なり。(つぶさ)には啓蒙(けいもう)の如し。故に「方等大会(だいえ)の儀式」と云うなり。(すで)提謂(だいい)を以て(なお)方等に摂す。年限に(かかわ)らんや。(注:提謂=提謂経のこと。五戒の功徳を説く)

御書十八・七に云く「昔仏、摩耶の恩を報じ給わんが為に・(とう)利天(りてん)へ四月十五日に昇らせ給いて、七月十五日の夜(かえ)らせ給う」(新定御書)取意。故に「九十日が間」等と云うなり。又貧女が(いっ)(とう)()(おわ)って云く「是れを思うに、たのしくして若干(そこばく)(たから)()()すとも信心弱くば仏に成らんこと叶い難し。(たと)い貧なりとも信心強く志深からんは仏に成らんこと(うたが)あるべからず」(新定御書)等云云

                 
                   つづく
撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-14 20:38 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24571085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 飢饉の世に南條時光の芋一駄の供...      過去に十万億の仏を供養せん人、... >>